1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 肌にいいことだらけ。新生「ミネラルファンデーション」は他とどう違う?

肌にいいことだらけ。新生「ミネラルファンデーション」は他とどう違う?

9,273

知恵子

春の紫外線と揺らぎ肌に負けない、しっとり系ファンデーションがほしい気分。ぜひ試してみたいのが、新しく生まれ変わった「ニールズヤード レメディーズ」の「ミネラルファンデーション」です。

シンプルな原料に植物オイルのスキンケア効果をプラス

1802_nealsyard_top

image via shutterstock

ファンデーションといえば、肌をキレイに見せるためにシミなどの欠点を隠すのが主目的でした。そこへスキンケア成分のオイルやエキスを配合すれば、安定剤や防腐剤などの添加物を入れざるを得ないことに。でもそれでは肌に負担がかかります。そこで肌への負担をすくなくするために、天然のミネラル(鉱物)といった、なるべくシンプルな原料で作るミネラルファンデーションが登場。カバーはできるのに洗顔料だけでオフでき、肌が敏感な人でも使えるため、人気のファンデーションとなりました。

1802_nealsyard_01

今回、新発売された「ミネラルファンデーション」には、シンプルな原料にプラスしてオーガニック植物も配合されました。タルク、シリコン、パラペン、鉱物油、ナノ粒子、合成着色料は不使用で、原材料の99.99%が天然由来COSMOS(コスモス)認定処方の先がけ的なミネラルファンデーシなのです。オーガニックコスメ、アロマやハーブなどを取りそろえた、ヘルス&ビューティブランドならではのアイテムと言えそう。

くすまず、崩れず、夕方までストレスのない美しい肌が続く

1802_nealsyard_02

ミネラルファンデーション / 3,600円(税別)※全3色

このミネラルファンデーションに配合されたスキンケア成分として真っ先に挙げられるのが、高配合の植物オイルとエキスです。アルガン・ホホバオイルといった定番の植物オイルだけでなく、シャクヤク根エキスユキノシタエキスといった和の植物エキスも配合。紫外線ダメージから肌を守り、乾燥知らずで、使い続けるほど透明感のある肌へと導いてくれます。さらに、肌のうるおいを適度に保ってくれるコメ粉も配合。また、肌へのやさしさを考慮し、ノンナノ粒子のアミノ酸コーテイングミネラルアミノ酸系パウダーも使用しています。

20180222_mineral_top

ミネラルファンデーションはメイク崩れをしやすいイメージがありますが、これらの植物オイルや植物エキスを配合することで、肌の皮膚呼吸を妨げず、余分な汗・皮脂のバランスを整えるから、メイク崩れも抑えられ、美しい仕上がりが保たれるそう。また、特殊ミネラルフィルターが光を乱反射することで自然なツヤ感が生まれ、透明感のある明るい肌が夕方まで続くとか。肌に優しいのに、長時間のトーンアップが叶うなんてうれしい限り。

カラーはライトベージュ、ピンクベージュ、ナチュラルオークルの3種類。日本人の肌に合わせ、しっとりとした質感で素肌から美しく仕上げるニールズヤードのミネラルファンデーション。公式オンラインショップにて販売中です。

ニールズヤード レメディーズ

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由