1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ホワイトリリーを贅沢に使ったメルヴィータの新ブライトケア化粧水

ホワイトリリーを贅沢に使ったメルヴィータの新ブライトケア化粧水

1,055

1802_melvita_top

image via shutterstock

春になると紫外線が強くなるから、保湿だけでなくブライトケアできる化粧水が必要です。そこで注目なのが、オーガニックコスメブランドMelvita(メルヴィータ)」のフラワーブーケシリーズより新登場する「フラワーブーケ リリー フェイストナー」。

ブライトケア化粧水で、しっとり透明感のある肌が叶う

1802_melvita_01

フラワーブーケ リリー フェイストナー 100ml / 3,000円(税別)※2018年2月28日発売

化粧品で最初にエコサートを取得した企業のひとつであり、「ビオティフルな毎日を、世界をはじめ日本のみなさまにとどけることが使命」という「メルヴィータ」より、2018年2月28日(水)に新発売される「フラワーブーケ リリー フェイストナー」。

どんなに紫外線を浴びても、一点のくもりのない純白の花を毎年咲かせるホワイトリリーのエキスが、紫外線などの酸化ストレスによる肌のにごりをケアします。さらにサリチル酸を多く含むウィンターグリーンエキスが、ふき取る際に古くなった角質をやさしくオフし、余分な角質やメラニンの排出を高め、肌のトーンを明るくします。また、通常のヒアルロン酸の約14倍もの浸透力をもつマイクロヒアルロン酸も配合。これらのブライトケアと保湿によって、うるおいでふっくらするだけでなく、明るく透明感のある肌へと導いてくれます。

楚々とした女性らしさを感じる、上質なアロマの香り

1802_melvita_02

image via shutterstock

テクスチャーは同じフラワーブーケシリーズのオレンジブロッサムやローズのように、とろりとして、べたつかずにスーッと伸び、つけるとすぐにうるおいを感じます。香りはフレッシュグリーンフローラル。甘すぎない、上品なやさしさです。ローズフェイストナーよりも軽めで、春にぴったり。この香りをまとうだけで、楚々とした女性の魅力もプラスされそう。

冬は洗顔したあと、「フラワーブーケ ローズ フェイストナー」の前にアルガンオイルでお肌を整えるのがベストでしたが、紫外線が気になる春はアルガンオイルのかわりに、ブライトケアブースターの「ネクターブラン ウォーターオイルデュオ」を、この「フラワーブーケ リリー フェイストナー」の前に使うのがおすすめ。さらにブライトケア美容液の「ネクターブラン コンセントレイト セラム」と、ケアクリームの「ネクターブラン クリーム」を重ね使いすることで、ホワイトリリーの香りもほどよく馴染み、より高いブライトケア効果が期待できそうです。

紫外線が気になりだすこれからの時期、まず化粧水から春仕様に変えたいから、この「フラワーブーケ リリー フェイストナー」を使って、透明感と品のある女性を目指したいと思います。

Melvita

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    2. 一品200kcalが目安! 栄養士に習う「低カロリーなおかず」11選

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自分を思いやっていますか? 禅僧が教える、5秒でできる心の筋トレ

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    10. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    9. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    7. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン