1. Home
  2. EAT
  3. 家カレーが変わる。自分で作る魔法のスパイス「ガラムマサラ」レシピ

家カレーが変わる。自分で作る魔法のスパイス「ガラムマサラ」レシピ

1,994

クリハラチナツ

おうちで作るカレー。りんごを入れたり、飴色に炒めた玉ねぎを入れる、などおいしくする秘訣はいろいろあります。各家庭で工夫の仕方が違って面白いものですが もうちょっと味に本格的な深みを出せたら、なんて思います。そんな時におすすめなのが魔法のスパイス「ガラムマサラ」です。

仕上げに入れれば一気に本格的

20180305_carry

いろんなスパイスがバランスよく配合されたインド発祥のブレンドスパイス。主に仕上げに使われるスパイスのことなのだとか。インドでは各家庭で手作りしているのだそうです。 日本では普段から家にガラムマサラあります!ということはあまりないですし、何が入っているかわからない部分が多いですよね。基本的な配合がわかれば自分でも作れるかも......。 FOODIEスパイス専門店<朝岡スパイス>の渡部美和さんと作るガラムマサラレシピがありましたのでご紹介します。

魔法のスパイス「ガラムマサラレシピ」

20180305_carry1

作り方はティースプーンでどんどん加えて混ぜるだけでとっても簡単。 気になるその配合は以下の表から。

20180305_carry2

基本の配合レシピを少しアレンジして自分流に作るのも楽しみの一つ。ナンの時、ライスの時でも仕上がりが違えばおいしさをさらに楽しめそうです。 ガラムマサラは本来作り置きせずその都度作るのだそう。新鮮なうちに使うことがおすすめです。 煮込む際もさっと火を通すようにして加熱しすぎは避けましょう。レトルトカレーでも味の違いがはっきりわかるそうですよ。炒め物やスープなどにも加えてもいつもと違った風味を味わえそうです。

スパイスを作る、という作業だけでもそこからいつもとは違う雰囲気が出るもの。ちょっと凝ったカレーで食べる人を驚かせてみたいですね。

FOODIE

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由