1. Home
  2. STYLE
  3. NYのマッチングメーカーに、出逢いを求める顧客が殺到!

NYのマッチングメーカーに、出逢いを求める顧客が殺到!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

ニューヨークに、出逢いをコーディネイトするプロフェッショナルがいます。そのプロの1週間に同行したレポートをお届け。出逢いをコーディネートするプロに、出逢いを求める顧客が殺到⁉︎

スタイリスト、トレーナー、心理カウンセラーなどが全面サポート

0308_640_main_headshot_credit_-_courtesy_of_lastfirst_matchmaking

10代のころから友達の仲を取り持ってきたエミリー・ホームズ・ハーン。29歳になった今、出逢いをコーディネートするプロフェッショナルとなり、自分の会社「ラスト・ファースト・マッチメイキング」で日々、動き回っています。2012年に「ラスト・ファースト」を作る前はパリのラルフ・ローレンに勤務。キャリアの入り口は、ファッション畑でした。

「私が変わったのは、最初に取りもったカップルの結婚式に行ったとき。そのカップルの初めての赤ちゃんを抱いたときに、私はここに人生を捧げたいと感じたんです。」

ニューヨークに拠点を置いて、ラスト・ファーストは50人前後と一緒に出逢いをセッティングする日々。スタイリスト、トレーナー、心理カウンセラーを含むチームが、出逢いを求める顧客にアドバイスします。ニューヨークで同じようなサービスの料金はかるく1万ドル以上となるなか、価格はおさえめ。そんな彼女の、目が回るようなビジネスの一週間に同行しました。

月曜日

0308_640_1gettyimages-141339288

朝は、リストに目を通して、フォローするお客様を確認。お客様全員が、毎日をデートするか、仕事をしているか、どちらかでなければマズイというのが私たちの考え方。1週間に1回は、全員に目を通し、旅行しているのか、または、会社の紹介でうまく出逢いが進行中なのかをチェックします。

確認する要素はいろいろ。結婚は何回目?子供はほしい?若い人がいい、などなど。そうした希望に合わせて価格もきちんと決めていくのです。でもときには、希望をあえて外すことも。「子持ちの相手は絶対ない」という男性が、結局、子持ちの女性とうまくいくなんて例もあるんです。説得して、結婚までゴールイン。いまではいいパパ。分からないものなんです。

昼食のときには、チームみんなでジャン・ジョージ・ヴォンゲリヒテンさんのベジタリアンレストランや『abcV』に。デートスポットの候補を知っておくのも大事な仕事。味をちゃんと確認。『abcV』のフレッシュジュースが最高と思ったから、次週以降、カップルにおすすめします。

オフィスに戻ったら、データの準備のためヒアリング。ある新築祝いに出席して、女性とのコネづくり。そこからも出逢いは生み出せます。候補の方々にはまずは75問のアンケート。ポイントは「エナジーリーディング」。言葉で説明できないその人の魅力などを見ていくんです。笑い方、座り方、クセ、ジェスチャーなど。どう伝えるかが大切。ガイドラインもあります。結婚観のほか、仕事やトピックスなども聞いて、出逢いを近づける工夫もします。

夜は、お気に入りのフィットネスクラブ『ソウルサイクル』。そこでも仕事は無関係でありません。隣り合った人と話して、独身で魅力的ならアプローチ。「ラスト・ファースト」の名刺は必須です。ルックスは確かにマッチしやすくなる要素というのは確かですね。投資銀行の女性などとつながりました。

火曜日

0308_640_2gettyimages-674597054

ちょうどオフィスを引っ越したところ。家具の配達をしてもらって、簡単に設置して、仕事にでかけます。オフィスでは3年間の成婚カップルの写真を飾り付けていて、“ウェディングの壁”と呼んでいます。100組近くとなって、振り返ると思わずジーンとくるほど。

アイスコーヒーと、危険なほど強いイタリアンエスプレッソがお気に入りの『ラ・ペコラ・ビアンカ』で、これから出逢いを考えている方と面談。男性です。ルックスや想いはどんな感じか、知っておくため。どんな食べ物が好きなのか、また一回結婚しているので、離婚の原因も聞いたりします。会ったばかりでも、込み入った話はします。プロのマッチメーカーのポイントは、心を開いてもらうこと。そこは醍醐味です。

休憩を取ると髪が爆発…。美容院へ。自分でセットするのが苦手。夜にサックス5番街のシャネルブティックで会を開くんです。スタイリストにヘアセットをやってもらっている間、私はEメールをチェック。そのあとのパーティーでは、本当にたくさんのデート候補のご 紹介をいただきました。次週ヒアリングの予定です。デート候補はいろいろなルートから来られるんです。みんな強い思いを持っている。私たちも全力で応えようとしますし、だからこそ出逢いもアレンジできますし、信頼関係も築けるのだと思います。

水曜日

0308_640_3gettyimages-717168561

トレーニングと朝のジョギングの後に、従業員の面接にオフィスへ。今チームは5人メンバーがいて、2人が先週、フォードハム大学でインターンとアシスタントの採用活動に行ったんです。すると履歴書が殺到。面接はビデオチャットなんかも使って、午前中いっぱい時間を費やしました。

水曜はチームみんなとランチを注文。ノートPCを完全に閉じて1時間は、仕事をオフにするんです。結局、仕事について話しちゃうんですが、いい感じです。残りの時間は、お客様のポラロイド写真をあれこれ見て、次週のマッチングを計画。ネットワークには2000人以上もいるだけに、顔をおぼえるためには大切です。

夜、ラスト・ファーストが懇意にするレストランのオーナーと支配人とのミーティング。お客様のデートの予約を取っていただくのはもちろん、毎回のデートでVIP待遇していただきたいとお願いをするんです。自ら食事やワインにいくことで、責任者の方々との関係を築いていかなければなりません

木曜日

0308_640_4gettyimages-508480129

早起きして、スタジオ『インスケープ』で瞑想セッション。瞑想の時間を取ることで、1日の集中力は上がります。元気も湧く。あるお客様は、あれもこれも、と欲張りになっています。“お菓子屋さん症候群”と私たちは呼んでいるんですが、その男性は、会う女性、会う女性を好きになってしまう。それでまったく先に進めません。次の相手が気になって仕方がないから。

私の会社の名前、「ラスト・ファースト」は、「あなたを最初で最後の出会いに送り出す」という使命から。男性とはじっくりこれまでの出逢いを振り返り、最初に会った人の良さに気づいてもらえたので、もう一度会ってもらうことに。

夜は私自身のデート。婚約者ロスはオフィスに迎えにきてくれて、近所のお気に入りのレストラン、トライベッカの『ザ・オデオン』まで徒歩で一緒に。今度のカリフォルニア旅行について語り、ワインを1本空けると、テーブルで寝てしまう……。家に帰って『ファーゴ』の新エピソードを見られるよう、ダブルエスプレッソを注文しました。

金曜日

0308_640_5gettyimages-649323459

『ソウルサイクル』で汗を流して1日を開始。週末にはロスとイースト・ハンプトンにお出かけ。小さな家があって、「ラスト・ファースト」の夏期キャンプにとって絶好の場所になるんです。お客様はそこで“卒業”。独身の二人にとって、とても素敵な場所となっています。金曜日は、オフィスで仕事をしてもいいし、バスに乗って、プールサイドで仕事をしてもいいことにしています。プールサイドがいいというみんないうのですが、今日は私だけ。

午後は、デートの後のお客様に電話。昨晩5組が最初のデートだったので、チームは忙殺状態です。最初の2、3組と電話している間、私は外で散歩。基本、電話は聞くだけ。説教したくないからです。ときどきは、デートで間抜けな服を着たとか、変なジョークを言っちゃったとか、そういうところは“つっこみ”を入れてね、などは言います。デートの後の電話は、お客様のデートの好みやスタイルを知るには大切。常にまっさらな気持ちで耳を傾けます。

4組目の電話では、お客様が興奮していたので、お話をタイピング。彼の相手に電話をしたところ、彼女もOK!早速、彼には、彼に“ディナー以外”のイケてる2度めのデートプランをメールしているところ。空中ブランコクラスやピザ作りなど!

いつも金曜日はチームメンバーからの週末の報告で終わりです。ビデオチャットでオフィスにつなぎ、プロジェクトマネージャーのレイチェルから、今週の成果と来週の目標についての報告を聞く。達成したことにワクワクもしますが、週末の準備も万全です!

Ronnie Koenig/I’m A Professional Matchmaker—Welcome To A Week In My Life

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた