1. Home
  2. BODY
  3. 「慢性疲労症候群」とどう向き合う?

「慢性疲労症候群」とどう向き合う?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,885

慢性疲労症候群(CFS)は症状がさまざまで、まだよくわかっていない部分も多い病気。特に顕著なのは圧倒的な疲労感。

0227_00

はっきりした原因はわかっていませんが、インフルエンザのような症状が現れてから、さらに疲労感が強くなっていくのです。アメリカでCFSにかかった人は100万から250万人。うち90%は診断すら出ていないそう。女性は男性の2倍、40歳から60歳の間でかかりやすいとわかっています。

特定の検査法はないので、いわゆるほかの病気ではないことを確認してきます。

重要な症状は6カ月以上続く、生活に支障を来すほどの疲労感。そのうえで、いかに挙げる症状のうち、少なくとも4つが進行しているのが特徴。「単核症」や「ライム病」と呼ばれるほかの病気の症状ではないかと確認します。次のうちどれかの症状がないか見ていきます。

  • のどの痛み
  • 経験したことのない頭痛
  • 筋肉痛
  • リンパ節に痛みを感じる
  • 睡眠の質が悪い
  • 赤みや腫れのない関節痛
  • 記憶力か集中力が落ちている
  • 運動の後に続く1日以上の消耗

長い間、医師はCFSの症状を「精神的なもの」と片付けてきましたが、科学の世界では理解も進んでいるとのこと。アメリカ医学研究所(IOM)が、「全身性労作不耐症」として再定義するよう提案しました。身体的、精神的、感情的な活動がうまくできなくなる症状が現れることが特徴として定義されると説明しています。

標準的な治療は、「身体活動」と「認知行動療法」と呼ばれる方法がとられてきました。これは医学誌ランセットで発表された研究に基づいたものでした。ただ、この研究は今では参考にされていません。これは研究手法が著しく欠陥を持っていたためです。連邦当局は推奨する方針を変更し、「慢性疲労症候群を治療するために、運動や認知行動療法を行うことには科学的根拠がない」としました。

結局、CFSに推奨される治療がないのですが、望みはあるそう。心理カウンセリングと理学療法の有効性です。例えば、睡眠が浅いならば眠りにつくのをサポートするなど、医師が症状に合わせて治療を施します。

冬虫夏草の強壮剤や朝鮮人参など漢方を使ったり、コエンザイムQ10サプリや抗ウイルス性を見込んでニンニク(1日2片)を取ったりすることも。抗ウイルス性と免疫増強効果を期待してオウギの根のサプリも良いかもしれません。

病歴が数年に及んでいても、良くなるケースはあります。CFSにはアップダウンがあるものですが、ダウンの時期の症状が次第に軽くなって、間隔もあいてくるのです。

慢性疲労症候群に対処するにはこんな方法も

01.穏やかなヨガまたは瞑想でストレスを減らす

0227_01

最近の研究では20分のアイソメトリックヨガのセッションが良いことがわかりました。瞑想も効果的なようです。

02.水をたくさん飲む

0227_02

CFSが引き起こす脱水はめまいにつながり、疲労を増やします。少なくとも1日グラス8杯水を飲みます。

03.睡眠を改善する

0227_03

規則正しい時間に寝起き。寝室に電子機器を置いたり、就寝前にカフェインやアルコールの摂取したりするのを控えます。

※編集部より:初出時「無気力を伴う疲労感」としておりましたが、正しくは「生活に支障を来すほどの疲労感」のため修正、また、標準的な治療に関する説明箇所に加筆致しました。(2019年7月9日18時00分)

Andrew Weil, MD / Understanding Chronic Fatigue Syndrome And How To Treat It

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析