1. Home
  2. 蓮 真奈美
  3. Regular
  4. 噂のハイテクコスメ
  5. スキンケア
  6. 多くの人を魅了する「ドゥ・ラ・メール」のロングセラークリーム #ハイテクコスメ

多くの人を魅了する「ドゥ・ラ・メール」のロングセラークリーム #ハイテクコスメ

噂のハイテクコスメ

蓮 真奈美

注目の成分や新しい技術を搭載し、肌に驚きの効果をもたらすと話題のコスメの実力を検証する連載記事「噂のハイテクコスメ」。

今回は、1965年に誕生してから半世紀近く、「ドゥ・ラ・メール」のアイコンとして多くの人々に愛されて続けてきたロングセラーのモイスチャライザー「クレーム ドゥ・ラ・メール」をフューチャー。

20180309_cosmw_02

海藻などからなる独自の保湿成分「ミラクル ブロス™」を配合し、物理学者のマックス・ヒューバー博士のオリジナルを受け継ぎながら、1瓶ごとに手作業で詰められるなど、職人技にこだわって作られています。

テクスチャー別に計4種類がラインナップ

20180315_d_top

画像左から:「クレーム ドゥ・ラ・メール」30mL 19,000円、60mL 36,000円、100mL 54,000円「ザ・モイスチャライジング ソフト クリーム」 30mL 19,000円、60mL 36,000円、100mL 54,000円「ザ・モイスチャライジング クール ジェル クリーム」 30mL 19,000円、60mL 36,000円「ザ・モイスチャライジング ソフト ローション」50mL 30,000円

「ドゥ・ラ・メール」のモイスチャライザーには、リッチなテクスチャーのオリジナルのクリーム、やわらかな付け心地のソフトクリーム、ソフトでなめらかなローションタイプの3種類に加えて、2018年3月2日(金)に、より付け心地が軽くひんやりとした感触が続くジェルクリームが仲間入り。計4種類が揃います。

すべてのモイスチャライザーに「ドゥ・ラ・メール」の独自保湿成分「ミラクル ブロス™」が配合されているので、季節やケアするタイミングなどTPOに合わせてどれを使うかセレクトできるのも魅力。

潤い感のあるハリ、透明感のあるツヤなど……、肌に必要な要素にアプローチし、肌をベストの状態へ導いていきます。

美の儀式(リチュアル)のようなスキンケア

オリジナルのこっくりとした感触の「クレーム ドゥ・ラ・メール」は、手のひらにとり、両手で数秒温めて半透明になってから肌になじませるのがポイント。顔から首筋にやさしくパッティングするように押し込めることで、「ミラクル ブロス™」が活性化され、肌にしっかり潤いを届けることができます。

そんなクリームをしっかり使い続けている人の多くは、圧倒的な保湿感に驚くほか、「肌がなめらかに整ってきた」「くすみが一掃されて透明感がアップ」「何を使ってもダメな肌がしっとり落ち着いてきた」など、肌が好感触を得られる過程を実感。

「ドゥ・ラ・メール」ならではの美の儀式と肌への潤いの魅力でクリームのファンになり、リピート買いする人が後を絶たないそうです。

>>噂のハイテクコスメをもっと見る

[ドゥ・ラ・メール ]

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?