1. Home
  2. BODY
  3. 脳が若い、活気あふれる高齢者「スーパーエイジャー」になるには?

脳が若い、活気あふれる高齢者「スーパーエイジャー」になるには?

1,072

性別にかかわらず、50代や60代でも若々しい外見の人をよく見かけます。そんな人たちが自ら人生を切り開き、謳歌している姿を見ると、年を重ねることが楽しみになってくるものです。そんななか、外見だけじゃなく、脳を若く保つ方法が研究で明らかになったというから興味津々。

いつまでも活気あふれる生活を送るために、脳を若く保つ方法

1803_keep_brain

image via shutterstock

The Washington Post」の記事に紹介されたのは、88歳の現役弁護士や、90歳を迎えても勢いが衰えないコメディアンなど、およそ高齢者のイメージにそぐわない「スーパーエイジャー」と呼ばれる人たち。平均的な人なら、もっと早いうちから体が動かなくなり、常に不調を抱え、心の落ち込みを感じているだろうに、彼らの若々しさの秘密はいったい何でしょうか?

コロンビア大学コロンビアエイジングセンターの研究で、心の加齢プロセスは、自分でどうすることもできない身体的な変化よりも、自分でコントロールできる心理的な変化のほうが大きく作用することがわかりました。研究に参加したDavid Weiss氏によると、

「年齢なんてただの数字である」と考えている大人は記憶力が高い一方で、「加齢は運命であり避けることはできない」と考えている大人は記憶力が低く、ストレスに過剰に反応する傾向がありました。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

他にも、この結果を裏付ける研究があるそう。

加齢とともに心のパフォーマンスが下がると考えるほど、それは自己達成的予言になりやすく、逆に何歳になろうと自らに新しい課題を課し、自分の能力を信じている人は、心のピーク状態を長く保つことができるのです。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

脳の若さを保つには「マインドセット(気の持ちよう)」が重要なようです。瞑想や趣味などポジティブな心を保てる習慣を身につけて、若々しい脳をキープしたい。

ライフハッカー(日本版)

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

    3. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    4. 期待に応えることをやめてみる......自分をワンランクアップさせる思考法

    5. 脂肪を燃焼しても、筋肉には変わらない【痩せるカラダを作る方法】

    6. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    9. リップ要らずの唇になる「金魚の口」 #30日間の顔ヨガ

    10. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    4. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    5. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    6. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    7. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    8. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    9. 痩せてきたのに、なんかクサイ。「ダイエット臭」って知ってますか?

    10. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    3. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    4. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    5. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    6. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    7. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    8. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    10. キスだけでもうつる「梅毒」がいま増加中! 初期サインを見すごさないで

    脳が若い、活気あふれる高齢者「スーパーエイジャー」になるには?

    FBからも最新情報をお届けします。