1. Home
  2. BODY
  3. 骨を強く、将来寝たきりにならない骨密度キープ習慣

骨を強く、将来寝たきりにならない骨密度キープ習慣

強い骨を作る

2,199

誰でも年をとれば、体が小さくなって、背中も丸くなって、足腰も弱くなり、やがてベッドで過ごす生活になるんだろう……。そんなイメージは無意識に植え付けられたものであって、今から食事と生活を意識して変えることで、イキイキとした老後を送ることができそうです。

骨密度をキープして骨粗しょう症を予防する

1803_osteoporosis_01

image via shutterstock

医療の進歩により寿命が延びた高齢化社会。これからの課題は、長く健康で動ける体を保つ「健康寿命」を延ばすことだと思います。その課題のキーポイントになりそうなのが「骨密度」。

骨の中のミネラルとたんぱく質を合計したものを骨量または骨密度といい、20歳から40歳くらいまでは骨量はピークを維持しています。(中略)閉経を迎えて女性ホルモンが減少すると徐々に減少していきます。そのため、若い時から骨を強くする生活に取り組んで骨量のピークを高くしておきましょう。生活の中で毎日取り組めることを続けて、骨量の目減りを防ぐことが骨粗しょう症の予防にもつながります。

(「Diet Plus」より引用)

骨がもろくなる「骨粗しょう症」によって、背骨が曲がったり、歩けなくなったり、ちょっとした衝撃で骨折するようになったりして、だんだんと生活に支障が出るようになります。徐々に減ってくる骨密度をなるべく良い状態でキープするには、いまのうちから丈夫な骨をつくる心がけが必要です。

骨を丈夫にする食事と生活のポイント

1803_osteoporosis_02

骨の材料となる栄養素といえば「カルシウム」というのはよく知られていますが、その定着率を上げるため、一緒に「ビタミンK」や「イソフラボン」を摂るのがポイントなのだそう。

ビタミンKはカルシウムを効率よく骨に沈着させるために欠かせないビタミンで、骨からカルシウムが溶け出すのを抑えることで骨を丈夫にする働きがあります。特に納豆に多く含まれていますが、ベビーリーフなどの青菜やあおさなど海草にも含まれます。豆腐大豆製品に多く含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、骨からカルシウムが過剰に解けでるのを防ぐのに役立ちますから、女性におすすめです。

(「Diet Plus」より引用)

また、しなやかなバネのように強靭な骨をつくるには「コラーゲン」も欠かせません。体内でコラーゲンを合成するのに欠かせないビタミンCは水溶性で長く体内に留まれないので、野菜や果物、手軽なサプリなどでこまめに摂るのがよさそう。

一方、無理なダイエットやインスタント食品などに含まれるリン酸塩、コーヒーやアルコール類は、大量に摂るとカルシウムの排出を促進してしまうそうなので注意したいところ。

1803_osteoporosis_03

image via shutterstock

さらに、骨を強くするために効果的な生活習慣も取り入れたい。

ウォーキングなどで骨に刺激が加わると、カルシウムが取りこまれて骨をつくる働きが促されます。カルシウムの吸収率を高めて骨に吸着させるビタミンDは、紫外線に当たると体内でも合成されるのでデスクワークなど外に出ることが少ない方は、1日30分ほどを目安に日光浴を取り入れましょう。

(「Diet Plus」より引用)

骨のためには、食事、運動、日光浴を意識するのが大切だということがわかりました。不足しがちなカルシウムを日々効率よく補いながら、骨に良い習慣と避けたい習慣を心得て生活することで、いつまでも元気に行動できる楽しい老後を目指したいです。

Diet Plus

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    骨を強く、将来寝たきりにならない骨密度キープ習慣

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More