1. Home
  2. EAT
  3. マクロビも「いいとこどり」で。Kellyボディを作るごはんの鉄則

マクロビも「いいとこどり」で。Kellyボディを作るごはんの鉄則

モデルKellyのワンプレートワンボウル

2,587

MYLOHAS編集部

スーパーフードやローフードをこよなく愛し、食にこだわるモデル・Kelly(ケリー)の日常ごはん連載。今回紹介するのは、たんぱく質をヘルシーに補うスープボウル。Kelly流のおいしいマクロビ風調理テクにもご注目!

ストレスにならない「ちょいマクロビ」筋力アップごはん

180228_kelly_souptop

以前は食べること=罪悪と感じていましたが「食事が体をつくる」と自覚してからは一転、食にとても積極的に。体にいい料理を学びたくて、2年間ほどマクロビの勉強をしたこともあります。マクロビはざっくりいえば、自然と調和しながら生きる食事法。哲学的思想が背景にあり、当時は私も肉を食べず、必死で厳しいルールを守っていました。でも、あるとき疲れちゃった(苦笑)。納得できる部分はたくさんあっても、制約が多い食事は、私にとってはストレスに感じられました。

マクロビで習ったよいことは生かしつつ、私らしく「無理せず続けられる、体をつくる食事」を作ろう! そんな自分軸のバランス思考も、料理で学んだことのひとつ。ほかにも、ローフードやローカーボ(低糖質)など、さまざまな料理の「いいとこどり」をしたのが、Kelly流レシピだと思っています。

ワンボウルでしっかりボリューム中華風豆乳スープを作ります!

180228_kelly_soup

今回のスープボウルは、筋力をつくる「タンパク質」をとることが目的。前回のハンバーグと同じ、脂肪の少ない牛赤身ひき肉に豆乳を合わせ、大豆のタンパク質もプラスします。長ねぎやきのこなど、食物繊維もしっかり。素材に火を通すときに、具を重ねて蒸し焼き風にして甘みを引き出す、マクロビの調理法もアレンジしています。

もうひとつ、とろみづけに片栗粉のかわりに「本くず粉」を使うことも、マクロビでよく使う調理法なんです。本くず粉は内臓を温めるといわれ、しょうがや長ねぎとともに、体を内側からポカポカに! 筋力アップとともに、大腸もきれいにして代謝をよくするスープです。

牛ひき肉の中華風豆乳スープ

<材料>2人分

180228_kelly_zairyo

  • 牛ひき肉(赤身) 100g
  • 豆乳(無調整) 1カップ
  • にんにく(すりおろし) 小さじ1
  • しょうが(すりおろし) 大さじ1
  • 長ねぎ(斜め切り) 1/2本分
  • しめじ(ほぐす) 1/2パック分
  • 白菜(太めのせん切り) 40g
  • ヒマラヤピンク岩塩 小さじ1
  • 昆布だしの素 8g
  • 本くず粉 20g
  • クコの実 小さじ1
  • ごま油 大さじ1

<作り方>

  1. 鍋にごま油を中火で熱し、にんにく、しょうが、長ねぎを入れて炒める。
  2. 香りが出たら具を鍋の端に寄せ、空いたところにひき肉を入れて塩をふる。端に寄せた具をひき肉の上にかぶせ、包むようにして火を通す。
  3. 肉の色が変わったら具を鍋の端に寄せ、空いたところにしめじを入れ、上から肉の具をかぶせて火を通す。同様にくり返し、白菜を入れて火を通す。
  4. 白菜がしんなりしたら全体を混ぜ、水2カップ(分量外)、昆布だしの素、豆乳を加えて、沸騰させないように弱火で5分ほど煮る。
  5. 本くず粉を水大さじ2~3(分量外)で溶き、沸騰する前の(4)に入れて混ぜ、とろみがついたら火を止める。
  6. 器に盛り、あればクコの実を飾る。

180228_kelly_nabe

180228_kelly_sashikae

180228_kelly_tonyu

Kelly's ワンポイント

kelly_1_point

素材をざっと炒め合わせず、先に加熱した具を上からかぶせて、そのままじっと火を通します。これはマクロビで教わった調理法の応用。「素材に必要以上に手をかけず、栄養やおいしさを生かす」という主旨からです。実際に蒸し焼きのようになり、野菜の甘みやうまみを引き出せます。また、本くず粉のとろみづけは、シンプルな昆布だしのおみそ汁にも合いますよ。習慣にすると内臓から体を温めて、スッキリ快腸にもなります。

マクロビ風ワンボウル 牛ひき肉の中華風豆乳スープ完成!

180228_kelly_souplast

次回は小麦粉を使わない、ローカーボ(低糖質)のおやつ。さくさくのココナッツクッキーをご紹介します。

撮影 島村緑 / 取材・文 山崎さちこ(シェルト*ゴ)

Kelly(ケリー)

kelly_01_prof

ブラジル・サンパウロ出身。健康的な美しさを魅力に、モデルとして数々のファッション誌、ファッションショー、広告などで幅広く活躍中。ワークアウト、ヨガ、キックボクシング、ブラジリアン柔術などに造詣が深く、料理好きからローフードマイスター、スーパーフード & スーパーフードスポーツマイスターの資格を取得。ヘルシーなライフスタイルが女性から支持されている。 [公式ブログ/インスタグラム]

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析