1. Home
  2. EAT
  3. 簡単おもてなしおかず。スウェーデン料理「ハッセルバックポテト」レシピ

簡単おもてなしおかず。スウェーデン料理「ハッセルバックポテト」レシピ

3,593

横山かおり

何かとパーティーやお祝いごとが多い春。いつもより少し特別な食卓を演出する機会も増えてきます。そんなとき意外と困るのは、メイン料理よりもつけあわせの料理。

今回は、簡単で存在感もたっぷりのスウェーデン料理「ハッセルバックポテト」の作り方とヘルシーなアレンジ方法ご紹介します。

ハッセルバックポテトの作り方:細く切れ目を入れて、焼くだけ

20180308_poteto

image via Shutterstock

<作り方>

  1. 皮つきのじゃがいもを端から端まで細く切れ目を入れていきます。2ミリから5ミリ幅が理想。小ぶりのじゃがいもだとつけあわせにピッタリ。
  2. 数分水にさらして、水気をよく切る。
  3. オリーブオイルやバターなどを刷毛で塗り、オーブンやスキレットでじゃがいもがきれいに開くまで焼く。

この切れ目に好きな具材を挟んで焼くと、色々な味が楽しめて見た目もはなやかに。基本的には「切って焼く」だけの工程。ほぼオーブン任せなのでとても簡単です。

シンプルながらとてもきれいなハッセルバックポテトを投稿されていた、ここあんの素さんに作りかたのポイントを伺ってみました。

「完成時にきれいに開くためには、でんぷん質を落とすこと。薄く切ったら濁りがなくなるまで水洗いするか、水にさらした後はよく拭き取ってから調理しましょう。 また最後まで切ってしまわないように、じゃがいもを割り箸などで挟んで置いておくと失敗しにくいですよ。」

切り込みを入れるとき、うっかり下まで切り落としてしまっては失敗に。 最後まで切らずにきれいに切り込みを入れるためには、切りすぎ防止で割り箸を使うことがいいそうです。

ヘルシーに食べたいなら、旬の新ジャガを使おう

じゃがいもを丸ごと食べる料理なので、カロリーなどを気にする人も多いはず。ベーコンやチーズなどを挟むのはもちろんおいしそうですが、もっとヘルシーに食べたいときはどうしたらいいのでしょうか

フードスタイリスト、フードコーディネーターとして活躍するtomomi yasuiさんにお話を伺ってみました。

「オリーブオイルを使っていますが、油を使いすぎず、面倒でも余分な油を拭き取るようにすることですね。 また今が旬の新ジャガは、素材だけで甘味があります。味つけを濃くしなくてもおいしいので、ヘルシーにいただきたい人は今がおすすめですよ。」

ちょうど今が旬の新ジャガ。ハッセルバックポテトにはピッタリのようです。

他にも大人向けのアレンジとしてはハーブを使ってみたり

ネギ味噌とチーズを使って和風にアレンジしてみたりと様々。

そのときの気分やメンバーで雰囲気をガラリと変えられるハッセルバックポテトは、つけあわせでも主役級のおいしさです。 新ジャガが旬の今、ぜひ試してみたいメニューですね。

    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら