1. Home
  2. EAT
  3. カヴァって知ってる?ニューヨーカーが好む秘密の飲みもの

カヴァって知ってる?ニューヨーカーが好む秘密の飲みもの

2,922

キュンメルめぐみ

現在、ニューヨークで多くの健康オタクに支持されているのが、フィジーなどバヌアツ発の「カヴァ」。短期間のうちにカヴァ専門店が3店もオープンするほどの反響ぶりで、特に人気なのは「Brooklyn Kava(ブルックリン・カヴァ)」というお店です。

南太平洋の島国からやってきた植物性の飲み物

1803_kava_01

image via shutterstock

カヴァはこしょう科の低木で、その根を乾燥させ粉にして、お水やお湯などと溶いて飲むもの。白濁で、その見た目はまるでマッコリや甘酒のようにも例えることができるでしょうか。ちなみにフィジーでは「ヤンゴーナ」、ハワイでは「アバ」と呼ばれ、宗教的な側面をも色濃く持つものなのだそう。

1803_kava_02

image via shutterstock

鎮静効果を持つとされ、精神を落ち着ける作用もあることから、カヴァ・カフェにはストレスの多いビジネスマンや学生も多く通っています。アルコール分は含まないものの、若干酔っ払ったようなふんわり感覚を体が覚え、リラックスできるのだといいます。なんだか怪しいもののように思えますが、ハワイではれっきとした二日酔い止めとして使用されているのだそう。ドイツではカヴァの粉はカプセルに入ったサプリメントとして売っていて、不眠症などに効果的だといわれています。

落ち着いて読書に集中。女性客も多い。

世界中のプレスも注目のドリンク。

甘酒のような見た目。抹茶などを混ぜてアレンジするのもおいしいかも。

親の世代とは真逆を行く、健康オタクのニューヨーカーに人気

1803_kava_03

image via shutterstock

アメリカの20歳から30歳の若者のアルコール摂取量はとても低いといわれ、ニューヨークに住むこの「健康層」にカヴァは特に受けているようです。この年代の両親はおよそ40歳から50歳。仕事や付き合いなどで頻繁にアルコールを口にしてきた両親の姿をみて育った子たちは、仕事中心の生活や人との付き合い方から、口にするもの、健康に対する考え方など、ストレスを多く抱えた両親を反面教師にしている部分もあるのでしょうか。親の価値観とは逆をいく健康オタクたちは、体に良いものなら支出を惜しみません。たとえば植物性のもの、遺伝子組み換えでないものはもちろん、オーガニック(ビオ)を中心としたもの。いま多くの健康トレンドがニューヨークから発信されているのにも納得がいきます。

ちなみに、日本でカヴァは「医薬品」とされ、2002年以来規制されています。カヴァを純粋に味わえるのは現在ニューヨークの3店舗のみであるのも、その人気たるゆえん。機会があったら、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

[Brooklyn Kava]

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    9. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?