1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 【職業別のヘア悩み】3分で完結!いつも携帯したい美髪グッズ

【職業別のヘア悩み】3分で完結!いつも携帯したい美髪グッズ

メイクやファッション同様に、大切にしたいのがヘア。いつもコンディションよく保てていれば、印象アップにつながるだけでなく、仕事やプライベートのモチベーションアップにも直結します。

そこで今回は、ランナー、ヨガインストラクター、ブランドPRという異なる職業を持つ女性3名にその仕事ならではの髪の悩みやヘアケア法を聞いてみました

【case1:ランナー鈴木莉紗さんの場合】

紫外線と洗髪回数によるダメージで髪がパサパサに

skny_01

「毎日、最低でも10キロは走らないと気持ちが悪くて」と語るのは、ランナーの鈴木莉紗さん。以前は10分も走れないほど運動が苦手だったのに、今では専門誌の表紙を飾ったり著名な大会で優勝するなど、実力派の市民ランナーです。朝や昼の空き時間を利用して日々練習にいそしんでいます。そんな鈴木さんが抱く髪の悩みとは?

「屋外で行うスポーツなので、やはり紫外線によるダメージはかなり受けています。カラーリングしてもすぐ退色してしまうんですよ。

汗をかく時期には、多いときで1日3回も洗髪します。だからドライヤーの熱によるダメージもかなり受けていると思います。トリートメントやアウトバスのヘアケアまで気を使っているつもりですが、なかなか追いつかないですね」(鈴木さん)

練習会やマラソン大会のあと、「すぐに髪を洗えないのも女性ランナーにとってはツラい」と鈴木さん。汗をかいたまま乾いた髪はべたついてしまいますし、一番気になるのが頭皮のにおい。キャップなどでごまかして肩身の狭い思いで帰ることもしばしば。それでも達成感と爽快感を求めて、今日も走り続ける鈴木さんなのでした。

鈴木莉紗さん/本職は加圧トレーナーながら、女子市民ランナーとしては折り紙付きの実力派。2018年1月の第16回新宿シティハーフマラソンで優勝、3月の名古屋ウイメンズマラソンではオフィシャルサポートランナーとして活躍。

【case2:PR松井英里さんの場合】

スタイリングと清潔感を両立させるアイテムを模索中

skny_02

さまざまなブランドのアイウエアのPRを行っている松井英里さん。展示会や日々のお貸し出し業務でスタイリストや編集者といった感度の高い人たちと接する機会が多く、華やかな仕事というイメージがあります。自分の”キレイ”をキープすることも仕事のうちかと聞いてみると……。

「そうですね、気持ちだけは(笑)。扱っている商品がアイウエアなので、私が着用して説明したりもするので、目線がどうしても顔周りに集まってしまうんですよね。

メガネを選んでかけて差し上げるときも相手との距離が近いので、おしゃれはもちろん清潔感にも気をつけるようにしています」(松井さん)

今は髪の長さが中途半端で、「巻いたりしないと外に出られない」と松井さん。せっかくふわっとスタイリングしても、夕方にはパサパサして広がってしまうので、束ねてしまうことも少なくないとか。髪の立ち上がりを復活させてくれて、パサつきを整えてくれるスタイリング剤を模索中。

「私は週一で加圧トレーニングを受けてから出社するのですが、スタイリングと清潔感を両立してくれるアイテムがあればいいのにと思っているんです。仕事中にも簡単に使えて、香りでリフレッシュできるようなスタイリング剤があるといいですね」(松井さん)

松井英里さん/アイウエアのPRを務めて12年。その人に似合うアイウエアを瞬時に見極めるのが得意。アイウェアの今季のトレンドは、カラーグラスやダブルブリッジ(レンズをつなぐブリッジ部分がダブルになったデザイン)だそう。

【case3:ヨガインストラクター山澤春香さんの場合】

じんわりと汗をかいたまま電車移動するのがツラい

skny_03

ヨガインストラクターとして、たくさんのクラスを受け持つ山澤さん。常温ヨガやホットヨガ、リラクゼーション系からパワー系、屋外で行うヨガまで種類は多岐にわたります。多いときは4~5カ所のスタジオを回ることもある人気のインストラクターです。

長かった髪をバッサリと切ったのは昨年7月。長いときは束ねることができましたが、短くした今のほうが髪のセットには入念です。

「髪がネコっ毛なので、すぐペタとしてしまうのが悩みです。朝はしっかり立ち上がっていたトップも、1クラス行えばすぐに”ペタン“。とくにホットヨガで大汗をかいたら洗うしかないのですが、ちゃんとセットする時間もなくすぐ移動しなくてはならないときもあるので、それは悩みの種ですね」(山澤さん)

常温ヨガではじんわりと汗をかきますが、この“じんわり”が意外と曲者。たっぷり爽快に流した汗とは違って、頭皮のベタつきやにおいが気になって仕方がないそうです。そのまま電車で移動しなければいけないつらさは、女性なら誰もが想像できるのではないでしょうか。

山澤春香さん/OL時代に運動不足解消のためにと始めたヨガにハマり、インストラクターの資格を取って約4年半。現在は「easyoga」のスタジオを中心にさまざまなクラスを担当し、人気を集めている。

頭皮と髪の汚れ、におい、スタイリングの乱れを1本で解決!

skny_04

それぞれに髪の悩みを抱いている3人の女性たち。解決の糸口にと、試していただいたのが2月に発売になったばかりのスティーブンノル ドライ シャンプーです。スプレーするだけで頭皮と髪の汚れをオフ。水がいらないシャンプーなのです。悩みが違う3名でしたが、さっそく使ってもらったところ――。

雑誌などの撮影で髪が風になびいたシーンを撮る時には「特に髪をサラサラにしておきたいため、必需品です!」と絶賛のランナーの鈴木さん。

「手軽に頭皮や髪の不快感をオフできるのはうれしいですね。洗髪の回数が減らせるので、髪のダメージが軽減されそう。1日に何度スプレーしてもベタつかないし、むしろサラサラになりますね」(鈴木さん)

フローラルな香りが仕事中のリフレッシュに役立ってくれそうとも語ったPR松井さん。

「スプレーで頭皮のにおいケアができるアイテムがあるとは知りませんでした。ふんわりさせながらも、パサついた髪を落ち着かせたいという、一見すると両極端の私の悩みにぴったりです。髪の香りは鼻に近い分、気分にも影響しますよね。」(松井さん)

頭皮のにおい対策はもちろん、クールダウンできる点も気に入ったというヨガインストラクターの山澤さん。

「ヨガのあとは髪がペタンとしてしまうのが悩みでしたが、全体的にスプレーしたら根もとの立ち上がりが復活しました! スプレー式なので、においが気になる箇所や高さを出したいトップにピンポイントで使えるのも便利だと思います。ヨガのあとのクールダウンにもいいですね」(山澤さん)

一瞬で髪と頭皮、そして気分もリフレッシュしてくれる

skny_05

スティーブンノル ドライ シャンプー 1,296円(税込/80g)編集部調べ

スティーブンノル ドライ シャンプー」は、植物由来のパウダー(*)がベタつきやヘアスタイルの崩れの原因となる余分な皮脂を吸着。頭皮をすっきりリフレッシュしながら、ナチュラルな抜け感のあるスタイルに仕上げます。

使い方は簡単。容器を上下によく振ったら、髪から15~20cmほど離して、頭皮や髪の根もとに適量をスプレー。このとき、髪を小分けにしてかき上げながら吹き付けると効果的。頭皮全体にパウダーがいきわたるように指でなじませたら、 髪の根もとからとかし、余分なパウダーを取りのぞきながらヘアスタイルを整えて完了です。

スプレーすると、頭皮にひんやりとした清涼感が届きます。爽やかなフレッシュフローラルウッディの香りも心地よく、一瞬で気持ちまでリフレッシュさせてくれます。

暖かくなり、汗による頭皮のベタつきやにおいが気になる季節。髪が洗えない環境でも髪の悩みを手軽にリフレッシュできるドライ シャンプーを味方に、何に引け目を感じることなく仕事もプライベートも充実させていきましょう!

(*)植物由来パウダー(皮脂吸着)はオクテニルコハク酸デンプンAIです

スティーブンノル ドライ シャンプー

撮影/内山めぐみ 文/大森りえ 撮影協力/マインドフルネススタジオ代官山

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由