1. Home
  2. MIND
  3. 現状維持を抜け出して、毎日を最高の1日にする方法

現状維持を抜け出して、毎日を最高の1日にする方法

運命を変えるマインド革命

4,683

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。毎日をよりよく生きながら、現状維持ではなく、もっともっと素晴らしい幸せを自動的に招いていきたい。せっかく生きているのですから、今の自分を超えたところであっと思うような幸せを手に入れていきたいですよね!

20180319_mind_top

今回は、こうして「ただ生きているだけなのにぐんぐん幸せになる」3つのマインドマジックについてお伝えしていきたいと思います。

すべてにおいて明るい側面を拾う!

まず、私たちの脳は、私たちがフォーカスした方向に自動的に意識を向けるようになります。たとえば、自分が好きなクマのぬいぐるみがあれば、そのクマばかりがなぜか町中で目に入る……。というような感じです。

こうした脳の機能を使って、すべてにおいて明るい・良い側面を見るようにしてみてください。誰かが親切にしてくれた、美しい景色を見れた、上手に話すことができた、綺麗にメイクができた……ちょっとしたことでいいのです。

ほんの少しのことでも、あなたが明るい方向にフォーカスできれば、こうした幸せがどんどん増えていきますよ!

愛を増やしていく。それは、自分の内側からあふれるもの

どんなことでもいいので、「愛する瞬間」を増やしていきましょう。恋愛の駆け引きではなく、「愛しい」「好き」「可愛らしい」「愛らしい」「大切だ」と自分が感じられる瞬間を増やしていくのです。

大好きな小物、好きな花、あの上司が好き、友達が好き。この食事が好きで、こんな天気が好きで、こんな人と話すと嬉しい、こんなことを考えているときワクワクする……

こうして愛する対象を増やしていくことで、あなたの世界には、どんどん自動的に愛ばかりが入ってくるようになります。社会的な基準ではなくて、大丈夫。あなたが内側から感じられる愛を実感できること。それが大切です。

自分に毎日、ごめんね、ありがとうを。

そして一番大切なことは、常に自分に対して、謝罪と感謝の気持ちを忘れないことです。

多くの人が、他人に対して「こんなことをしてもらった」「あなたのおかげだ」、そして悪いことをしたら「ごめんね」「もうしないから」と言いながら生きていますが、実はその対象を自分にしていないことがほとんどです。

でも、自分が選択を間違えて、自分を我慢させて傷つけるようなことをしてしまえば、それは自分に謝る必要があります。もしも頑張っているのに何の言葉もかけてあげていなかったから、自分のことを心から褒めてあげる必要があります。

「毎日ありがとう、頑張ってくれて」

「昨日は無理をさせてしまってごめんね、もうしないから」

「あの仕事、本当によく頑張ったね!偉かったね、私は私を誇りに思うよ」

「あんな人との関係を我慢させてごめん。もう離れようね」

こうして自分に対して、しっかりと「一人の命」として、尊敬と敬意を持って接していく。こうすることで、あなたの価値はどんどん上がり、あなたを軸にして生きやすい毎日が作られていきます。

自分に対する声かけも、愛も、ただフォーカスするだけで達成できるもの。あなたはあなたとして、今日も明日も最高の一日を手にしていってくださいね!

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

斎藤芳乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    現状維持を抜け出して、毎日を最高の1日にする方法

    FBからも最新情報をお届けします。