1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 使うのは水だけ! ミニマルライフを実現するメイク落とし

使うのは水だけ! ミニマルライフを実現するメイク落とし

1,394

奥田景子

「少ないことは豊かなこと」と訳されるLess is more(レス・イズ・モア)は、シンプルでミニマルなライフスタイルへ道案内してくれる言葉。余計なものはそぎ落とし、自分にとって、本当に大切なものにフォーカスすることがミニマルのベースになります。

ミニマルライフを実現してくれるアイテム

20180315_make

イタリアから日本に初上陸の「Fourskin(フォースキン)」というグローブ型のメイク落としは、「自分にとって、大切で必要なものを選ぶ」というミニマルライフを実現してくれるプロダクトです。

20180315_make1

スターターセット(グローブ、抗菌シルバー・スタンド、収納用の袋):7,776円(税込) 交換用グローブ単品:5,616円(税込) ※グローブは約6ヶ月間使用可能

今までは、クレンジングの後に洗顔と、肌に負担と手間をかけていたメイク落とし。Fourskinは、メイクを水だけで落とし、肌の古い角質まで落とせるので、お手入れをよりシンプルなものにしてくれそう。素材に使われているのは、イタリア製のエコテックス規格100クラス1(グレーの面)と2(ホワイトの面)の生地。メイクを落とすのはマイクロファイバーのグレーの面で、古い角質を除去するのは銀(Ag+)イオンのイタリアン・シルバー入りのホワイトの面で、と二段階のお手入が可能に。

イタリアらしくデザインにもこだわり、バスルームに置いてもスタイリッシュな印象。必要ないものが何も置かれていないシンプルなバスルームは、お掃除もしやすく、空間まで心地よさをキープしてくれます。

素肌に優しく安心して使い続けられる

Fourskinには、化学物質の心配がなく、肌の保湿成分も落とし過ぎないという自分自身に優しいもの。ニッケル、パラベン、防腐剤、シリコン、石油系合成成分、硫酸系化合物など、アレルギー反応を起こす疑いがある物質を除いてつくられ、安全で長く使えるという環境や持続可能な社会への配慮もあります。そして、商品の売上金の一部(グローブ価格の約4%の200円)が、女性支援活動に寄付されています。

Fourskinは、シンプルに賢く暮らすライフスタイルは、未来を豊かにするのではないか、と提言されたエシカルなプロダクト。3月20日からオフィシャルサイトより購入ができます。 自分に必要な最小限のもの、大切にしたいものを選ぶことを心がけることで、美しい素肌と豊かで幸せな生活も手に入れることができそうです。

Fourskin

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?