1. Home
  2. EAT
  3. ほうれん草で貧血予防とアンチエイジングが期待できるレシピ2選

ほうれん草で貧血予防とアンチエイジングが期待できるレシピ2選

6,529

片岡理森

1802_spinach_top

image via shutterstock

肉や魚、麺類やお米など、たくさんの食材と相性の良いほうれん草。鮮やかなグリーンの緑黄色野菜なので、料理の彩りとしても常備しておきたい定番野菜です。ビタミン豊富で栄養価も高いイメージはありましたが、調理法や食べ合わせによってさらに効果的に摂ることができるのだとか。

女性にうれしいほうれん草に含まれる栄養素と効果

新鮮なほうれん草は、葉先がピンと張っていて、茎が太く、根元が鮮やかなピンク色です。

1802_spinach_01

ほうれん草には鉄分が豊富に含まれています。また、鉄分の吸収を高めてくれるビタミンCや造血に欠かせないビタミンB群も豊富に含まれていることから、貧血冷えの予防におすすめの野菜といえます。ダイエット中や月経の関係で、無意識に貧血などが引き起こりやすくなるので意識するようにしましょう。(中略)ほうれん草に含まれるβ-カロテンには、皮膚の粘膜を強める働きがあります。ニキビや肌荒れといった肌トラブルの改善が期待できるので、美しく健康な肌を維持するためにもおすすめです。また、β-カロテンには抗酸化作用もあり、身体の細胞が酸化するのを抑制して老化の抑制効果が期待できます。

(「Diet Plus」より引用)

アンチエイジングまで期待できるとは驚き。ほかにも、ほうれん草には葉酸カリウムなどの栄養素が含まれており、美容と健康の両方においてさまざまな効果を期待できる女性にうれしい野菜でした。どのように調理すると、これらの栄養素が効果的に摂れるのでしょうか?

良質な油とタンパク質をプラスして吸収率アップ

β-カロテンは油とあわせることで、鉄分はタンパク質と一緒に食べることで吸収率が上がるそう。「Diet Plus」からおすすめのほうれん草レシピをご紹介します。

・ほうれん草のバター炒め

1802_spinach_02

緑黄色野菜のほうれん草はバターで炒めることでβ‐カロテンの吸収率が上がります。献立にプラス一品で栄養バランスを整えましょう。

>>「ほうれん草のバター炒め」レシピはこちら

・ほうれん草とチーズのチヂミ

1802_spinach_03

ほうれん草がたっぷり食べられるチヂミ。ほうれん草の鉄分は、肉、魚、卵などの動物性タンパク質と一緒に食べると吸収されやすくなります。

>>「ほうれん草とチーズのチヂミ」レシピはこちら

ほうれん草には灰汁(シュウ酸カルシウム)が多いので、食べ過ぎには注意して、調理するときにはしっかり灰汁を抜くように気をつけましょう。

常備野菜としても優秀なほうれん草。丸ごと茹でて小分けに冷凍保存しておけば、ちょっと一品足りないときや、お弁当にも重宝します。寒い季節には、タンパク質であるチーズをたっぷり乗せたほうれん草グラタンもいいかも。

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた