1. Home
  2. MIND
  3. 春分の日からの過ごし方:ハーブティーでストレス改善、未来への決意を固める日

春分の日からの過ごし方:ハーブティーでストレス改善、未来への決意を固める日

暮らしに活かす二十四節気

2,282

過ごしやすい穏やかな日が多くなってきました。あたたかくて生き生きとした春の陽射しは、真新しい自分に生まれ変わるような、晴れ晴れとした気持ちにさせてくれます。

暮らしに活かす二十四節気「春分」の過ごし方

20180316_shunbun0321_top

「春分(しゅんぶん)」

  • 毎年3月21日頃
  • 太陽と地球の関係:0度

今日(2018年3月21日)は、二十四節気の「春分」です。太陽が真東から昇って真西へ沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになることで知られていますね。この日を境に、だんだんと昼の時間が長くなり、ぽかぽかとした春らしい気候が続くようになります。

新生活シーズンに飲みたいハーブティー3選

180316_synnbun_1

image via shutterstock

春分の頃は、新年度を目前に誰もがリスタートするタイミング。新しい出会い、新しい環境、新しい習慣、新しい生活……「新しさ」にはワクワク感がつきものですが、その一方で、不安や緊張からストレスを抱えてしまうことも少なくありません。そんなときは植物の力を借りてみましょう。なかでもハーブティーは、気軽に試せるアイテムです。仕事や家事の合間に飲むコーヒーやお茶を、お好みのハーブティーにかえてみて。何を選んだらいいかわからない人は、以下を参考にしてみてください。

ペパーミント:清涼感のあるメンソールの香り。胃腸の調子を整える働きがあるといわれ、ストレスからくる食欲不振を緩和します。食後のティータイムにも◎。

ローズマリー:スッとしたスパイシーな香り。心身の疲れを癒し、ぼーっとした頭をスッキリさせる効果が期待できます。目覚めの1杯や仕事のブレイクタイムにぴったり。

オレンジピール:柑橘系の甘酸っぱい香り。不安や緊張をほぐして、気力を回復させる働きがあるといわれています。眠れない夜にもオススメです。

まずはカップに鼻を近づけて深呼吸を。ハーブティーの香りを深くかげば、植物の香りに心が癒されていくのを感じるはず。そして、あたたかなティーをゆっくりと飲みましょう。そうやって自分をいたわることが、春のストレス改善につながります。

新しい1年がはじまる春分の日にすべきことは?

180316_synnbun_2

image via shutterstock

二十四節気は、地球が太陽のまわりを回る軌道を15度ずつ24等分したもの。その起点(0度)が春分です。つまり今日、地球は太陽のまわりをぐるりと1周して出発点にもどり、また新しい1年をスタートさせたわけです。そういう意味で、春分の日は地球レベルの元日といえます。

「一年の計は元旦にあり」といいますが、自然(地球)のリズムで考えるならば「一年の計は春分にあり」といえるかもしれませんね。

大きな節目といえる春分の日には、種をまくのがオススメです。種といっても植物の種ではありません。「種」という言葉には、物事のはじまりや成り立ちの「もと」という意味があります。喜びの種、笑いの種、幸せの種……たくさんの種を心にまきましょう。春分は、過去の自分に区切りをつけて、未来に向かって決意をする日。種から芽がでて成長し、いつか大きな実を結びますように。

次に巡ってくる二十四節気は、「清明(2018年4月5日)」です。

イラスト・カイフチエリ

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    6. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    7. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    8. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    8. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    春分の日からの過ごし方:ハーブティーでストレス改善、未来への決意を固める日

    FBからも最新情報をお届けします。