1. Home
  2. MIND
  3. オランダ流「ニクセン」に学ぶ、何もしないことを楽しむ生き方

オランダ流「ニクセン」に学ぶ、何もしないことを楽しむ生き方

3,356

片岡理森

近年、デンマークの「hygge(ヒュッゲ)」や、スウェーデンの「lagom(ラゴム)」など、心地よくバランスのとれた生活を提案する北欧圏の概念が話題になっていますが、新たに注目したいのがオランダの「niksen(ニクセン)」です。

オランダ流の心の休養と回復方法

1803_niksen_01

image via shutterstock

niksenとは、次に何をすべきかをずっと考えたり、やるべき仕事を次から次へとこなしたりせずに、すべてをスローダウンすることです。(中略)現代社会に充満する「仕事と生産性に囚われた状態」から一息つくということです。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

家事に仕事にと追われるように日々のタスクをこなす毎日。休憩タイムがあったとしても、無意識のうちにずっと考え事をして、頭の中はちっとも休まっていないということもあります。そんな自分の手綱を一旦ゆるめて、意思をもって「何もしないこと」を実践し、すこし強制的にリフレッシュするというのが「niksen」の考え方のよう。

でも、ストレスや燃え尽き症候群の改善に取り組む団体「CSR Centrum」でコーチを務めるCarolien Hamming氏いわく、実践するのは意外と難しいのだとか。

「私たちの内なる声は、常に『何か役に立つことをしなさい』と言っています。あなた自身のために、家族のために、世界のために…。ですから、niksenを実践するのは本当に大変なことなのです。(中略)健康でいるためには、定期的にniksenを実践することが大切だと思います。起きている状態で行なう、一種の心の休養と回復のようなものです」

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

たしかに、できることはなるべく早く片付けてしまいたいと思う、私のようなせっかちなタイプにはとても難しい。どうしたらうまく取り入れることができるのでしょうか?

「何もしないこと」を罪悪感なく実践する心構え

1803_niksen_02

image via shutterstock

niksenはマインドフルネスとは違って「特定の瞬間にとどまり、自分の周囲を意識しなさい」と言っているのではありません。「何もしないことを自分に許し、心のなかにある罪悪感や期待を手放してしまいなさい」と言っているのです。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

やるべきことがたくさん溜まっていると、休日でさえ何もしないことに罪悪感を感じてしまうことも。ところが、Mecking氏の体験によれば、最高のアイディアがひらめくのは「niksen」を実践している時なのだそう。何もしない時間を取った分、リフレッシュしてより良いアイディアが生まれ、生産性も高まるのかもしれません。

「自然界では、ほとんどの動物が一生の3分の2にあたる時間を何もせずに過ごしています。動物たちは、あくびをし、周りを見渡し、ちょっとした食事にありつけるまでの間、座って待っているのです。ですからniksenは、生きものの自然なありようだと思います」

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

何よりも大切なポイントは、それは怠惰とは違うということ。日本人は「働き過ぎ」だとよく言われますが、「うまく休む方法を知らない」だけなのかも。「niksen」を実践することで、心と体がリフレッシュできるのはもちろん、結果的にはより効率良く仕事ができるようになりそうです。

ライフハッカー(日本版)

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?