1. Home
  2. EAT
  3. 家カレーが変わる。自分で作る魔法のスパイス「ガラムマサラ」レシピ

家カレーが変わる。自分で作る魔法のスパイス「ガラムマサラ」レシピ

4,182

クリハラチナツ

おうちで作るカレー。りんごを入れたり、飴色に炒めた玉ねぎを入れる、などおいしくする秘訣はいろいろあります。各家庭で工夫の仕方が違って面白いものですが もうちょっと味に本格的な深みを出せたら、なんて思います。そんな時におすすめなのが魔法のスパイス「ガラムマサラ」です。

仕上げに入れれば一気に本格的

20180305_carry

いろんなスパイスがバランスよく配合されたインド発祥のブレンドスパイス。主に仕上げに使われるスパイスのことなのだとか。インドでは各家庭で手作りしているのだそうです。 日本では普段から家にガラムマサラあります!ということはあまりないですし、何が入っているかわからない部分が多いですよね。基本的な配合がわかれば自分でも作れるかも......。 FOODIEスパイス専門店<朝岡スパイス>の渡部美和さんと作るガラムマサラレシピがありましたのでご紹介します。

魔法のスパイス「ガラムマサラレシピ」

20180305_carry1

作り方はティースプーンでどんどん加えて混ぜるだけでとっても簡単。 気になるその配合は以下の表から。

20180305_carry2

基本の配合レシピを少しアレンジして自分流に作るのも楽しみの一つ。ナンの時、ライスの時でも仕上がりが違えばおいしさをさらに楽しめそうです。 ガラムマサラは本来作り置きせずその都度作るのだそう。新鮮なうちに使うことがおすすめです。 煮込む際もさっと火を通すようにして加熱しすぎは避けましょう。レトルトカレーでも味の違いがはっきりわかるそうですよ。炒め物やスープなどにも加えてもいつもと違った風味を味わえそうです。

スパイスを作る、という作業だけでもそこからいつもとは違う雰囲気が出るもの。ちょっと凝ったカレーで食べる人を驚かせてみたいですね。

FOODIE

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら