1. Home
  2. EAT
  3. 五感をひらき気づきを得る、マインドフルネスなお寺ごはん

五感をひらき気づきを得る、マインドフルネスなお寺ごはん

1,247

飯島綾子

日々なんとなく疲れを感じて気分がどうも晴れない……そんな不安感やストレス症状に悩まされている現代人は多いようです。

スマホやパソコンを通して常に一方的に流れ込んでくる情報を受け止めている状態がその原因のひとつ。不安や焦りなどのネガティブな感情は、自分の意識が“今、ここ”に集中していないから起きるものなのです。心の安定は意識を自分自身に引き戻すことで得られます

そんな現代人特有の症状を改善すべく住職の野々部利弘さんが提案しているのが、五感をひらいて気づきを得る「お寺ごはん」。今回は、野々部さんの著書『心のごちそう帖 お寺ごはん』(株式会社アスコム)から、食を通して意識を自分のなかに戻していくお寺ごはんの作法やレシピをご紹介したいと思います。

食材を味わい言葉で表現することで、五感がひらく

1803_nayutacafe_01

心のごちそう帖 お寺ごはん / 1,300円(税別)

お寺ごはんの基本は、五感をフルに活用して目の前の食事と向き合うこと。特別なテクニックはいりませんし難しいことは何もありません。ただその食事を口にした際に何を感じたかを自分の中で言葉にしてみましょう。「柔らかくてフワフワしている」「かすかに甘い香りがする」など、五感を通して気がつくことは次から次へと湧いてくるでしょう。

1803_nayutacafe_02

また、お寺ごはんで使う食材は「まあるい食材」、避ける食材は「とんがり食材」と名づけられています。まあるい食材は野菜や豆、天然塩やきび砂糖など。とんがり食材はネギやにんにく、唐辛子などの刺激が強い「五葷(ごくん)」と呼ばれる食材や白砂糖です。肉や魚も推奨されていませんが、お寺ごはんは完全な精進料理ではないので、どうしても体が欲しているときには食べてもいいことになっています。

お寺ごはんは四季折々の旬を味わうお料理でもあります。春はやさしく豊かな甘味の春野菜がおいしい季節。旬の春野菜はシンプルにグリルしてそのまま味わいたい。

1803_nayutacafe_03

素材の味をじっくり味わう万能ソースをぜひ作ってみてください。

万能ソースのつくりかた

1803_nayutacafe_04

きび砂糖としょうゆを大さじ2、酒とみりんを小さじ1ずつ小鍋に入れて、弱火にかけます。とろみがついてきたら火をとめましょう。冷めるとかたくなるので少しゆるいくらいがベストです。

『心のごちそう帖 お寺ごはん』には、和食だけでなく甘酒のシャーベットや豆腐のオリーブオイル漬け、精進アップルパイなどの和洋ミックスな創作レシピも紹介されています。また、野々部さんが住職を務める金剛院の境内にあるカフェ「赤門テラスなゆた」でも、栄養たっぷりのお寺ごはんが楽しめます。

1803_nayutacafe_05

旬の食材を使った料理を、五感をひらいて味わう。そうやって日々の食事をすこし見直すことから始めてみるといいかもしれません。

赤門テラスなゆた

住所:〒171-0051 東京都豊島区長崎1-9-2 金剛院内

営業時間:10:00~19:00

電話:03-3530-8824

定休日:火曜日

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由