1. Home
  2. SPORTS
  3. ヨガインストラクター村上華子さん|My Favorite Sports vol.005

ヨガインストラクター村上華子さん|My Favorite Sports vol.005

My Favorite Sports

2,361

自分なりにスポーツを楽しんでいる女性たちに、その競技についてうかがう連載「My Favorite Sports」。第5回目となる今回、ご登場いただいたのは、ヨガインストラクターとして活躍する村上華子さん。

mfs005_01

▼氏名:村上 華子

▼年齢:43歳

▼職業:ヨガインストラクター

▼ハマっているスポーツ:ヨガ

▼競技歴:14年

▼頻度:ほぼ毎日やっていますが、日によって時間はバラバラです。時間があれば寝る前に1時間やることもありますし、逆に眠い時はベッドの上で身体をねじったり、呼吸を整えるくらいで5分だけの時もあります。

Q:ヨガはどこでやっていますか?

自宅または、スタジオがある銀座エリア

Q:ヨガを始めたきっかけは?

ストレス解消が目的でした。昔はストレスが溜まると飲んで遊ぶ、倒れるまで遊ぶってことをやっていたんですけど(笑)、30歳前後にリカバリーができなくなって……。

金曜に遊んで月曜まで引きずるみたいになってしまったので、コレは良くないと反省し、ヨガをはじめたのがきっかけです。

Q:ヨガをはじめて良かったことは?

気分のアップダウンを軌道修正できるようになりました。

ヨガを極めると、心の波が立たないって言うんですけど、わたしはまだまだ。でも、元気がないときは大きい筋肉を動かしたり、呼吸を深くしたりするとリフレッシュできますね。そういう意味で、ある程度コントロールできるようになったのは良かったことです。

Q:ヨガの楽しいところは?

肉体を使うことだけではなく、ヨガは哲学を持っているので、頭で考えるお勉強カテゴリーもあるところ。あと、ひとつのポーズでも、アプローチの方法によって心身に受ける体感が変わるところ。

Q:ヨガを本格的に学び始めたきっかけは?

ヨガをはじめて2年くらい経ったころに、尊敬している棉本 彰先生に出会ったのがきっかけです。

先生の著書を読んで、すごく共感できる部分が多かったのと、ちょうどティーチャートレーニングの募集をしていて。ピンときたので、すぐに申し込みました。

でも、講習が毎週金曜に朝から夜まであったので、思い切って会社も辞めました。

Q:ヨガの難しいところは?

集中力が必要なところ。日によって集中の加減はまちまちなので、心のコントロールはウナギをつかむような感じですね。

Q:ヨガにおける目標はありますか?

ヨガの実践についての目標は特にありません。誰かと競うものでもありませんし、数値的なゴールもないので。ただ、自分の年齢と体調にあわせて淡々と続けていき、その時々の景色で見える、心と体の発見をできるだけ経験したいですね。来世あたりに解脱できたら自慢したいですね(笑)。

mfs005_02

バガヴァッドギータはヨガ哲学の本(中央)で、表紙の絵をクラスで見せるそう。左の本は、呼吸と瞑想のやり方がたくさん書いてあるので、自分で練習したり、クラスの実践に役立てているそうです。右の水筒はヨガをするときに必須で、冬は杜仲茶(+シナモン)で、夏はぬるめの白湯を入れているとか。

Q:ヨガをするうえでのお気に入りアイテムは?

(1枚目の写真にて着用しているウエアの)「スリア」は欠かせません。最近のウエアは楽だけどだらしなく見えないものが多いので、自宅でも部屋着感覚でよく着ていますね。

Q:ご自身にとって、ヨガとは?

気持ちよく生きるための、人生の杖。


撮影/内山めぐみ

Tadack(Green House)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン