1. Home
  2. EAT
  3. おいしくてボリュームも満足する糖質オフレシピ5選

おいしくてボリュームも満足する糖質オフレシピ5選

糖質とはなにか? 糖質のすべてに迫ります

10,738

片岡理森

糖質制限した食事は、どうせ味気なくて食べごたえも期待できないでしょ? と思い込んでいる人にぜひチャレンジしてほしい、おいしくてボリュームも満足する糖質オフレシピを、マイロハスの記事のなかから集めました。

1802_recipe_top

たっぷりきのこの酸辣湯麺

1802_recipe_05

糖質もカロリーも気になるけれど麺類はやめられない! という人にぴったりの太らない中華麺レシピ。麺の量を少なめにして、その分きのこを3種類(えのきたけ、しいたけ、しめじ)たっぷり使い、豚ひき肉と野菜も入れて栄養バランスをとった本格的な味わい。食材ごとにさまざまな食感が楽しめるので、満足感もばっちり。食物繊維が豊富なきのことお酢が、血糖値の急上昇を防ぎます。

>>栄養バランスよし! きのこたっぷり酸辣湯麺の作り方

ほしい栄養を全部包み込んだブリトー

1802_recipe_02

メキシカンの定番食材、アボカド、コーンや豆などはもちろん、チキンや玄米など、食物繊維もタンパク質もビタミンも一度に摂れる手軽なパワーフード。少量でおなかがいっぱいになることはもちろん、腹持ちが良くて血糖値を一定に長時間保ってくれる優れもの。ランチに作っても、バッグの中がかさばらないのもうれしい。

>>ヘルシーでボリューム満点。真似したくなる世界のブリトー

メインは香味チキンのオーブン焼き

1802_recipe_03

タンパク質補給に活躍する低脂肪の鶏肉。味つけしてオーブンシートで包んだ鶏肉をオーブンに入れたら、あとは待つだけ。簡単なのに華やかなワンプレートのメイン料理になります。ヘルシーでもごちそう風味に仕上げる秘訣は味付け。シナモンやアニスなどのスパイス、ハーブ、バルサミコ酢などを使うことで、香り豊かで、深みのある味わいに舌もお腹も満足するはず。

>>モデルKellyのワンプレートワンボウル Vol.1 香味チキンのオーブン焼き

サラダには安心安全な自家製ドレッシング

1802_recipe_04

サラダを食べていればヘルシーだとは限りません。市販のドレッシングは不要な糖質や塩分がたくさん添加されています。その点、自家製のドレッシングはシンプルで安全なうえ、作り置きしておけば、味の組みあわせは無限でバリエーションも豊か。サラッとしたものからクリーミーで具沢山なものまで、それをかけることでおいさも栄養もよりプラスできます。

>>4個以下の材料で作る!美味しい万能手作りドレッシング6選

タンパク質も摂れるいろどり豆腐炒飯

1802_recipe_01

いつものレシピで作ると、低タンパク糖質過多になってしまう炒飯。ご飯は少なくして、その分そぼろ状になるまで炒めた木綿豆腐でかさ増しするのがポイント。ごま油や桜えびで旨味もアップ。木綿豆腐はカルシウムもタンパク質も豊富。ビタミンCやビタミンAをパプリカやピーマンなどの野菜で補えば栄養バランスもばっちり。

>>鰹節と醤油の香ばしさがクセになるパラパラ「いろどり豆腐炒飯」

最近はお米に似た満足感を得られるこんにゃく米や、低糖質のパンや乾麺も売られています。そういった便利な市販アイテムを加えながら、無理なく続けていくアイディアを楽しんで試していきたい。

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由