1. Home
  2. EAT
  3. うふふ、なんとなく郷愁【こぐれひでこの「ごはん日記」】

うふふ、なんとなく郷愁【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

8,380

こぐれひでこ

180317_koguruhideko_top

180317_koguruhideko_01

【3月17日】朝ごはん:生ジュース、シメサバのお茶漬け、菜の花のおひたし、さつま揚げ、ぬか漬け(大根2種、きゅうり)、あんドーナツ。

180317_koguruhideko_02

TORU君、庭から大根を一本抜いてきてそのまま花瓶に投入。大胆!

180317_koguruhideko_03

昼ごはん:カンパニー・デラシネラの公演を観るため上京。中目黒の驀仙坊で「鶏皮のわさび漬け」(ああ〜懐かしいおいしさ!)と「穴子丼」(天ぷらは穴子と玉ねぎと茄子とシシトウと穴子の骨)(なめこの味噌汁とお漬物)。蕎麦屋に来て蕎麦を食べないなんて、随分失礼な客だと思うけれど、どうしても穴子丼が食べたかったんです。許してください。やっぱり美味しかった。お店の方も覚えていてくださって、嬉しかった。

180317_koguruhideko_04

三軒茶屋の世田谷パブリックセンターへ移動。カンパニー・デラシネラの「分身」を観る。いやはや素晴らしい。ダンスだけじゃなくて音楽のセンスも好き。本日は「分身」と「椿姫」の2本立て。

180317_koguruhideko_05

「椿姫」開演までの1時間半、三軒茶屋の混沌地帯を歩く。このような路地が残っている街、珍しいのでは。

180317_koguruhideko_06

55年前からあるというレトロな喫茶店SEVENへ入り、ビールを注文したら、きゅうりのハム巻きのおつまみがついて来た。うふふ、なんとなく郷愁。「椿姫」も素敵でした。とても濃い一日……と思ったらまだ続編が。

180317_koguruhideko_07

夜ごはん:中目黒方向へ戻り、ダメでもともと!と「ムッシュ・ヨースケ」に飛び込んでみたら、お邪魔しなかった3年の間に、カウンター席が造られていて、そこに2人分の空席があり、入店オッケー。こちらもまた「東京の人」だった時代にはちょくちょく訪れていたお店。懐かしい!

で、まずは「佐賀県産のホワイトアスパラガスとヤリイカにふきのとうのソースをかけた料理」をいただく。美味しい〜!美味しい〜! ふんわりと繊細な都会的な味わい。

180317_koguruhideko_08

続いて「魚のスープで蒸したハマグリと菜の花のリゾット」ハマグリのスープと身をリゾットに混ぜて味わう。いやはや、美味しい。東京は美味しいなあ。

180317_koguruhideko_09

そしてまたもや前菜料理の「トリッパのトマト煮」。トリッパが優しい食感。

180317_koguruhideko_10

「Coq au vin」を食べようとしていたけれど、マダム・KIKOのお勧めで「締めのカレー」を半分ずつ食べて終了することに。カレーは以前の物よりもスパイシーで深い味わいに成長していました。いやあ、これまた美味しかった。

180317_koguruhideko_11

デセールはブランマンジェ(いちご)。昼も夜も古巣の町に舞い戻って、美味しい料理を堪能し、幸せでした。なんだか褒めてばかりの報告になってしまいましたが、本当の感想です。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?