1. Home
  2. EAT
  3. 簡単おもてなしおかず。スウェーデン料理「ハッセルバックポテト」レシピ

簡単おもてなしおかず。スウェーデン料理「ハッセルバックポテト」レシピ

1,626

何かとパーティーやお祝いごとが多い春。いつもより少し特別な食卓を演出する機会も増えてきます。そんなとき意外と困るのは、メイン料理よりもつけあわせの料理。

今回は、簡単で存在感もたっぷりのスウェーデン料理「ハッセルバックポテト」の作り方とヘルシーなアレンジ方法ご紹介します。

ハッセルバックポテトの作り方:細く切れ目を入れて、焼くだけ

20180308_poteto

image via Shutterstock

<作り方>

  1. 皮つきのじゃがいもを端から端まで細く切れ目を入れていきます。2ミリから5ミリ幅が理想。小ぶりのじゃがいもだとつけあわせにピッタリ。
  2. 数分水にさらして、水気をよく切る。
  3. オリーブオイルやバターなどを刷毛で塗り、オーブンやスキレットでじゃがいもがきれいに開くまで焼く。

この切れ目に好きな具材を挟んで焼くと、色々な味が楽しめて見た目もはなやかに。基本的には「切って焼く」だけの工程。ほぼオーブン任せなのでとても簡単です。

シンプルながらとてもきれいなハッセルバックポテトを投稿されていた、ここあんの素さんに作りかたのポイントを伺ってみました。

「完成時にきれいに開くためには、でんぷん質を落とすこと。薄く切ったら濁りがなくなるまで水洗いするか、水にさらした後はよく拭き取ってから調理しましょう。 また最後まで切ってしまわないように、じゃがいもを割り箸などで挟んで置いておくと失敗しにくいですよ。」

切り込みを入れるとき、うっかり下まで切り落としてしまっては失敗に。 最後まで切らずにきれいに切り込みを入れるためには、切りすぎ防止で割り箸を使うことがいいそうです。

ヘルシーに食べたいなら、旬の新ジャガを使おう

じゃがいもを丸ごと食べる料理なので、カロリーなどを気にする人も多いはず。ベーコンやチーズなどを挟むのはもちろんおいしそうですが、もっとヘルシーに食べたいときはどうしたらいいのでしょうか

フードスタイリスト、フードコーディネーターとして活躍するtomomi yasuiさんにお話を伺ってみました。

「オリーブオイルを使っていますが、油を使いすぎず、面倒でも余分な油を拭き取るようにすることですね。 また今が旬の新ジャガは、素材だけで甘味があります。味つけを濃くしなくてもおいしいので、ヘルシーにいただきたい人は今がおすすめですよ。」

ちょうど今が旬の新ジャガ。ハッセルバックポテトにはピッタリのようです。

他にも大人向けのアレンジとしてはハーブを使ってみたり

ネギ味噌とチーズを使って和風にアレンジしてみたりと様々。

そのときの気分やメンバーで雰囲気をガラリと変えられるハッセルバックポテトは、つけあわせでも主役級のおいしさです。 新ジャガが旬の今、ぜひ試してみたいメニューですね。

横山かおり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    簡単おもてなしおかず。スウェーデン料理「ハッセルバックポテト」レシピ

    FBからも最新情報をお届けします。