1. Home
  2. EAT
  3. 30日間のスーパーフード Vol.14 カシューナッツが炎症を和らげる

30日間のスーパーフード Vol.14 カシューナッツが炎症を和らげる

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,360

「30日間のスーパーフード」Vol.14に登場するのは、カシューナッツ。カシューナッツを食べるといい理由、取り方をご紹介。さっそく今日から!

カシューナッツは、心臓の健康のサポートにも!

20180223_cashews_top

バターっぽい味のカシューナッツには、ビタミンEやB6などがいっぱい。研究によると、心臓の病気になりにくくしてくれるビタミンです。カシューナッツは血糖値にも良い影響を与えますから、糖尿病のリスクも低下

さらに、傷が治るために大切な亜鉛もたっぷり。「亜鉛は、皮膚が傷ついたときの炎症を和らげて、皮膚の細胞を早く作ってくれるたんぱく質の手助けもしています」と、ボストン大学の栄養学臨床准教授、ジョーン・サルゲ・ブレイクさん。

カシューナッツの調理法

おやつにそのまま食べてもいいし、ほかのナッツと混ぜて「トレイルミックス」を作っても。オーブンでローストすると、香ばしいおいしさが楽しめます。カイエンペッパーをふりかけて、180度のオーブンで20分焼けば、ピリッと辛いスナックに。

カシューナッツは「カシューナッツバター」にも、「カシューナッツ粉」にも、アーモンドミルクよりちょっとクリーミーな「カシューナッツミルク」にもなります。水に浸してからフードプロセッサーで潰せば、ベジタリアンご用達の「カシューナッツチーズ」スプレッドに。

<カシューナッツおすすめメニュー>

チョコレート・カシュー・エネルギーバー

20180223_cashews_01

朝食にもおやつにもピッタリ。簡単に作れて、材料は5つだけ。

料理サイト「ホワット・モリー・メイド(What Molly Made)」より。

ズッキーニ・ヌードルの「パレオ」パッタイ

20180223_cashews_02

米粉ヌードルをズッキーニに代えると、タイの伝統食、パッタイも炭水化物が少なくなります。炭水化物を穀類ではなく芋類や野菜から取る「パレオダイエット」流のこのレシピでは、定番のピーナッツだって刻んだカシューナッツにチェンジ。自然な甘みがかすかに感じられて、バランスの良い味わい。

料理サイト「インクワイアリング・シェフ(Inquiring Chef)」より。

カシューナッツとチキンのレタス巻き、オレンジ・ジンジャー・ソース

20180223_cashews_03

30分でできる、野菜たっぷりの一品。カシューナッツの食感がおいしさを引き立てます。

料理サイト「クリスティーンズ・キッチン(Kristine’s Kitchen)」より。


Diana McKeon Charkalis/30 Days Of Superfoods: Cashews To Ease Inflammation

訳/STELLA MEDIX Ltd.

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. 一品200kcalが目安! 栄養士に習う「低カロリーなおかず」11選

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン