1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 肌にも「五月病」ってあるの? 気象予報士に聞きました

肌にも「五月病」ってあるの? 気象予報士に聞きました

20180316_skincare_1

ポカポカした陽気に誘われて、心も足取りも軽やかに楽しみたい春。なのに、この季節を心から喜べない女性が多いのはなぜ? もしかしたら、この陽気や日差しこそが私たちのコンディションを乱している?

そんな疑問を抱きつつ、私たちのコンディションを乱す春の気候について話をうかがうために、気象予報士・長谷部愛さんのもとを訪ねました。

質問です。春に肌がゆらぐのはなぜ?

20180316_skincare_2

気象的にも、春は一年でもっとも変化のある季節」と語る長谷部さん。春にカラダや肌の調子を崩しやすいのは、春特有の気象条件も大きく関わっています。長谷部さんによれば、そのほか環境による影響などさまざまな理由がカラダや肌への負担となっているとのこと。

紫外線も気温も湿度も、大きく変化するのが春

春は季節の変わり目であることはわかっていても、何がどう私たちの体調や肌コンディションに関わっているかを知っている人は少ないかもしれません。長谷部さんの解説を聞くと、やけに合点のいくことばかり。

・気温差……一日ごとの気温差だけでなく、 朝晩と昼の気温差が一年でもっとも大きいのが4月。気温差によって、風邪や頭痛、倦怠感などの不調が起こりやすくなります。

・湿度……東京はこの50年で湿度が2%ほど下がっています。夏と秋は大差ありませんが、顕著なのが春と冬。コンクリート化によって水分を蓄えて放出する土が覆われてしまったことが理由のひとつ。空気の乾きはウイルスを蔓延させるほか、のどなどの粘膜や肌の乾燥の一因に。

・紫外線……3月から次第に強くなる紫外線。5月の晴天時や梅雨の晴れ間は真夏に匹敵するほどの紫外線量ですので、油断せずにUVケアを心がけて。

冬至からだんだん日が長くなり、暖かな陽気のもとで活動時間が長くなる春。加えて、新年度で環境が変わって肉体的にも精神的にも疲れやすく、体調不良や肌トラブルを引き起こしやすいのが春といえます。

「五月病」はよく知られていますが、肌にも気象環境の変化によって起こる「五月病」があるのは確かなようです。

花粉やPM2.5も「肌の五月病」につながる?

アレルギー症状を引き起こす物質として、有名なのは花粉。花粉が肌に付着することでアレルギー反応が起こり、かゆみやヒリヒリの原因となることがわかっています。5月になれば花粉の飛散は落ち着きますが、過敏になった肌はちょっとした刺激でも炎症を繰り返すことに。

アレルギー症状を引き起こす物質として、花粉と並べて語られることが多いのが「PM2.5」や「黄砂」。このPM2.5がサイズのことだとは意外に知られていないかもしれません。髪の毛の太さの30分の1以下と非常に小さい微小粒子状物質の総称なのです。

「春の霞」が出た日は要注意

20180316_skincare_3

平安時代から和歌などで詠まれ続けてきた「春の霞」。現代でも俳句の季語とされ、春の山野に立ち込める水蒸気を表す風情ある言葉ですが、「残念ながら気象予報士としては、マスク着用を呼びかけたい日ですね」と長谷部さん。

春に霞がかる日が多いのは、気温が上がり、上昇気流にのってチリやホコリが舞い上がってしまうため。大陸から流れてきた汚染濃度の高いPM2.5や黄砂が風にのってやってくる時期でもあるので、肌にとっても注意が必要です。

肌をあきらめない。いつも美しくいたい女性におくるヒント

春に、多くの女性が抱える「肌の五月病」ともいえる症状。とくに顔の肌はデリケートなだけに、どうしたらいいかわからず、逆効果なお手入れをしてしまうことも。そんな悩める女性たちを救うべく、さまざまな情報を集めてみました

くり返す乾燥肌を本気で「治したい」なら。乾いた女のためのローション

20180316_skincare_5

乾燥が原因の「初期老化」の進み方、年々肌が乾いてくるのはなぜ? や、要注意の習慣は? などに女医がアンサー。保湿しても保湿してもしっとり感が続かない、目元のちりめんジワが気になって笑えない......。そんな女性は必読です。記事はこちら

ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

20180316_skincare_6

ヘアメイクアーティストに聞いた、外国人のように目と眉を近づけるメイクや、 腫れぼったいまぶたをすっきり見せるメイクテクをはじめ、アイメイクをするとかぶれてしまう……など、目元の悩みに答えた記事がこちら。自分らしく春メイクを楽しみたい人におすすめです。記事はこちら

花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

20180316_skincare_4

花粉の肌トラブルの大敵は「乾燥」、乾燥肌と花粉症の関係性は? などの疑問に、皮膚科医がわかりやすく答えた記事。正しいスキンケア方法と肌トラブルに有効な成分、ドラッグストアで手軽に買えるおすすめケアアイテムを紹介しています。記事はこちら

肌トラブルを抱えても、「肌をあきらめない」という女性の背中を押すヒントの数々。花粉症だから、春だから仕方ないという思いに別れを告げ、肌の美しさのために前向きにチェックしてみてください。

小林製薬 スキンケア医薬品

20180316_skincare_profile

長谷部 愛さん

2012 年に資格を取得し、TBSラジオ・Yahoo!天気動画を中心に気象情報を伝えている。気象現象からつながる健康・歴史や芸術など幅広く学ぶ。4月からは東京造形大学の特任教授として教鞭をとる。ウェザーマップ所属。

Sponsored by 小林製薬株式会社

取材・文/大森りえ、photo by Shutterstock

Sponsored by 小林製薬株式会社

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    肌にも「五月病」ってあるの? 気象予報士に聞きました

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More