1. Home
  2. EAT
  3. 30日間のスーパーフード Vol.20 ショウガで胃のむかつきと頭痛を和らげる

30日間のスーパーフード Vol.20 ショウガで胃のむかつきと頭痛を和らげる

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,862

今回は食事にショウガを取り入れると良いワケ、そして調理法もご紹介します。さっそく今日から!

アスピリンに似た抗炎症効果を自然と持っている

640_GettyImages-492223016

外側は固くても、中はみずみずしくて風味豊かなショウガ。頭痛や胃のむかつきといったよくある症状を和らげる力がみなぎっているのです。

研究によると、ショウガの粉末は一般的な薬と同じくらい片頭痛に効果を持っている可能性があるそうアスピリンに似た抗炎症効果を自然に持っているからです。この効果で、頭痛と一緒にありがちな吐き気も和らげてくれます

それに、そもそもスパイシーなショウガの風味はいろいろな料理をおいしくしてくれますから、取り入れるのも簡単。

ショウガの使い方:

お店のスパイスコーナーに並んでいる粉末を買ってもいいですし、生のショウガを使う場合は、まず外側の固い皮をむいて、黄色の中身を小さく刻むか、すりおろします。ショウガ茶は鼻づまりなどの風邪の症状にも効きますから、自分だけの「カルダモンとショウガのチャイ」を作ってもいいでしょう。

<ショウガおすすめメニュー>

サーモンのショウガ焼き

1baked-soy-ginger-salmon

サーモンの豊かな風味とバランスを取るためにショウガがよく使われます。このアジア風の一品は、ふたつの味を手軽に素早くひとつに。

料理サイト「ウェル・プレイテッド(Well Plated)」より。

ブルーベリーとショウガのモヒート

2blueberry-ginger-mojito

カクテルにも、ノンアルコールの「モクテル」にもできるこの組み合わせ、きっと新しいお気に入りに。(ブルーベリーも、糖尿病を撃退するスーパーフードです)

料理サイト「ホワット・モリー・メイド(What Molly Made)」より。

ジンジャー・アーモンド・クッキー

3ginger-almond-cookies-4

甘すぎず、スパイシーなショウガが際立つ歯ざわりの良いクッキー。クリスマスホリデーのクッキー交換にも最適(もちろん、自分用にしても!)。

料理サイト「ザ・ライフ・ジョリー(The Life Jolie)」より。

The Editors of Prevention/30 Days Of Superfoods: Ginger To Ease Nausea And Headaches

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析