1. Home
  2. EAT
  3. 簡単おいしい定番おかず。にんにく香る鶏肉の香味ソテー

簡単おいしい定番おかず。にんにく香る鶏肉の香味ソテー

3,386

MYLOHAS編集部

手軽な高タンパク食材「鶏もも肉」をふっくらジューシーに。フライパン1つでできる簡単おいしい定番おかず「鶏肉の香味ソテー」のレシピをご紹介。味の決め手は、にんにくとお酢とほんの少しの豆板醤!

鶏肉の香味ソテー

180305_dp_top

鶏肉のレシピは数あれど、つい同じような味付けになってしまうとお悩みの人にぴったりの香味ソテー。皮をとってヘルシーに、ただの照り焼きにはない味付けで香ばしさと爽やかさをプラスします。

<材料>1人分

  • 鶏もも肉 100g
  • サラダ油 小さじ1/2
  • 生姜 ひとかけ
  • にんにく 1片
  • ★穀物酢 大さじ2
  • ★醤油 小さじ5/6
  • ★砂糖 小さじ1
  • ★みりん 小さじ1
  • ★豆板醤 少々
  • サニーレタス 10g
  • ミニトマト 30g

<作り方>

  1. 鶏もも肉の皮をとり、食べやすい大きさに切ります。サニーレタスは食べやすい大きさに手でちぎります。
  2. にんにく、生姜をみじん切りにします。★印をすべて合わせておきます。
  3. 熱したフライパンにサラダ油をひき、にんにく、生姜を炒め、鶏肉を焼き、焦げ目がついたら蓋をして蒸し焼きにします。
  4. (3)に(2)で作った★印のタレを回しかけてからめます。サニーレタス、ミニトマト、と共に皿に盛って完成です。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

にんにくに含まれるアリシンは、ビタミンB1と組み合わせることでアリチアミンという成分に変化し、長時間体内でビタミンB1の効果を発揮します。ビタミンB1は糖質を効率よくエネルギーに代謝する作用がありますので、ダイエットをしている方には欠かせない栄養素。また、新生活がはじまり環境が変化することでストレスを感じやすくなったり、日差しが強くなる季節は紫外線にあたる機会も増えたりと活性酸素も発生しやすくなります。ダイエット効果だけでなく、にんにくには強い抗酸化作用もありますのでアンチエイジングにも効果が期待できます。

(管理栄養士:服部麗)

>>体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

こんなレシピも人気です!

レシピ提供:ダイエットプラス

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由