1. Home
  2. MIND
  3. コミュニケーションがスムーズになる心構えと会話術まとめ

コミュニケーションがスムーズになる心構えと会話術まとめ

2,064

片岡理森

出会いと別れの多い春は、いつにもまして飲み会親睦会などが増える時期。はじめましての人とはもちろん、顔見知り程度だった人ともスムーズにコミュニケーションをとるための心構えや会話術を、マイロハスの記事のなかから集めました。

1803_communication_top

image via shutterstock

まわりの人が「話しかけたい」と思う空気感をまとう

1803_communication_01

image via shutterstock

マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃さんによると、いつのまにかみんなの輪の中心にいるような人には、パッと華やぐような優しく柔らかいオーラがあるそう。それは、「心の中の美しさ」が外側に反映されて、それが雰囲気となって無意識に伝わっているものなのだとか。ポイントは、自分のことのように他人を想いやる心をもつことのようです。自分がどんな状況で、どんな不安を抱えていても、そのときばかりは横に置いておきましょう。

>>周りから愛される女性になる3つの方法

出会いの瞬間に相手に好感を持ってもらう

1803_communication_02

image via shutterstock

人間関係は第一印象が重要。作家のニコラス・ブースマン氏によると、相手と信頼関係を築くために必要な全体のプロセスはたったの4秒なのだとか。腕をくまず相手に対して胸を直接向けるようにしたり、相手よりも先に微笑んで挨拶をするなど、最初のわずかな時間でできることがあります。

>>たった4秒で好感を得る、第一印象をぐっと良くする5つのステップ

承認欲求を満たす質問テクニック

1803_communication_03

イラスト・トミムラコタ

恋愛プランナーTETUYAさんが提唱する「決めつけクエスチョン」は、相手が異性でも同性でも使えそう。テクニックのポイントは、その知りたい質問のハッピーな答えを決めつけて聞くこと。たとえば「髪切った?」ではなくて「髪切ったでしょ?」と決めつけて聞く。仮に切ってない場合でも、「いつもと雰囲気が違うから切ったのかなと思った」と上手く切り返せます。相手もいつも見ててくれるんだとプラスにとらえてくれるそう。

>>相手との仲を深める会話テク「決めつけクエスチョン」

愛情と感謝を積極的に表現する

1803_communication_04

image via shutterstock

長年ニューヨークで暮らしている岡田光世さんによると、常にユーモアを忘れず、笑顔と言葉を交わし合うNY流のコミュニケーションがあるのだそう。たとえば相手の何かをほめるときは、「いいね」「すごいね」など、相手を評価するようなフレーズを並べるのではなく、「それ、好き!」というように「どう思ったのか」を表すようにすると心がつながる会話になるそう。>>「いいね」よりも「それ、好き」。NY流コミュニケーション術

鉄板の共感ネタを持っておく

1803_communication_05

イラスト・タナカミサキ

人と仲良くなるためには、誰でも対応できる、共感しやすいネタを持っておくと便利。都道府県ネタグルメネタはとくにおすすめなのだそう。情報収集のポイントは、「浅く広く」。実際に行ったことのある県は記憶をよみがえらせておきましょう。グルメは相手の好きな食べ物、お酒の種類などの情報から、自分の知ってる美味しいお店などの知識を披露するのもよし。

>>誰とでもすぐ打ち解けられる「共感ネタ」持ってる? #コミュニケーション術のネタ帳

せっかく出会えた人だから、沈黙で終わらせない関係を築きたい。人見知りでも、準備をしておけば落ち着いた心で挑めそうです。

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?