1. Home
  2. BODY
  3. 笑うことで病気を撃退する免疫力がアップするって本当?

笑うことで病気を撃退する免疫力がアップするって本当?

4,052

片岡理森

「病は気から」「笑う門には福来たる」などのことわざがありますが、「笑い」には健康につながる力があることが医学的に立証されてきたそうです。

笑うことで病気を撃退する免疫力がアップする

1802_laugh_top

image via shutterstock

友だちと楽しく会話したり、おもしろいTVをみたりすると、リフレッシュして心が軽くなる気がします。そういった経験上でしか説明できなかったことが、最近の研究で根拠をもって“いいもの”であるとわかってきたというのは、長年笑いの研究を続けている福島県立医科大学大平哲也先生

免疫バランスのくずれによって起こるリウマチアレルギーのある患者に、落語やコメディ映画を見せたところ、好ましい変化が見られたのです。さらには、がんにもよい作用があると考えられるようになりました。笑いは、がん細胞を撃退する免疫細胞・NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化することが、さまざまな研究で報告されています。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

病気は、ストレスを発散できないことが原因のひとつになり得ます。それらを溜め込まず、解き放つために笑うというポジティブな感情や体験を増やすことにより、心身のパワーも増すようです。

病気の予防や改善に大きな力を発揮する笑いですが、直接的にはどのように体に影響しているのでしょうか?

大きくふたつあると考えています。ひとつは運動効果。笑うことで腹筋が動かされ、自然に腹式呼吸になることから有酸素運動になると考えられます。15分笑うと、20~40キロカロリー消費することになりますから、15分掃除をするのと同じくらいの運動量(体重50キロの人で33キロカロリー消費)になります。(中略)ふたつ目はストレス解消効果です。笑ったあとには、コルチゾールなどのストレスホルモンの量が減少することが、さまざまな研究から明らかになっているのです。コルチゾールが増えると、肥満や高血圧、認知症のリスクが高まります。加えて、インスリンの働きを妨げますから糖尿病にもなりやすい。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

たしかに、大笑いしたあとに腹筋が痛くなった経験があります。笑うことが立派な運動になっていたとはうれしい驚き。さらにおもしろいのは、なんと「作り笑い」でも同じ効果があるのだそう。

インド人医師が作った“笑いヨガ”という健康法があります。これは笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせたもので、ユーモアやコミカルな要素は一切ありませんが、私たちの研究チームで行った、笑いヨガと落語鑑賞のストレス解消効果の比較実験では、どちらも同様のよい結果が見られました。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

ストレス解消、健康効果の高い笑いを増やす方法

1802_laugh_01

image via shutterstock

笑うことで健康づくりができるとは、気軽で楽しい方法です。そうはいってもなかなか笑うことがないという人は、大平先生がおすすめする「笑いを増やす方法」を試してみましょう。

1. 笑いを意識する

1日に笑った回数や、どんなことで笑ったかを記録します。笑いを意識することで、自分がどんなことで笑うのかがわかり、その回数を増やせるはずです。

2. 会話を楽しむ

調査のなかで、笑う場面として「家族や友人と話をしているとき」を挙げる人が最も多いことがわかりました。コミュニケーションは笑いのもと。笑う機会が少ないと感じている人は、家族や友人と過ごす時間を増やしてみて。自分で笑顔を生み出すことができなくても、一緒に過ごす人から笑顔をもらえるはずです。

3. 笑いヨガに参加する

笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせた、ユーモアに頼らない健康法です。最初は作り笑いでも、仲間とエクササイズをするうちに本物の笑いに変化する人も多いようです。NPO法人ラフターヨガジャパンのウェブサイトなどから、お近くの教室を探すこともできます。

ついマイナスなことばかりに意識が働きがちな人も、笑いを数えはじめたら、自然とプラスのことに目がいくようになりそう。笑顔でいることが、健康だけじゃなく人生まで良い方向に変えてくれるかもしれません。

太陽笑顔fufufu

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?