1. Home
  2. キュンメルめぐみ
  3. 野菜
  4. 栄養豊富なブロッコリー・スプラウトの簡単アレンジレシピ

栄養豊富なブロッコリー・スプラウトの簡単アレンジレシピ

1,950

野菜の値段が高騰する今、できるだけムダのないように野菜を美味しく食べ切りたい。たとえば、ブロッコリーの茎を捨ててしまう人もいると聞きますが、実は花蕾と同じぐらい茎も栄養価が豊富なのだそう。

クセがなくて使いやすい、生でもおいしいブロッコリー

1803_broccoli_01

image via shutterstock

ブロッコリーはカロテンとビタミンCが豊富で、その含有量はキャベツの4倍ともいわれる優秀野菜。酢や油、また動物性たんぱく質との相性が良く、一緒に取れば栄養素の吸収がさらにパワーアップ。豚肉と一緒に炒めても見た目鮮やかでおいしいですし、サラダとしてドレッシングをかけて食べれば、ボリューミー。前菜だけでおなかもふくらみ、ダイエットにも適しているのではないでしょうか。

1803_broccoli_02

image via shutterstock

実はドイツに来てびっくりしたことですが、ブロッコリーを生で食べる人の多いこと。ブロッコリーは生で食すると毒があると都市伝説としてあるようですが、茎の部分は皮を丁寧にむき、中心部の白い部分だけを野菜スティックみたいに生でポリポリと食べます(ただし消化に問題がある人は控えめに)。とてもみずみずしくてコリコリして、思った以上に美味しい。生とゆでの両バージョンを楽しめます。

さまざまなブロッコリーファミリーが登場

1803_broccoli_03

image via shutterstock

ブロッコリーといっても、さまざまな種類にお目にかかる機会が多くなったように思います。例えば「ラピーニ(ブロッコリーのいわゆる“菜の花”)」や「ブロッコリー・スプラウト」。ラピーニは生のままフライパンに投入、軽く炒めればすぐに火が通ります。ピザと一緒にオーブンに入れても美味しいですし、ゆでるよりも蒸し器を使っておひたしにしても。鮮やかな緑が美しく、食欲もそそられ、お弁当に入れても最高です。

ほんのり苦みが特徴のラピーニ(ブロッコリー・ラべともいう)には、先端に小さな「菜の花」が付いています。

こんな風にグリルにするとナッツのような味わいが増します。

見た目はまるでかいわれ大根やアルファルファのようですが、苦みはありません

特にブロッコリースプラウトはお部屋の中で育てることができるので、観葉植物のように癒しになります。ジャーの中に種をまき、毎日その成長を観察するのが好き。ブロッコリーの世界は奥深いです。

<参考文献>からだにおいしい野菜の便利帳(高橋書店)

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    2. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    3. 1日40秒! スポーツトレーナーが教える、超即効トレーニングTIPS3

    4. 生理が重い日は多めに水を。女性が「のどの渇く理由」4つ

    5. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 筋トレは週2回で本当にいいの? ベストな頻度をトレーナーが伝授

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    6. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?