1. Home
  2. EAT
  3. ハリ肌と強い骨を作るための意外な共通点って?

ハリ肌と強い骨を作るための意外な共通点って?

ポジティブ栄養学

1,346

ボディパーツのなかで、女性が気になるものといえばやっぱり肌。赤ちゃん肌を目指してコツコツ努力をしている人も少なくないと思います。

しかしその一方で、骨を意識することはあまりないかもしれません。女性は男性に比べ骨が弱くなりやすい傾向にあり、閉経を迎える頃になるとより顕著に。骨粗しょう症になることもあるから気になります。実は、ハリ肌と骨には意外な共通点があるんです。

骨にとっても大事な栄養「コラーゲン」

20180314_nutrition

image via Shutterstock

ここでひとつ質問。骨は何からできているか知っていますか? カルシウムを思い浮かべる人が多いかと思いますが、ほかにも大事なものがあります。それはコラーゲン

骨はよく鉄筋コンクリートにたとえられます。建物を造るとき、まず鉄筋で土台を作ってからコンクリートで表面を固めていきますが、この、鉄筋部分を担っているのがコラーゲンなのです。そしてコンクリートの役割を果たすのがカルシウムなどのミネラル。コラーゲンは、カルシウムが骨にくっつくための土台となっているのです。体内でコラーゲンを作る材料といえば、タンパク質と鉄、ビタミンCの3つ。骨自体がやせてしまわないよう、カルシウムと併せてこれらの栄養をとることが骨を強くすることにつながっていきます。

栄養で、骨も肌も髪もまるごとケア

タンパク質が多いのは、言わずと知れた肉魚卵、そして大豆製品。鉄が多いのはレバーやあさり、煮干しなど。ビタミンCが多いのはブロッコリーやイチゴ、柑橘類などが挙げられます。

この3つを一度にとることができる料理といえばステーキ! 牛の赤身肉にはタンパク質と鉄が、ブロッコリーを添えればビタミンCがとれます。毎日とは言わずとも、定期的に食べて欲しいメニューです。

そして焼肉屋さんに行くなら、牛肉にサンチュをたっぷり巻いて。カルシウムも一緒にとることができます。焼肉屋さんならレバーなどホルモン系のメニューもいろいろあるので、ミネラルが強化できるのもうれしいところです。

肉食でハリ肌ケアをしながら骨もケア。しかも鉄やタンパクは髪のためにも欠かせない栄養素なので、ツヤ髪ケアまで網羅できます。これもオーソモレキュラー栄養医学の魅力。10年後、20年後もアクティブな自分でいるために、今から少しずつ始めるのもよさそうです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    3. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    4. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    5. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    6. 人生のどん底を経験した女性たち。どのようにして立ち直ったのか?

    7. 栄養学者が毎日摂っている12項目ってなに?

    8. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    9. モデルKellyが実践する「キヌア」のトリセツ

    10. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    4. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    5. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    6. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    7. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    8. まずおさえるべき、絶対に痩せるコツ【痩せるカラダを作る方法】

    9. 怒りを上手にコントロールする6つの方法

    10. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    3. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    4. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    5. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    6. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    7. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    8. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. レモンウォーターは本当に健康の効果があるの? 2週間試してみた結果

    10. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    ハリ肌と強い骨を作るための意外な共通点って?

    FBからも最新情報をお届けします。