1. Home
  2. EAT
  3. 女医に聞く、初心者向けのファスティング(プチ断食)術

女医に聞く、初心者向けのファスティング(プチ断食)術

5,279

小竹美沙

ホリスティック医療のアプローチを行う医師・山崎まいこ先生は「気軽においしく滞りのない体にみちびくためにHOPE&ファスティング」を提唱しています。ここでいうファスティングとは、ダイエットや、健康維持、アンチエイジングなどを目的に水や酵素ドリンクを取りながら固形物を食べないプチ断食期間を作るというもの。健康・美容意識の高い女性の間でも取り入れる人が増えてきているよう。そこで、山崎先生に初心者でも取り入れられるファスティングのはじめ方やファスティングについての疑問をぶつけてみました。

ファスティングのメリット・デメリットとは?

20180309_mhs

image via Shutterstock

——初心者におすすめのファスティング方法は?

山崎先生「まずは、1日だけ断食するショートファスティングがおすすめです。ショートファスティングだと、1日お休みがあればできるので、お仕事をされている方でも週末に取り入れやすいですし、空腹感が心配な方でも『思ったほど辛くなかった』といわれる人がほとんどです」

——ファスティングのメリット・デメリットは何?

「メリットとしては、腸の宿便が取れ、細胞内毒素の排泄ができること、免疫力の向上、体内酵素の活性化、むくみの改善、全身の臓器の休養、心身の若返りのサポート、ダイエット効果などが期待できます。デメリットについては特にありませんが、きちんとした知識をもってファスティングをしないと、めまいやふらつきが出たり、逆に悪玉菌が増えて腸内環境が悪化したり、リバウンドするということもあります」

頻度は?ファスティングは3カ月に1度を目安に

「アレルギーやアトピー性皮膚炎などすでに症状があり、他の治療と並行していく場合は月に1回を指導しています。アンチエイジングや健康維持目的の方は、1シーズンに1回は行っていただくと良いです。 1シーズンとは春夏秋冬のことで、3カ月に一度くらいと考えてもらえればと思います。もちろん、それ以外にも飲み会の続いた後や、自分自身が食べ過ぎているな、食生活が乱れているな、と感じるときにしていただければ大丈夫です。より早く体感したい方には3日間ファスティングコースをおすすめしています」

ファスティングで気をつけるべきこと、アフターケアは?

——ファスティングを行ってはいけない、またはおすすめできないという人は?

妊娠中や授乳中の方、病気や低栄養、体調のすぐれない方はできません。また、断食の日よりも回復食の日の方がより重要で、回復食に適当なものを食べると、腸に負担がかかり、腸内細菌叢がファスティング前よりも悪化することもあるので、回復食をきちんと準備できない方はおすすめできません。断食後は、赤ちゃんの腸になったつもりで、食事を考えていただければと思います。また、食事以外では、激しい運動を急にしないようにする、仕事などで多忙が予想される時期は避けて、ファスティング後の時間をリラックスして過ごせる時期にするようにされるとよいですよ

——どのようにファスティングを行っている? その際に心がけていることは?

「はい、たまに実践しています。もともと低血糖になりやすいので、ファスティング中は酵素ドリンクをこまめに補給するようにしています。またストレスなくファスティングを行うことが大切だと考えているので、回復食に作るお味噌汁のお味噌にこだわったり、好きなお野菜を選んだり、こだわりの土鍋でお粥を作ったりして、楽しみながら行っています」

20180309_.mhs1jpg

クリニック内観と山崎まいこ医師

山崎先生にお話をうかがってから、ますますファスティングに興味が湧きました。また、自己流ではなく、正しい知識に基づいて続けることで心身の平穏を得ることができそうです。

お話を伺った方:山崎まいこ先生(まいこ ホリスティック スキン クリニック院長)

まいこ ホリスティック スキン クリニック

    specialbanner

    Ranking

    1. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    4. つらい断食はもうやめた。週1回、16時間のプチ断食で内臓リセット

    5. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    6. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    9. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら