1. Home
  2. BODY
  3. 長生きにつながる!? 毎日のちょっとした習慣

長生きにつながる!? 毎日のちょっとした習慣

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,168

もっともっと誕生日を迎えたい? だとしたら外に出ることが良いみたい。

元気な人は外に出ている!

0329_640_main_shutterstock_671573329

image via shutterstock

25年にわたって3000人以上の毎日の習慣を調べた研究で、そう結論されたのです。70歳から90歳の参加者を、どれくらい外出するかで3グループに分けて追跡した研究からわかりました(1つのグループは毎日、もう1つのグループは週に2~5回、さらにもう1つは週に1回未満)。

研究の最後に死亡率を比べたところ、毎日外出するグループは死亡率が最も低く、めったに出かけないグループは死亡率が最も高いとわかりました。

この研究を行ったイスラエル・ヘブライ大学ハダサー医療センターの医師、ジェレミー・ジェイコブズさんによると、糖尿病や心臓病、視覚障害や身体障害などを考慮しても、同じ結果。「元気な人は、身体に障害があっても外に出ている」とジェイコブズさん。

外であまり活動しなくても、寿命は長くなるところはポイント。無理にジョギングする必要はなく、屋外で座っているだけでも、健康に良いのです。

0329_640_shutterstock_634357721

image via shutterstock

この研究では、どうしてなのかはわかっていません。しかし、以前の研究で、屋外で過ごす時間が長い人はストレスが少なく、精神的な健康状態も良い(どちらも長生きにつながる)という結果が出ています。

外に出る習慣が大切

「歴史的に見ても、屋内にいることの多い芸術家や作家でさえ、アトリエや実験室の外に出る毎日の習慣を持っていました」と、著書「休息:仕事の時間が短いほど多くを達成できる理由(Rest: Why You Get More Done When You Work Less)」で、偉業を残した思想家の足跡をたどったアレックス・スージュン=キム・パンさん。

「外に出て、室内で座っている時間が減れば、身体に良いことは明らか。しかも特に自然の中で、新鮮な空気を吸えば、気分も良くなり、情緒的にもバランスが取れます」とパンさん。パンさんによると、よく外に出る人は社会的なつながりも強くなり、認知機能の衰えを防ぐことができ、うつや不安のリスクも低くなると最近の研究で証明されています。

「簡単に言うと、毎日外に出ることは身体的にも精神的にも、健康でいるために大変重要なのです」(パンさん)

Elizabeth Millard/This One Simple Daily Habit Could Help You Live Longer

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?