1. Home
  2. EAT
  3. ハリ肌と強い骨を作るための意外な共通点って?

ハリ肌と強い骨を作るための意外な共通点って?

ポジティブ栄養学

1,922

吉川圭美

ボディパーツのなかで、女性が気になるものといえばやっぱり肌。赤ちゃん肌を目指してコツコツ努力をしている人も少なくないと思います。

しかしその一方で、骨を意識することはあまりないかもしれません。女性は男性に比べ骨が弱くなりやすい傾向にあり、閉経を迎える頃になるとより顕著に。骨粗しょう症になることもあるから気になります。実は、ハリ肌と骨には意外な共通点があるんです。

骨にとっても大事な栄養「コラーゲン」

20180314_nutrition

image via Shutterstock

ここでひとつ質問。骨は何からできているか知っていますか? カルシウムを思い浮かべる人が多いかと思いますが、ほかにも大事なものがあります。それはコラーゲン

骨はよく鉄筋コンクリートにたとえられます。建物を造るとき、まず鉄筋で土台を作ってからコンクリートで表面を固めていきますが、この、鉄筋部分を担っているのがコラーゲンなのです。そしてコンクリートの役割を果たすのがカルシウムなどのミネラル。コラーゲンは、カルシウムが骨にくっつくための土台となっているのです。体内でコラーゲンを作る材料といえば、タンパク質と鉄、ビタミンCの3つ。骨自体がやせてしまわないよう、カルシウムと併せてこれらの栄養をとることが骨を強くすることにつながっていきます。

栄養で、骨も肌も髪もまるごとケア

タンパク質が多いのは、言わずと知れた肉魚卵、そして大豆製品。鉄が多いのはレバーやあさり、煮干しなど。ビタミンCが多いのはブロッコリーやイチゴ、柑橘類などが挙げられます。

この3つを一度にとることができる料理といえばステーキ! 牛の赤身肉にはタンパク質と鉄が、ブロッコリーを添えればビタミンCがとれます。毎日とは言わずとも、定期的に食べて欲しいメニューです。

そして焼肉屋さんに行くなら、牛肉にサンチュをたっぷり巻いて。カルシウムも一緒にとることができます。焼肉屋さんならレバーなどホルモン系のメニューもいろいろあるので、ミネラルが強化できるのもうれしいところです。

肉食でハリ肌ケアをしながら骨もケア。しかも鉄やタンパクは髪のためにも欠かせない栄養素なので、ツヤ髪ケアまで網羅できます。これもオーソモレキュラー栄養医学の魅力。10年後、20年後もアクティブな自分でいるために、今から少しずつ始めるのもよさそうです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

    Ranking

    1. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    4. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. 2021年3月1日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    8. アルコール消毒と手洗いどっちが効果的? 今さらすぎて聞けなかった感染予防の基礎知識

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 温まるし、美肌作りにもぴったり。自宅で「炭酸風呂」を楽しむ方法

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    10. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら