1. Home
  2. EAT
  3. 低カロリーでタンパク質が豊富なチーズ3種とダイエットレシピ

低カロリーでタンパク質が豊富なチーズ3種とダイエットレシピ

16,793

片岡理森

とろ~りとろけるチーズが主役のメニューは、寒い季節にはとくに魅力的。大好きだけど、濃厚で食べごたえもあるので、カロリーが気になるときは控えた方がいいだろうと思っていたら、ダイエット中でもおすすめのチーズがあるようです。

カロリー低めでタンパク質が豊富なチーズ3種

1802_cheese_top

image via shutterstock

チーズは、全般的にビタミンB2・カルシウム・たんぱく質が豊富なため、適量であればダイエット中でもおすすめな食材です。脂質や糖質代謝を助けるビタミンB2骨を強くするカルシウム体の基盤をつくるタンパク質はしっかり摂るべき栄養素です。

(「Diet Plus」より引用)

腸内環境を整える発酵食品であり、代謝力をサポートする栄養素も含まれているチーズは、むしろダイエットの味方につけたいような食材でした。ただ気をつけたいのは、やはり脂質が多いので食べ過ぎないこと。管理栄養士がおすすめするダイエット中に食べたいチーズの種類やレシピを「Diet Plus」からご紹介します。

プロセスチーズ

1802_cheese_01

コンビニやスーパーでも手に入る身近なプロセスチーズ。小腹が空いたときやお酒のおつまみにもぴったりです。1日分の適量は、6Pのプロセスチーズ2〜3個分(約40〜50g)が適量なのだとか。

・ささみのシソチーズくるくる巻き

1802_cheese_02

淡白なささみにチーズを入れることで、ささみのパサつきも気にならずにおいしさがアップしそう。

>>「ささみのシソチーズくるくる巻き」レシピはこちら

カッテージチーズ

1802_cheese_03

サラダやディップに使われることの多いカッテージチーズ。チーズの中では脂質が低く、低カロリー。主張が強くないので、野菜や果物との相性がよく、ちょっとした料理のアクセントとしても活躍してくれそう。

・ブロッコリーのカッテージチーズあえ

1802_cheese_04

野菜の中でも抗酸化作用の効果が高いといわれているブロッコリーとカッテージチーズを使った低カロリー・高タンパクの副菜。レモン果汁をくわえると、酸味が引き立ちサッパリと食べられるそう。スライスアーモンドでトッピングしても華やか。

>>「ブロッコリーのカッテージチーズあえ」レシピはこちら

パルメザンチーズ

1802_cheese_05

パスタやラザニアなどで粉チーズとして使うおなじみのパルメザンチーズ。チーズの中でもタンパク質・カルシウムを多く含み、牛乳の約13倍ものカルシウム量に相当するのだとか。料理の上からパラパラかけるだけじゃなく、スープに加えてコクを出す食べ方もおすすめ。パルメザンチーズでコクがでた分、塩・こしょうなどの調味料を控えめにすることで減塩にも繋がります。

・豚肉の青シソチーズ焼き

1802_cheese_06

卵液にチーズをプラスすることで、よりおいしく栄養も摂れるピカタに。お弁当のおかずにもぴったり。

>>「豚肉の青シソチーズ焼き」レシピはこちら

チーズと一口にいっても、その種類はさまざま。カロリーや栄養にも幅があるようです。そのときの体調や求める効果を考えながら、おいしくチーズを摂り入れていきたいと思います。

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析