1. Home
  2. BODY
  3. 美人オーラ漂うきれいな背中をつくる姿勢矯正ブラ

美人オーラ漂うきれいな背中をつくる姿勢矯正ブラ

2,199

毎日、追われるように生活しているうちに、いつの間にか猫背になっていることがあります。しかも自分が猫背であることさえ気づかず、ある時街中のショーウインドーで自分の姿を見て愕然とすることも。

腰痛と肩こりを引き起こす縮こまりがちな冬の背中

1802_bras_top

image via shutterstock

冬だからとくに体が冷えやすく、どうしても縮こまってしまうことは仕方のないことです。車や電車による移動が多い人や、小さな子どもの面倒をみなくてはならない「動きっぱなし」の人、そして1日中オフィスでPCとにらめっこする「座りっぱなし」の人も、両方の人たちに共通しがちなのは腰痛と肩こりです。そして興味深いことに、腰痛と肩こりの両方を同時に訴えるケースが多く肩と腰がお互いの負担をかばい合い、さらに悪化することもあるのだとか。

その原因はなんといっても猫背。根本から姿勢を正すことが、問題解決への一歩と言われています。

シルエットを整えて気持ちも上がる姿勢矯正ブラ

1802_bras_01

image via shutterstock

姿勢がゆがめば体のバランスが崩れ、シルエットにまで影響を及ぼします。シルエットが崩れれば、ワキ肉やはみ出し肉もあっという間に増えてしまいそう。

普段どんなに姿勢に気を付けていても、努力には限界があるというもの。アスレジャー女性たちに支持される「ヨガブラ」などの機能性スポーツブラも素敵ですが、おしゃれと健康を兼ねた「姿勢矯正ブラ」がおすすめ。簡単でありながら、締め付けずに、そして胸が開く(オープンマインド)感覚が味わえる。その言葉通り、1日中背中がシャキッとしているから気分まで晴れやか。自信を取り戻し、ポジティブでいられるのが気持ちいいです。

ラクチンなのに体のシルエットをきれいに見せてくれる「CASSluxury shapewear」の矯正ブラ。

セレブも愛用、トップスやスリップドレスも背中に効く。

キネシオテープをヒントに開発された「Anodyne」の矯正ブラ。

ワイヤレスで動きやすいから、スポーツにもってこい。

肉体的だけでなく、さらに精神面や金銭面の負担にまで及ぶといわれる酷い体のコリやゆがみ。姿勢の悪さは眼精疲労を起こすこともよく知られており、しいては体全体が疲れやすくなる原因にもなるといわれます。そして日常のほとんどの動作が無意識のうちに行われているというのが怖いところ。例えば、世界中で問題視されている「スマホ首」。首を15度前傾させると、肩から下に12キロの重さがかかるのだそう。ジーっとディスプレイを見つめると、首が60度傾き、なんと27キロもの重さが首にのしかかることに!

矯正ブラで「前かがみ姿勢」から脱し、明るい気持ちを取り戻したい。冬の寒さをラクに乗り切っていきましょう。

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 東洋医学の「気」を整える発想に注目した、リトアニア生まれのアロマオイル【プレゼント】

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. もう離れた方がいい? パートナーとの危機を乗り越えるための8つのこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 運動しない人が、運動を思わず続けたくなるコツ

    9. 「折れない心」の作り方。誰でもできるストレスマネジメント

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    2. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 体重を減らすベストな方法は? ビヨンセの失敗から学ぼう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう