1. Home
  2. BODY
  3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

258,422

知恵子

もうすぐ花粉の季節です。花粉症の症状はいろいろあるけれど、なかでも集中力低下や睡眠障害、味覚低下も引き起こす「鼻づまり」はつらいもの。そこで今回は、鼻づまりのメカニズムとその解消法を紹介します。

鼻づまりは粘膜の腫れが原因

1802_blockednose_top

image via shutterstock

鼻づまりは鼻水が詰まった状態と思われがちですが、じつは違うそう。東京大学大学院医学系研究科耳鼻咽喉科学教室准教授近藤健二先生はこう言います。

「ウィルス感染による鼻炎と同様に、花粉によるアレルギー性鼻炎でも『鼻づまり』と『鼻みず』は同時に発症することが多いので、症状を混同してしまうことも多いのですが、鼻づまりと鼻みずは病気の仕組みが異なるのでそれぞれに個別の対処が必要です」(近藤先生)

そして鼻づまりのもっとも一般的な原因といわれているのが、鼻の粘膜の腫れによるものだとか。アレルギー性鼻炎、風邪、ウィルス感染症などにかかると、鼻の粘膜に炎症が生じ、血管の拡張が起こります。その結果、鼻の粘膜が膨張し鼻腔が塞がれることで、鼻づまりが引き起こされるのです。

そして鼻づまりになると、残念なことに味覚が低下します。風邪を引くと食べ物の味が分かりにくくなるのは、味覚が麻痺したからではなく、鼻が詰まってにおい物質が嗅上皮に届きにくくなり、においが分かりづらくなった結果、味が分かりにくくなるということだそう。

1802_blockednose_01

©Frank H. Netter, Atlas of Human Anatomy 4th Edition, Saunders, 2006, P.37

鼻づまりを一時的に解消する3つの方法

年度末や新年度、お花見などでお食事やお酒を楽しむ機会も増えるのに、鼻づまりになっては美味しさも半減し、とても残念です。しかしさらに残念なことが。それは飲酒で鼻づまりが悪化するということ。アルコールとアレルギー性鼻炎の関係に関する研究結果によると、アルコールには血管拡張作用があることが判明しています。つまり、アルコールの摂取は鼻の粘膜が膨張し鼻腔が塞がれることで引き起こる鼻づまりを誘因し、さらには悪化をさせてしまうというのです。(※1)

1802_blockednose_02

©新村芳人, 興奮する匂い 食欲をそそる匂い ~遺伝子が解き明かす匂いの最前線(知りたい!サイエンス), 技術評論社, 2012, P.86

とはいえ、せっかくの機会なのでお酒もたしなむ程度には楽しみたいもの。また年度末から新年度は決算や異動もあり、仕事ではいつも以上に集中力がほしい時期でもあります。そこでもし症状が現れ、「今すぐ鼻づまりをなんとかしたい!」というときに試したいのが、即効性があり、一時的に解消できる次の3つの方法です。

1. 鼻を蒸しタオルで温める(※2)

2. 靴下・足湯・足裏カイロで足を温める(※3)

3. ペットボトルやラップの芯などを使ってわきの下に圧力をかける(※4,5,6,7)

また、適度な運動を行うことも交感神経を刺激するため、鼻腔の通期度を上げる改善策として挙げられます。(※8)

もちろん、これらはあくまでも一時的なものなので、症状が続くようなら医療機関にご相談を。

<参考文献>

※1. Alcohol alters sensory processing to respiratory stimuli in healthy men and women during wakefulness. Eckert DJ et al. Sleep 2010; 33: 1389-95.

※2. 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2013年版, 60(2013),p75

※3. Warming of feet elevates nasal mucosal surface temperature and reduces the early response to nasal challenge with allergen, Assanasen P et al.J Allergy Clin Immunol 104: 285-293,1999

※4. Bhole MV et al: Yoga Mimamsa 1968; 10:1

※5. Rao S et al:JAppl Pysiol 1970; 28:162-5

※6. Davies AM et al: Acta Otolaryngol 1985; 99:154-159

※7. Wilde AD et al: Clin Otolaryngol 1996; 21:442-444

※8. Konno A, et al. Auris Nasus Larynx 1982; 9: 81-90.

アレルギーi

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由