1. Home
  2. EAT
  3. 口が開いたら一旦火を止めるのがコツ。濃厚なあさりの滋養スープ

口が開いたら一旦火を止めるのがコツ。濃厚なあさりの滋養スープ

2,500

片岡理森

送別会や歓迎会、お花見など、なにかとお酒を飲む機会が多くなる春。つい飲み過ぎてしまった翌日は、体が重く、食欲が湧かないなんてことも。そんな二日酔いの体にやさしく染みわたりそうなスープのレシピがありました。

タウリンが豊富な「あさりの滋養スープ」レシピ

1803_asari_01

あさりタウリンが豊富なので、二日酔いの日にぴったりです。あさりに合わせるのはたっぷりのしょうがとパクチー。朝の気分のだるさがスッキリしますよ」とレシピを教えてくれるのは、伊勢丹新宿店・東信水産石戸宏さん。あさりだけでもうれしいところに、パクチーと生姜がプラスされたら、食欲を刺激されて内側から温まりそう。

材料>(作りやすい分量)

  • あさり(塩抜きしたもの)…18~20個(300g)
  • 水…800ml
  • しょうが…大1片
  • 日本酒…小さじ1
  • 塩…小さじ1/2
  • ごま油…小さじ1
  • 長ねぎ…6㎝
  • パクチー…少々

※あさりの塩抜き…海水濃度と同じ3%のひたひたの食塩水(水5カップに対して、塩大さじ1)に浸して、2時間以上冷暗所に置いておく。

作り方

1. しょうがは皮をむいて、せん切りにする。

1803_asari_02

「面倒くさかったら、すり下ろしちゃってもいいですよ」(石戸さん)

2. 長ねぎは繊維に沿って縦にせん切りにし、水にさらす。パクチーは葉を摘む。

1803_asari_03

「出来上がりに散らす白髪ねぎは水にさらして、辛みを抜いておきます」(石戸さん)

3. 鍋にあさり、しょうがのせん切り、水、日本酒を入れて、強火で煮る。

1803_asari_04

「あさりを水からコトコト煮ていくと、たくさんアクが出てくるので、きれいに取り除いてください」(石戸さん)

4. あさりの貝の口が開いたら、火を止めて15~20分冷ます。

1803_asari_05

5. 再び強火でひと煮立ちさせ、塩で味を調えてごま油を回しかける。器に盛り、白髪ねぎとパクチーを散らして完成!

1803_asari_06

1803_asari_07

(「FOODIE」より引用)

あさりは水から煮ることで、あさりに含まれるコハク酸といううまみ成分が出てきて、白濁した美味しいスープになるそう。また、「貝の口が開いたら一旦火を止める」という工程は、スープの温度が下がっていく過程でうまみ成分を出しきるためだとか。これまで、お店のような濃厚さが出せないと思っていたら、こんなコツがあったとは驚き。

明日は飲み過ぎちゃいそうだという日の前日に、貝の口が開くまで煮て冷蔵庫で保存しておけば、翌日は温めるだけで体がよろこぶ濃厚なあさりの滋養スープが作れそうです。

FOODIE

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    6. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    7. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    9. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    8. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    10. 更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら