1. Home
  2. EAT
  3. 口が開いたら一旦火を止めるのがコツ。濃厚なあさりの滋養スープ

口が開いたら一旦火を止めるのがコツ。濃厚なあさりの滋養スープ

2,748

片岡理森

送別会や歓迎会、お花見など、なにかとお酒を飲む機会が多くなる春。つい飲み過ぎてしまった翌日は、体が重く、食欲が湧かないなんてことも。そんな二日酔いの体にやさしく染みわたりそうなスープのレシピがありました。

タウリンが豊富な「あさりの滋養スープ」レシピ

1803_asari_01

あさりタウリンが豊富なので、二日酔いの日にぴったりです。あさりに合わせるのはたっぷりのしょうがとパクチー。朝の気分のだるさがスッキリしますよ」とレシピを教えてくれるのは、伊勢丹新宿店・東信水産石戸宏さん。あさりだけでもうれしいところに、パクチーと生姜がプラスされたら、食欲を刺激されて内側から温まりそう。

材料>(作りやすい分量)

  • あさり(塩抜きしたもの)…18~20個(300g)
  • 水…800ml
  • しょうが…大1片
  • 日本酒…小さじ1
  • 塩…小さじ1/2
  • ごま油…小さじ1
  • 長ねぎ…6㎝
  • パクチー…少々

※あさりの塩抜き…海水濃度と同じ3%のひたひたの食塩水(水5カップに対して、塩大さじ1)に浸して、2時間以上冷暗所に置いておく。

作り方

1. しょうがは皮をむいて、せん切りにする。

1803_asari_02

「面倒くさかったら、すり下ろしちゃってもいいですよ」(石戸さん)

2. 長ねぎは繊維に沿って縦にせん切りにし、水にさらす。パクチーは葉を摘む。

1803_asari_03

「出来上がりに散らす白髪ねぎは水にさらして、辛みを抜いておきます」(石戸さん)

3. 鍋にあさり、しょうがのせん切り、水、日本酒を入れて、強火で煮る。

1803_asari_04

「あさりを水からコトコト煮ていくと、たくさんアクが出てくるので、きれいに取り除いてください」(石戸さん)

4. あさりの貝の口が開いたら、火を止めて15~20分冷ます。

1803_asari_05

5. 再び強火でひと煮立ちさせ、塩で味を調えてごま油を回しかける。器に盛り、白髪ねぎとパクチーを散らして完成!

1803_asari_06

1803_asari_07

(「FOODIE」より引用)

あさりは水から煮ることで、あさりに含まれるコハク酸といううまみ成分が出てきて、白濁した美味しいスープになるそう。また、「貝の口が開いたら一旦火を止める」という工程は、スープの温度が下がっていく過程でうまみ成分を出しきるためだとか。これまで、お店のような濃厚さが出せないと思っていたら、こんなコツがあったとは驚き。

明日は飲み過ぎちゃいそうだという日の前日に、貝の口が開くまで煮て冷蔵庫で保存しておけば、翌日は温めるだけで体がよろこぶ濃厚なあさりの滋養スープが作れそうです。

FOODIE

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら