1. Home
  2. EAT
  3. おいしくてボリュームも満足する糖質オフレシピ5選

おいしくてボリュームも満足する糖質オフレシピ5選

糖質とはなにか? 糖質のすべてに迫ります

10,699

片岡理森

糖質制限した食事は、どうせ味気なくて食べごたえも期待できないでしょ? と思い込んでいる人にぜひチャレンジしてほしい、おいしくてボリュームも満足する糖質オフレシピを、マイロハスの記事のなかから集めました。

1802_recipe_top

たっぷりきのこの酸辣湯麺

1802_recipe_05

糖質もカロリーも気になるけれど麺類はやめられない! という人にぴったりの太らない中華麺レシピ。麺の量を少なめにして、その分きのこを3種類(えのきたけ、しいたけ、しめじ)たっぷり使い、豚ひき肉と野菜も入れて栄養バランスをとった本格的な味わい。食材ごとにさまざまな食感が楽しめるので、満足感もばっちり。食物繊維が豊富なきのことお酢が、血糖値の急上昇を防ぎます。

>>栄養バランスよし! きのこたっぷり酸辣湯麺の作り方

ほしい栄養を全部包み込んだブリトー

1802_recipe_02

メキシカンの定番食材、アボカド、コーンや豆などはもちろん、チキンや玄米など、食物繊維もタンパク質もビタミンも一度に摂れる手軽なパワーフード。少量でおなかがいっぱいになることはもちろん、腹持ちが良くて血糖値を一定に長時間保ってくれる優れもの。ランチに作っても、バッグの中がかさばらないのもうれしい。

>>ヘルシーでボリューム満点。真似したくなる世界のブリトー

メインは香味チキンのオーブン焼き

1802_recipe_03

タンパク質補給に活躍する低脂肪の鶏肉。味つけしてオーブンシートで包んだ鶏肉をオーブンに入れたら、あとは待つだけ。簡単なのに華やかなワンプレートのメイン料理になります。ヘルシーでもごちそう風味に仕上げる秘訣は味付け。シナモンやアニスなどのスパイス、ハーブ、バルサミコ酢などを使うことで、香り豊かで、深みのある味わいに舌もお腹も満足するはず。

>>モデルKellyのワンプレートワンボウル Vol.1 香味チキンのオーブン焼き

サラダには安心安全な自家製ドレッシング

1802_recipe_04

サラダを食べていればヘルシーだとは限りません。市販のドレッシングは不要な糖質や塩分がたくさん添加されています。その点、自家製のドレッシングはシンプルで安全なうえ、作り置きしておけば、味の組みあわせは無限でバリエーションも豊か。サラッとしたものからクリーミーで具沢山なものまで、それをかけることでおいさも栄養もよりプラスできます。

>>4個以下の材料で作る!美味しい万能手作りドレッシング6選

タンパク質も摂れるいろどり豆腐炒飯

1802_recipe_01

いつものレシピで作ると、低タンパク糖質過多になってしまう炒飯。ご飯は少なくして、その分そぼろ状になるまで炒めた木綿豆腐でかさ増しするのがポイント。ごま油や桜えびで旨味もアップ。木綿豆腐はカルシウムもタンパク質も豊富。ビタミンCやビタミンAをパプリカやピーマンなどの野菜で補えば栄養バランスもばっちり。

>>鰹節と醤油の香ばしさがクセになるパラパラ「いろどり豆腐炒飯」

最近はお米に似た満足感を得られるこんにゃく米や、低糖質のパンや乾麺も売られています。そういった便利な市販アイテムを加えながら、無理なく続けていくアイディアを楽しんで試していきたい。

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ