1. Home
  2. BODY
  3. 骨の老化がたるみをまねく。コラーゲンは塗るだけじゃなく摂るべき理由

骨の老化がたるみをまねく。コラーゲンは塗るだけじゃなく摂るべき理由

強い骨を作る

3,323

アンチエイジング系のコスメに配合されていることの多いコラーゲン。肌にハリを与える美容成分としてよく知られていますが、表面に塗るだけじゃなく、口から摂ることも重要なんだとか。

シワやたるみはコラーゲン不足で骨が痩せることも原因

1803_collagen_01

image via shutterstock

コラーゲンが影響するのは皮膚だけと思われがちですが、実は骨にも重要。骨密度を上げて、しなやかで強靭な骨をつくるには、カルシウムと共にコラーゲンが必要です。東京農工大学野村義宏教授によると、コラーゲンが不足することで骨粗しょう症になりやすくなるだけじゃなく、皮膚のたるみもまねくそう。

シワやたるみは、肌の衰えだけなく、頭蓋骨が痩せることも原因。皮膚の土台にある頭蓋骨が小さくなることで、皮膚がたるみ、輪郭がぼやけたり、ほうれい線が濃くなったりするのです。また、皮膚が奥に引っ張られ、鼻が上向きになることもあるようです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

表面的にコラーゲンを補っても、肝心の土台がもろく崩れてしまっては意味がありません。美容のためにも、骨を丈夫にする意識を高める必要がありそうです。

コラーゲンを日常的に効率よく補う方法

1803_collagen_02

image via shutterstock

加齢に伴い不足していくというコラーゲン。代謝もだんだん遅くなっていくので、体内での合成を促すためにも口から摂取することが望ましいようです。では、どんな食材にコラーゲンは多く含まれているのでしょうか?

コラーゲンを含む食品は、牛すじ鶏肉の皮魚の皮や骨などは特に豊富。煮たあとに冷蔵庫で冷やし、煮こごりができるものはコラーゲンが多く含まれています。効率よく摂れるのは、しらすちりめんじゃこ。皮も骨も丸ごと食べられるので、コラーゲンを多く摂れます。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

タンパク質も同時にたくさん摂れる食材ばかり。カロリーが気になって残しがちな皮まで丸ごと食べるのがポイントのようです。小魚や、真空調理された缶詰の魚なら、骨まで食べられるのでカルシウム補給もできそう。

外食続きでうまく摂れないないときは、補助的にサプリやドリンク剤に頼ってもいいそう。また、コラーゲンは体内で分解と合成をくり返しているので、代謝を上げるために適度な運動を取り入れることも役立つようです。

皮膚や骨をはじめ、血管や臓器、膝の軟骨、歯茎にも存在するコラーゲン。美しく健康に年を重ねていくために、内外から日常的に摂り入れていきたい成分です。

太陽笑顔fufufu

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    2. 20分以内でつくることができる高タンパク質メニュー6

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって