1. Home
  2. BODY
  3. 骨を強く、将来寝たきりにならない骨密度キープ習慣

骨を強く、将来寝たきりにならない骨密度キープ習慣

強い骨を作る

2,974

片岡理森

誰でも年をとれば、体が小さくなって、背中も丸くなって、足腰も弱くなり、やがてベッドで過ごす生活になるんだろう……。そんなイメージは無意識に植え付けられたものであって、今から食事と生活を意識して変えることで、イキイキとした老後を送ることができそうです。

骨密度をキープして骨粗しょう症を予防する

1803_osteoporosis_01

image via shutterstock

医療の進歩により寿命が延びた高齢化社会。これからの課題は、長く健康で動ける体を保つ「健康寿命」を延ばすことだと思います。その課題のキーポイントになりそうなのが「骨密度」。

骨の中のミネラルとたんぱく質を合計したものを骨量または骨密度といい、20歳から40歳くらいまでは骨量はピークを維持しています。(中略)閉経を迎えて女性ホルモンが減少すると徐々に減少していきます。そのため、若い時から骨を強くする生活に取り組んで骨量のピークを高くしておきましょう。生活の中で毎日取り組めることを続けて、骨量の目減りを防ぐことが骨粗しょう症の予防にもつながります。

(「Diet Plus」より引用)

骨がもろくなる「骨粗しょう症」によって、背骨が曲がったり、歩けなくなったり、ちょっとした衝撃で骨折するようになったりして、だんだんと生活に支障が出るようになります。徐々に減ってくる骨密度をなるべく良い状態でキープするには、いまのうちから丈夫な骨をつくる心がけが必要です。

骨を丈夫にする食事と生活のポイント

1803_osteoporosis_02

骨の材料となる栄養素といえば「カルシウム」というのはよく知られていますが、その定着率を上げるため、一緒に「ビタミンK」や「イソフラボン」を摂るのがポイントなのだそう。

ビタミンKはカルシウムを効率よく骨に沈着させるために欠かせないビタミンで、骨からカルシウムが溶け出すのを抑えることで骨を丈夫にする働きがあります。特に納豆に多く含まれていますが、ベビーリーフなどの青菜やあおさなど海草にも含まれます。豆腐大豆製品に多く含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、骨からカルシウムが過剰に解けでるのを防ぐのに役立ちますから、女性におすすめです。

(「Diet Plus」より引用)

また、しなやかなバネのように強靭な骨をつくるには「コラーゲン」も欠かせません。体内でコラーゲンを合成するのに欠かせないビタミンCは水溶性で長く体内に留まれないので、野菜や果物、手軽なサプリなどでこまめに摂るのがよさそう。

一方、無理なダイエットやインスタント食品などに含まれるリン酸塩、コーヒーやアルコール類は、大量に摂るとカルシウムの排出を促進してしまうそうなので注意したいところ。

1803_osteoporosis_03

image via shutterstock

さらに、骨を強くするために効果的な生活習慣も取り入れたい。

ウォーキングなどで骨に刺激が加わると、カルシウムが取りこまれて骨をつくる働きが促されます。カルシウムの吸収率を高めて骨に吸着させるビタミンDは、紫外線に当たると体内でも合成されるのでデスクワークなど外に出ることが少ない方は、1日30分ほどを目安に日光浴を取り入れましょう。

(「Diet Plus」より引用)

骨のためには、食事、運動、日光浴を意識するのが大切だということがわかりました。不足しがちなカルシウムを日々効率よく補いながら、骨に良い習慣と避けたい習慣を心得て生活することで、いつまでも元気に行動できる楽しい老後を目指したいです。

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?