1. Home
  2. EAT
  3. ミニが登場! 新生活の仲間に「バーミキュラ ライスポット」の3合炊きサイズ

ミニが登場! 新生活の仲間に「バーミキュラ ライスポット」の3合炊きサイズ

4,019

1802_vermicular_top

鍋炊きご飯の美味しさをワンタッチで手軽に味わえる究極の炊飯鍋「VERMICULAR RICEPOT(バーミキュラ ライスポット)」より、ミニサイズの「ライスポット ミニ(3合炊き)」が2018年3月16日(金)に発売されます。

機能はそのまま、1膳分から炊けるコンパクトサイズ

発売から約1年で累計受注台数5万台を突破した革新的な「バーミキュラ ライスポット」。2017年11月には、おしゃれなインテリアにも馴染む新色が登場し、よりニーズに合ったアイテムになりました。ですがもし、これ以上リクエストするならば、「もっと小さなサイズもほしい」というのが本音。なぜなら、最大5合までの炊飯が可能な1サイズのみの展開だったから。1人暮らしや、2人分しか炊く必要がない場合は、その大きさが邪魔になることも。

そんなユーザーの気持ちを察してか、手狭になりがちなキッチンやカウンター、ダイニングテーブルなどの上にも置きやすい、3合炊きの「ライスポット ミニ」を新たに開発。しかも最小で0.5合から炊けるので、「1膳分だけ」が可能になりました。

1802_vermicular_01

バーミキュラ ライスポットミニ / 64,800円(税別)※全3色、2018年3月16日(金)発売

実際にどのくらい小さくなったかというと、すべての機能を一切削ることなく、鍋部分の直径は23cmから19cm、容量は3.7Lから2.1Lになりました。これは想像以上のコンパクトさではないでしょうか。しかも、なんだか可愛らしいです。

1802_vermicular_00

サイズは小さく、レシピは無限大

「バーミキュラ ライスポット」といえば、炊飯だけでなく、無水調理やローストなどのプロ顔負けの調理が楽しめる点も魅力のひとつですが、もちろんミニでも調理できます。むしろ、ミニだからこそできる料理もあるのです。

たとえば、チーズフォン デュなどのライスポットパーティー。大きいサイズだとテーブルの場所をとってしまうので、懸念していましたが、ミニだからこそ楽しみやすくなりました。

1802_vermicular_02

もちろん、従来のライスポットで作れたメニューはミニでも作れます。たとえば人気の高い、誰でも失敗知らずの絶品のローストも、分厚いお肉の焼き付けから絶妙な火入れまで1台で簡単に作れるし、調理モードの火加減は、完璧な温度管理でガス火のように温度が上がり過ぎることがないから、炒め物や煮物などもおいしく作れます。

1802_vermicular_03

また低温調理モードを使えば、「マグロのコンフィ」や「サーモンのミ・キュイ」といった、家庭では火加減が難しく、レストランでしか見たことのない魚料理や、パンを発酵させたり、甘酒のような発酵調理もできます。

1802_vermicular_04

これらのレシピの参考になるのが、全112品のレシピが載ったオリジナルのレシピブック。「ライスポット ミニ」を購入すれば、もれなく付いてきます。

カラーは5合炊きと同じ、「ソリッドシルバー」「トリュフグレー」「シーソルトホワイト」の全3色バーミキュラ公式オンラインショップでは先行予約開始中。新生活のアイテムとしても喜ばれそうな炊飯鍋です。

バーミキュラ

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは