1. Home
  2. EAT
  3. カヴァって知ってる?ニューヨーカーが好む秘密の飲みもの

カヴァって知ってる?ニューヨーカーが好む秘密の飲みもの

1,630

現在、ニューヨークで多くの健康オタクに支持されているのが、フィジーなどバヌアツ発の「カヴァ」。短期間のうちにカヴァ専門店が3店もオープンするほどの反響ぶりで、特に人気なのは「Brooklyn Kava(ブルックリン・カヴァ)」というお店です。

南太平洋の島国からやってきた植物性の飲み物

1803_kava_01

image via shutterstock

カヴァはこしょう科の低木で、その根を乾燥させ粉にして、お水やお湯などと溶いて飲むもの。白濁で、その見た目はまるでマッコリや甘酒のようにも例えることができるでしょうか。ちなみにフィジーでは「ヤンゴーナ」、ハワイでは「アバ」と呼ばれ、宗教的な側面をも色濃く持つものなのだそう。

1803_kava_02

image via shutterstock

鎮静効果を持つとされ、精神を落ち着ける作用もあることから、カヴァ・カフェにはストレスの多いビジネスマンや学生も多く通っています。アルコール分は含まないものの、若干酔っ払ったようなふんわり感覚を体が覚え、リラックスできるのだといいます。なんだか怪しいもののように思えますが、ハワイではれっきとした二日酔い止めとして使用されているのだそう。ドイツではカヴァの粉はカプセルに入ったサプリメントとして売っていて、不眠症などに効果的だといわれています。

落ち着いて読書に集中。女性客も多い。

世界中のプレスも注目のドリンク。

甘酒のような見た目。抹茶などを混ぜてアレンジするのもおいしいかも。

親の世代とは真逆を行く、健康オタクのニューヨーカーに人気

1803_kava_03

image via shutterstock

アメリカの20歳から30歳の若者のアルコール摂取量はとても低いといわれ、ニューヨークに住むこの「健康層」にカヴァは特に受けているようです。この年代の両親はおよそ40歳から50歳。仕事や付き合いなどで頻繁にアルコールを口にしてきた両親の姿をみて育った子たちは、仕事中心の生活や人との付き合い方から、口にするもの、健康に対する考え方など、ストレスを多く抱えた両親を反面教師にしている部分もあるのでしょうか。親の価値観とは逆をいく健康オタクたちは、体に良いものなら支出を惜しみません。たとえば植物性のもの、遺伝子組み換えでないものはもちろん、オーガニック(ビオ)を中心としたもの。いま多くの健康トレンドがニューヨークから発信されているのにも納得がいきます。

ちなみに、日本でカヴァは「医薬品」とされ、2002年以来規制されています。カヴァを純粋に味わえるのは現在ニューヨークの3店舗のみであるのも、その人気たるゆえん。機会があったら、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

[Brooklyn Kava]

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    カヴァって知ってる?ニューヨーカーが好む秘密の飲みもの

    FBからも最新情報をお届けします。