1. Home
  2. EAT
  3. 体がよろこぶヘルシーな甘さを補給。糖質オフスイーツ5選

体がよろこぶヘルシーな甘さを補給。糖質オフスイーツ5選

糖質とはなにか? 糖質のすべてに迫ります

4,903

糖質コントロールをしていても、疲れたときやちょっとした休憩時間に甘いものを補給したくなります。罪悪感なく口にできて、むしろ体がよろこぶスイーツを、マイロハスの記事のなかから集めました。

1802_sweets_top

image via shutterstock

美容と健康を考えたはちみつチョコレート

1802_sweets_01

はちみつとカカオだけでつくられたチョコレート「BOUDDICA(ボーディカ)」。乳化剤、光沢剤、香料などの添加物や人工甘味料、砂糖や乳製品まで一切不使用。ミツバチは体内の酵素で、花から採取したショ糖をブドウ糖と果糖に変えるので、糖質を気にする人でも安心。また、腸の調子を整え免疫力をアップさせてくれるので腸活にもなりそう。ギフトにもぴったりのリッチで魅力的なチョコレートです。>>はちみつとカカオだけ、糖質オフの本格チョコレートが新登場

パティシエと開発したプロテインバー

1802_sweets_02

日本で初めてエンドウ豆由来の「ピープロテイン」を主タンパク源として使用した「snaq.bar(スナックバー)」。ドライフルーツやナッツなど植物性素材のみを使用。大豆や乳製品に加え、人工添加物、化学調味料、砂糖、グルテン、動物性食品も一切使われていません。おやつ気分で手軽な「タンパク質盛り」ができるうれしい一品。>>日本初、ギルトフリーで美味しいエンドウ豆由来のプロテインバー

エステティシャンが生み出したスイーツ

1802_sweets_03

食べるほど美しくなれると評判のスイーツ「bi body sweets」。砂糖不使用、グルテンフリーで自然の甘味のみ使用。さらに話題のココナッツオイルやナッツ類も入ってビタミンやミネラルもたっぷり。素材を非加熱にすることにより、食物が持つ酵素やビタミンなど体に嬉しい栄養素も壊すことなくそのまま取り入れることができる、見た目も華やかななケーキです。>>食べながらきれいになれるローフードケーキ

カカオとナッツのローチョコタルト

1802_sweets_04

モデルのKelly(ケリー)のオリジナルレシピ。非加熱のカカオパウダーやナッツ、そしてスーパーフードのカカオニブスを使って土台を作り、甘みづけは、コクがあって食物繊維も豊富なドライデーツとメープルシロップで。焼かないロータルトなので素材の栄養が損なわれず、冷凍で1カ月くらいもつので、カットして保存しておけば、好きな時に楽しめます。>>モデルKellyのワンプレートワンボウル Vol.3 いちごソースのローチョコタルトレシピ

ココナッツ&ピーナッツバナナロール

1802_sweets_05

アーモンドの粉を加えたしっとり&リッチな香りのパンに、ピーナッツペーストとバナナがとろけて、ココナッツがふんわり漂うロールパン。バターや卵だけでなく牛乳やチーズなど動物性の食材を使わないヴィーガン菓子パンです。耐熱プリンカップを使っておうちで作れるので、おやつや手作りのプレゼントにしてもよろこばれそう。>>ヴィーガン菓子パンレシピ:ココナッツ&ピーナッツバナナロール【TOKYO VEGAN】

頑なに甘いものを我慢すると、ダイエットも糖質コントロールも続けられません。健康や美容によい甘さを味方にすれば、ストレスなく続けていけそうです。

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    体がよろこぶヘルシーな甘さを補給。糖質オフスイーツ5選

    FBからも最新情報をお届けします。