1. Home
  2. EAT
  3. 低カロリーでタンパク質が豊富なチーズ3種とダイエットレシピ

低カロリーでタンパク質が豊富なチーズ3種とダイエットレシピ

20,391

片岡理森

とろ~りとろけるチーズが主役のメニューは、寒い季節にはとくに魅力的。大好きだけど、濃厚で食べごたえもあるので、カロリーが気になるときは控えた方がいいだろうと思っていたら、ダイエット中でもおすすめのチーズがあるようです。

カロリー低めでタンパク質が豊富なチーズ3種

1802_cheese_top

image via shutterstock

チーズは、全般的にビタミンB2・カルシウム・たんぱく質が豊富なため、適量であればダイエット中でもおすすめな食材です。脂質や糖質代謝を助けるビタミンB2骨を強くするカルシウム体の基盤をつくるタンパク質はしっかり摂るべき栄養素です。

(「Diet Plus」より引用)

腸内環境を整える発酵食品であり、代謝力をサポートする栄養素も含まれているチーズは、むしろダイエットの味方につけたいような食材でした。ただ気をつけたいのは、やはり脂質が多いので食べ過ぎないこと。管理栄養士がおすすめするダイエット中に食べたいチーズの種類やレシピを「Diet Plus」からご紹介します。

プロセスチーズ

1802_cheese_01

コンビニやスーパーでも手に入る身近なプロセスチーズ。小腹が空いたときやお酒のおつまみにもぴったりです。1日分の適量は、6Pのプロセスチーズ2〜3個分(約40〜50g)が適量なのだとか。

・ささみのシソチーズくるくる巻き

1802_cheese_02

淡白なささみにチーズを入れることで、ささみのパサつきも気にならずにおいしさがアップしそう。

>>「ささみのシソチーズくるくる巻き」レシピはこちら

カッテージチーズ

1802_cheese_03

サラダやディップに使われることの多いカッテージチーズ。チーズの中では脂質が低く、低カロリー。主張が強くないので、野菜や果物との相性がよく、ちょっとした料理のアクセントとしても活躍してくれそう。

・ブロッコリーのカッテージチーズあえ

1802_cheese_04

野菜の中でも抗酸化作用の効果が高いといわれているブロッコリーとカッテージチーズを使った低カロリー・高タンパクの副菜。レモン果汁をくわえると、酸味が引き立ちサッパリと食べられるそう。スライスアーモンドでトッピングしても華やか。

>>「ブロッコリーのカッテージチーズあえ」レシピはこちら

パルメザンチーズ

1802_cheese_05

パスタやラザニアなどで粉チーズとして使うおなじみのパルメザンチーズ。チーズの中でもタンパク質・カルシウムを多く含み、牛乳の約13倍ものカルシウム量に相当するのだとか。料理の上からパラパラかけるだけじゃなく、スープに加えてコクを出す食べ方もおすすめ。パルメザンチーズでコクがでた分、塩・こしょうなどの調味料を控えめにすることで減塩にも繋がります。

・豚肉の青シソチーズ焼き

1802_cheese_06

卵液にチーズをプラスすることで、よりおいしく栄養も摂れるピカタに。お弁当のおかずにもぴったり。

>>「豚肉の青シソチーズ焼き」レシピはこちら

チーズと一口にいっても、その種類はさまざま。カロリーや栄養にも幅があるようです。そのときの体調や求める効果を考えながら、おいしくチーズを摂り入れていきたいと思います。

Diet Plus

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら