1. Home
  2. BODY
  3. 美しいプロポーションと健康の土台。骨盤の鍛え方まとめ

美しいプロポーションと健康の土台。骨盤の鍛え方まとめ

強い骨を作る

5,869

片岡理森

体の中心にあり、上半身と下半身をつなぐ要ともいうべき存在の「骨盤」。体を回す、ねじる、曲げるなど、日常生活上のほぼあらゆる動作に関係し、常に大きな負担がかかっています。気づかないうちにクセになっている悪い習慣で歪んでしまった骨盤を整え、鍛える方法を、マイロハスの記事のなかから集めました。

1803_pelvis_top

image via shutterstock

大事な臓器を支える骨盤底筋を意識する

1803_pelvis_01

骨盤底筋とは、女性の骨盤の底にあるハンモック状に張られた筋肉。骨盤内の臓器(膀胱、子宮、直腸)を支えたり、収縮することによって尿道や腟、直腸が締まって、尿や便が漏れない仕組みになっている大事な筋肉です。現代の生活習慣では若い世代でも緩んでいる人が多いそう。予防としては、余計な腹圧をかけないように便秘をしないことや、背もたれに寄りかからないで座るようにしたり、姿勢と呼吸の組み合わせで行うエクササイズが効果的だそう。>>骨盤底の筋肉を鍛えてお腹ポッコリを解消! 尿もれも予防!

月経リズムに合わせた骨盤エクササイズ

1803_pelvis_02

月の満ち欠けのように、女性は排卵期に骨盤が最も閉じ、月経期に開いているのだそう。その骨盤本来の動きが滞ると、生理痛などの不調があらわれます。自分の周期に合わせて骨盤を閉じるエクササイズ骨盤を開くエクササイズをすることで、股関節が柔らかくなり、子宮周りの血行やリンパの流れも良好に。全身のむくみやだるさにも効果が期待できます。>>PMSや生理痛を和らげる骨盤ケア【月のリズムで暮らすヒント】

背中を鍛えるために座り方を見直す

1803_pelvis_03

アスリートやモデルのように、しなやかな動きをするには鍛えられた背中が必要。背中を使いこなせるようになるためには、座り方から見直す必要があるというのはフィジカルディレクターの平山昌弘先生。コツは「座骨で座る」感覚を身につけること。練習としては、平らな椅子に腰掛けて「お尻で歩く」をすると、2つある座骨(お尻)を意識しやすいのだとか。>>服をカッコよく着こなすには、背中の筋肉と坐骨を意識する

理想的なヒップを育てる秘訣

1803_pelvis_04

猫背や足を組むクセを続けていると骨盤が歪んで、垂れて足が短く見えるような残念なヒップに。美容家の南雅子さんによると、姿勢やコリほぐしに励めば、日本人でも太ももとお尻の境目がはっきりした、程よい柔らかさの理想的なヒップが実現できるそう。お尻の丸みにそうように凹みのある椅子を選んだり、座りっぱなしに気をつけたり、エクササイズを取り入れて理想のお尻を育てていきたい。>>ボディメイクのプロに聞く、美尻をかなえる方法

着けるだけで整う骨盤サポートアイテム

1803_pelvis_05

エクササイズを取り入れつつ、日常生活の最中にもさりげなく骨盤を整えてくれるのが優秀なサポートアイテム。骨盤の動きの歪みに着目して開発された株式会社ワコールの「美ショーツ®」や、骨盤テーピング設計をプラスしたドクター・ショールの「メディキュット」、カフェエプロンのようなおしゃれなデザインのアロン化成株式会社の「骨盤サポートベルト」など、生活習慣に合わせて選びたい。>>さりげなく整える。いまどき骨盤サポートアイテム4選

歪んだ骨盤が正しい位置に戻ると、腰痛や肩こり、姿勢の改善につながったり、血流が良くなることから冷え性や生理痛の緩和にも作用するとか。美しいシルエットだけじゃなく、健康な体の土台でもある骨盤。意識して過ごしてみたいと思います。

    Ranking

    1. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    2. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. サウナでも体は鍛えられる! 研究でわかったサウナの優れた健康メリット

    6. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?