1. Home
  2. MIND
  3. 現状維持を抜け出して、毎日を最高の1日にする方法

現状維持を抜け出して、毎日を最高の1日にする方法

運命を変えるマインド革命

7,759

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。毎日をよりよく生きながら、現状維持ではなく、もっともっと素晴らしい幸せを自動的に招いていきたい。せっかく生きているのですから、今の自分を超えたところであっと思うような幸せを手に入れていきたいですよね!

20180319_mind_top

今回は、こうして「ただ生きているだけなのにぐんぐん幸せになる」3つのマインドマジックについてお伝えしていきたいと思います。

すべてにおいて明るい側面を拾う!

まず、私たちの脳は、私たちがフォーカスした方向に自動的に意識を向けるようになります。たとえば、自分が好きなクマのぬいぐるみがあれば、そのクマばかりがなぜか町中で目に入る……。というような感じです。

こうした脳の機能を使って、すべてにおいて明るい・良い側面を見るようにしてみてください。誰かが親切にしてくれた、美しい景色を見れた、上手に話すことができた、綺麗にメイクができた……ちょっとしたことでいいのです。

ほんの少しのことでも、あなたが明るい方向にフォーカスできれば、こうした幸せがどんどん増えていきますよ!

愛を増やしていく。それは、自分の内側からあふれるもの

どんなことでもいいので、「愛する瞬間」を増やしていきましょう。恋愛の駆け引きではなく、「愛しい」「好き」「可愛らしい」「愛らしい」「大切だ」と自分が感じられる瞬間を増やしていくのです。

大好きな小物、好きな花、あの上司が好き、友達が好き。この食事が好きで、こんな天気が好きで、こんな人と話すと嬉しい、こんなことを考えているときワクワクする……

こうして愛する対象を増やしていくことで、あなたの世界には、どんどん自動的に愛ばかりが入ってくるようになります。社会的な基準ではなくて、大丈夫。あなたが内側から感じられる愛を実感できること。それが大切です。

自分に毎日、ごめんね、ありがとうを。

そして一番大切なことは、常に自分に対して、謝罪と感謝の気持ちを忘れないことです。

多くの人が、他人に対して「こんなことをしてもらった」「あなたのおかげだ」、そして悪いことをしたら「ごめんね」「もうしないから」と言いながら生きていますが、実はその対象を自分にしていないことがほとんどです。

でも、自分が選択を間違えて、自分を我慢させて傷つけるようなことをしてしまえば、それは自分に謝る必要があります。もしも頑張っているのに何の言葉もかけてあげていなかったから、自分のことを心から褒めてあげる必要があります。

「毎日ありがとう、頑張ってくれて」

「昨日は無理をさせてしまってごめんね、もうしないから」

「あの仕事、本当によく頑張ったね!偉かったね、私は私を誇りに思うよ」

「あんな人との関係を我慢させてごめん。もう離れようね」

こうして自分に対して、しっかりと「一人の命」として、尊敬と敬意を持って接していく。こうすることで、あなたの価値はどんどん上がり、あなたを軸にして生きやすい毎日が作られていきます。

自分に対する声かけも、愛も、ただフォーカスするだけで達成できるもの。あなたはあなたとして、今日も明日も最高の一日を手にしていってくださいね!

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた