1. Home
  2. 根本きこ
  3. Regular
  4. 根本きこの島ごはん
  5. よく切れる包丁 #根本きこの島ごはん

よく切れる包丁 #根本きこの島ごはん

根本きこの島ごはん

3,548

根本きこ

20170318_k_01

うちの2歳児にとって、親のすること兄妹のすることを模倣するのが「遊び」の基本になっている。とくに台所仕事にはそそられるみたいで、わたしが料理の仕込みをしていると、「なんかきるー」と言いながら、調理台にやってくる。

彼女の道具は丸いまな板と柄の黄色い子ども用包丁。確か、長男が生まれてまもない頃にデパートで買ったもの。メーカーはKIYA。先端が丸いだけで、切れ味は抜群にいい。なぜなら、わたしがしっかり研いでいるから。

20180316_k_02

それも最近は、久しぶりに砥石を新調した。荒研ぎ、中仕上げに加え、ダイアモンド砥石の3種類。しっかり水に浸したこれらの砥石で手持ちの包丁をシャーシャーと無言で研ぐ時間は、普段せわしい気持ちを整えるのに一役買っている。

20180316_s_01

よく切れる包丁、それからよく削れる鰹節削り(かんな)は素晴らしい。すぱっと大根でも切れば、体の中心にスーッとひと吹きの新鮮な風が流れるように感じる。鰹節のかたまりをシャシャッとやれば気分爽快。まさか日本刀を扱うことは皆無だけれど、あんなに長い刀で切る、というのはさぞかし……いやいや、危険な妄想だ。

だから子どもとはいえ、「よく切れる」という快感を知って欲しいなぁと思う。

今日は、島大根を切った。これをじゃこと根昆布でことこと煮込み、薄口醤油で味付けしたら、山盛りのサニーレタスを入れて出来上がり。沖縄では、おでんにレタスは定番。シャキシャキ感がとてもおいしい。2歳児には大根の皮を切ってもらった。慎重にかつ上手に切っている。

そのうち「銀杏切り」とか「さいのめ」とか覚えてくれると嬉しいな。

>>根本きこの島ごはんをもっと読みたい

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?