1. Home
  2. 蓮 真奈美
  3. Regular
  4. 噂のハイテクコスメ
  5. スキンケア
  6. 多くの人を魅了する「ドゥ・ラ・メール」のロングセラークリーム #ハイテクコスメ

多くの人を魅了する「ドゥ・ラ・メール」のロングセラークリーム #ハイテクコスメ

噂のハイテクコスメ

蓮 真奈美

注目の成分や新しい技術を搭載し、肌に驚きの効果をもたらすと話題のコスメの実力を検証する連載記事「噂のハイテクコスメ」。

今回は、1965年に誕生してから半世紀近く、「ドゥ・ラ・メール」のアイコンとして多くの人々に愛されて続けてきたロングセラーのモイスチャライザー「クレーム ドゥ・ラ・メール」をフューチャー。

20180309_cosmw_02

海藻などからなる独自の保湿成分「ミラクル ブロス™」を配合し、物理学者のマックス・ヒューバー博士のオリジナルを受け継ぎながら、1瓶ごとに手作業で詰められるなど、職人技にこだわって作られています。

テクスチャー別に計4種類がラインナップ

20180315_d_top

画像左から:「クレーム ドゥ・ラ・メール」30mL 19,000円、60mL 36,000円、100mL 54,000円「ザ・モイスチャライジング ソフト クリーム」 30mL 19,000円、60mL 36,000円、100mL 54,000円「ザ・モイスチャライジング クール ジェル クリーム」 30mL 19,000円、60mL 36,000円「ザ・モイスチャライジング ソフト ローション」50mL 30,000円

「ドゥ・ラ・メール」のモイスチャライザーには、リッチなテクスチャーのオリジナルのクリーム、やわらかな付け心地のソフトクリーム、ソフトでなめらかなローションタイプの3種類に加えて、2018年3月2日(金)に、より付け心地が軽くひんやりとした感触が続くジェルクリームが仲間入り。計4種類が揃います。

すべてのモイスチャライザーに「ドゥ・ラ・メール」の独自保湿成分「ミラクル ブロス™」が配合されているので、季節やケアするタイミングなどTPOに合わせてどれを使うかセレクトできるのも魅力。

潤い感のあるハリ、透明感のあるツヤなど……、肌に必要な要素にアプローチし、肌をベストの状態へ導いていきます。

美の儀式(リチュアル)のようなスキンケア

オリジナルのこっくりとした感触の「クレーム ドゥ・ラ・メール」は、手のひらにとり、両手で数秒温めて半透明になってから肌になじませるのがポイント。顔から首筋にやさしくパッティングするように押し込めることで、「ミラクル ブロス™」が活性化され、肌にしっかり潤いを届けることができます。

そんなクリームをしっかり使い続けている人の多くは、圧倒的な保湿感に驚くほか、「肌がなめらかに整ってきた」「くすみが一掃されて透明感がアップ」「何を使ってもダメな肌がしっとり落ち着いてきた」など、肌が好感触を得られる過程を実感。

「ドゥ・ラ・メール」ならではの美の儀式と肌への潤いの魅力でクリームのファンになり、リピート買いする人が後を絶たないそうです。

>>噂のハイテクコスメをもっと見る

[ドゥ・ラ・メール ]

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた