1. Home
  2. EAT
  3. 口が開いたら一旦火を止めるのがコツ。濃厚なあさりの滋養スープ

口が開いたら一旦火を止めるのがコツ。濃厚なあさりの滋養スープ

2,320

片岡理森

送別会や歓迎会、お花見など、なにかとお酒を飲む機会が多くなる春。つい飲み過ぎてしまった翌日は、体が重く、食欲が湧かないなんてことも。そんな二日酔いの体にやさしく染みわたりそうなスープのレシピがありました。

タウリンが豊富な「あさりの滋養スープ」レシピ

1803_asari_01

あさりタウリンが豊富なので、二日酔いの日にぴったりです。あさりに合わせるのはたっぷりのしょうがとパクチー。朝の気分のだるさがスッキリしますよ」とレシピを教えてくれるのは、伊勢丹新宿店・東信水産石戸宏さん。あさりだけでもうれしいところに、パクチーと生姜がプラスされたら、食欲を刺激されて内側から温まりそう。

材料>(作りやすい分量)

  • あさり(塩抜きしたもの)…18~20個(300g)
  • 水…800ml
  • しょうが…大1片
  • 日本酒…小さじ1
  • 塩…小さじ1/2
  • ごま油…小さじ1
  • 長ねぎ…6㎝
  • パクチー…少々

※あさりの塩抜き…海水濃度と同じ3%のひたひたの食塩水(水5カップに対して、塩大さじ1)に浸して、2時間以上冷暗所に置いておく。

作り方

1. しょうがは皮をむいて、せん切りにする。

1803_asari_02

「面倒くさかったら、すり下ろしちゃってもいいですよ」(石戸さん)

2. 長ねぎは繊維に沿って縦にせん切りにし、水にさらす。パクチーは葉を摘む。

1803_asari_03

「出来上がりに散らす白髪ねぎは水にさらして、辛みを抜いておきます」(石戸さん)

3. 鍋にあさり、しょうがのせん切り、水、日本酒を入れて、強火で煮る。

1803_asari_04

「あさりを水からコトコト煮ていくと、たくさんアクが出てくるので、きれいに取り除いてください」(石戸さん)

4. あさりの貝の口が開いたら、火を止めて15~20分冷ます。

1803_asari_05

5. 再び強火でひと煮立ちさせ、塩で味を調えてごま油を回しかける。器に盛り、白髪ねぎとパクチーを散らして完成!

1803_asari_06

1803_asari_07

(「FOODIE」より引用)

あさりは水から煮ることで、あさりに含まれるコハク酸といううまみ成分が出てきて、白濁した美味しいスープになるそう。また、「貝の口が開いたら一旦火を止める」という工程は、スープの温度が下がっていく過程でうまみ成分を出しきるためだとか。これまで、お店のような濃厚さが出せないと思っていたら、こんなコツがあったとは驚き。

明日は飲み過ぎちゃいそうだという日の前日に、貝の口が開くまで煮て冷蔵庫で保存しておけば、翌日は温めるだけで体がよろこぶ濃厚なあさりの滋養スープが作れそうです。

FOODIE

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?