1. Home
  2. EAT
  3. ハリ肌と強い骨を作るための意外な共通点って?

ハリ肌と強い骨を作るための意外な共通点って?

ポジティブ栄養学

1,246

ボディパーツのなかで、女性が気になるものといえばやっぱり肌。赤ちゃん肌を目指してコツコツ努力をしている人も少なくないと思います。

しかしその一方で、骨を意識することはあまりないかもしれません。女性は男性に比べ骨が弱くなりやすい傾向にあり、閉経を迎える頃になるとより顕著に。骨粗しょう症になることもあるから気になります。実は、ハリ肌と骨には意外な共通点があるんです。

骨にとっても大事な栄養「コラーゲン」

20180314_nutrition

image via Shutterstock

ここでひとつ質問。骨は何からできているか知っていますか? カルシウムを思い浮かべる人が多いかと思いますが、ほかにも大事なものがあります。それはコラーゲン

骨はよく鉄筋コンクリートにたとえられます。建物を造るとき、まず鉄筋で土台を作ってからコンクリートで表面を固めていきますが、この、鉄筋部分を担っているのがコラーゲンなのです。そしてコンクリートの役割を果たすのがカルシウムなどのミネラル。コラーゲンは、カルシウムが骨にくっつくための土台となっているのです。体内でコラーゲンを作る材料といえば、タンパク質と鉄、ビタミンCの3つ。骨自体がやせてしまわないよう、カルシウムと併せてこれらの栄養をとることが骨を強くすることにつながっていきます。

栄養で、骨も肌も髪もまるごとケア

タンパク質が多いのは、言わずと知れた肉魚卵、そして大豆製品。鉄が多いのはレバーやあさり、煮干しなど。ビタミンCが多いのはブロッコリーやイチゴ、柑橘類などが挙げられます。

この3つを一度にとることができる料理といえばステーキ! 牛の赤身肉にはタンパク質と鉄が、ブロッコリーを添えればビタミンCがとれます。毎日とは言わずとも、定期的に食べて欲しいメニューです。

そして焼肉屋さんに行くなら、牛肉にサンチュをたっぷり巻いて。カルシウムも一緒にとることができます。焼肉屋さんならレバーなどホルモン系のメニューもいろいろあるので、ミネラルが強化できるのもうれしいところです。

肉食でハリ肌ケアをしながら骨もケア。しかも鉄やタンパクは髪のためにも欠かせない栄養素なので、ツヤ髪ケアまで網羅できます。これもオーソモレキュラー栄養医学の魅力。10年後、20年後もアクティブな自分でいるために、今から少しずつ始めるのもよさそうです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    ハリ肌と強い骨を作るための意外な共通点って?

    FBからも最新情報をお届けします。