1. Home
  2. BODY
  3. 脳が若い、活気あふれる高齢者「スーパーエイジャー」になるには?

脳が若い、活気あふれる高齢者「スーパーエイジャー」になるには?

1,252

性別にかかわらず、50代や60代でも若々しい外見の人をよく見かけます。そんな人たちが自ら人生を切り開き、謳歌している姿を見ると、年を重ねることが楽しみになってくるものです。そんななか、外見だけじゃなく、脳を若く保つ方法が研究で明らかになったというから興味津々。

いつまでも活気あふれる生活を送るために、脳を若く保つ方法

1803_keep_brain

image via shutterstock

The Washington Post」の記事に紹介されたのは、88歳の現役弁護士や、90歳を迎えても勢いが衰えないコメディアンなど、およそ高齢者のイメージにそぐわない「スーパーエイジャー」と呼ばれる人たち。平均的な人なら、もっと早いうちから体が動かなくなり、常に不調を抱え、心の落ち込みを感じているだろうに、彼らの若々しさの秘密はいったい何でしょうか?

コロンビア大学コロンビアエイジングセンターの研究で、心の加齢プロセスは、自分でどうすることもできない身体的な変化よりも、自分でコントロールできる心理的な変化のほうが大きく作用することがわかりました。研究に参加したDavid Weiss氏によると、

「年齢なんてただの数字である」と考えている大人は記憶力が高い一方で、「加齢は運命であり避けることはできない」と考えている大人は記憶力が低く、ストレスに過剰に反応する傾向がありました。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

他にも、この結果を裏付ける研究があるそう。

加齢とともに心のパフォーマンスが下がると考えるほど、それは自己達成的予言になりやすく、逆に何歳になろうと自らに新しい課題を課し、自分の能力を信じている人は、心のピーク状態を長く保つことができるのです。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

脳の若さを保つには「マインドセット(気の持ちよう)」が重要なようです。瞑想や趣味などポジティブな心を保てる習慣を身につけて、若々しい脳をキープしたい。

ライフハッカー(日本版)

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン