1. Home
  2. MIND
  3. 啓蟄の日からの過ごし方:苦味で体をデトックス! 休日は春を感じてリフレッシュを

啓蟄の日からの過ごし方:苦味で体をデトックス! 休日は春を感じてリフレッシュを

暮らしに活かす二十四節気

3,900

景山えりか

大寒の頃と比べて陽射しがあたたかくなってきました。ファッションやメイクに、春らしさをとり入れたい気分になりますね。時折、寒さがぶりかえしますが、自然界は着実に春めいてきています。

暮らしに活かす二十四節気「啓蟄」の過ごし方

0302_keichitsu_top

「啓蟄(けいちつ)」

  • 毎年3月6日頃
  • 太陽と地球の関係:345度

今日(2018年3月6日)は、二十四節気の「啓蟄」です。「啓」という字には、闇に光がさしてきて夜が明ける、という意味があります。「蟄」は、虫などが土の中に隠れて、とじこもることです。つまり啓蟄とは、土の中で冬ごもりをしていた虫たちが、陽射しのあたたかさを感じて出てくる頃。自然界はいよいよ春らしく、活動的になってきます。

冬ごもりをしない私たちにとって啓蟄は、冬の間にため込んでしまった老廃物を排出すべきタイミングといえます。ここ数ヵ月間は、クリスマスや年末年始のイベント、バレンタインと、ごちそうやお酒、甘い物をいただく機会が多かったはず。とくに最近、体が重く感じる、吹き出物が気になるという人は、デトックスを心がけましょう。その方法はいろいろありますが、自然のめぐりに合わせた養生では「苦味」を活用します。

山菜の苦味で春先の体を整える

0302_keichitsu_1

image via shutterstock

苦味は体を目覚めさせ、春先の体調を整えると考えられています。この時期におすすめの苦味食材は、なんといっても山菜です。ワラビやゼンマイ、うど、ふきのとう、タラの芽など、手に入りやすいものを日々のメニューに取り入れてみましょう。旬の味覚を味わいつつ、養生にもつながって一石二鳥です。

毎年啓蟄の頃になると、私は明日葉やよもぎ、菜の花などが無性に食べたくなります。陽気の変化に体が自然と反応して、本能的に苦味を欲するのかもしれません。自宅で天ぷらやおひたしを作ることもありますが、ランチで外食をするときは山菜そばなどを選んで苦味を味わいます。そんな食生活を「春分」の頃まで続けると、体の内側からスッキリを実感。体重が減るわけではありませんが、フットワークが軽くなります。

身近な自然に春を感じてストレスをやわらげて

0302_keichitsu_2

image via shutterstock

年度末にもあたる啓蟄の頃は、生活や職場の環境、人間関係に変化がおとずれ、心が疲れやすい状態に。ストレスがたまってきたと感じたら、近所へ「お散歩撮影」に出かけてみませんか。

いつも通っている並木道や公園などをゆっくりとお散歩しながら、目線を低くしたり、上の方を見たり、視点を変えて身近な自然を観察してみましょう。花のつぼみを見つけたり、鳥のいとなみに気づいたり、さまざまな発見があるはずです。見慣れた光景も見方を変えることで、「こんなところに!」と、驚かされることもあるでしょう。心がちょっとでも動かされたら、スマホなどで撮影してみて。

仕事で疲れたときや、ストレスを感じたときに、その画像を見ながら、身近な自然に心が動かされたときの感覚を思い出してみてください。心がほっこりとして気持ちが落ち着くはずですよ。自然界にめぐりはじめた春のエナジーは、私たちの心に安らぎを与えてくれます。

次に巡ってくる二十四節気は、「春分(2018年3月21日)」です。

イラスト・カイフチエリ

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?