1. Home
  2. EAT
  3. ヘルシーでボリューム満点。真似したくなる世界のブリトー

ヘルシーでボリューム満点。真似したくなる世界のブリトー

4,384

キュンメルめぐみ

子どもの頃の思い出といったら、学校帰りに買って食べたコンビニの「ブリトー」。チーズとハムなどの簡単なものが多かった記憶がありますが、これをアレンジした美味しそうな大人向けメニューをハワイで見つけました。

ハワイの人気メキシコ料理店のブリトー

1802_burrito_top

image via shutterstock

ブリトーといえばメキシカンですが、実はハワイには隠れ名店が点在しています。例えば「PANIOLOS HAWAII」もその一つ。ハワイ島にあるパニオロ農場で大切に育てられたグラスフェッド(牧草飼育)ビーフを使用、上質の味わいを楽しむことができるそうです。そこにメキシカン特有のアボカドコーンなどを入れ、さらに玄米を挟み込んだら、ハワイならではのソウルフードに大変身。

全部食べ切れないほどのボリューム!

ボリューミーでヘルシーだから、女性にももちろん人気だし、健康志向の男性やスポーツ選手などもやってきます。ブリトーに玄米を入れて食べるという発想が今までなく、ちょっと新鮮。

真似したくなるアレンジブリトー

少量でおなかがいっぱいになることはもちろん、腹持ちが良くて血糖値を一定に長時間保ってくれるから、ダイエットにもよさそう。好きな具材をたっぷり入れて仕事場にランチとして持っていけば、バックの中がかさばらなくていいのも利点。お出かけの際にちょっとしたおやつとして、子どもに持たせてあげるのも便利かも。

こちらはイギリスで展開している「TORTILLA」のブリトー。チキンとスパイシーなソースを挟めば食がすすむ。

こちらは京都にある「QUÉ PASA・ケパサ」のブリトー。黒豆を挟んだヴィーガン向き。

ブリトーの生地であるトルティーヤは通常、薄力粉とオイルがあれば家庭で簡単に作ることができますそば粉やチアを混ぜてアレンジを加えても、楽しそう。中身をよりヘルシーに自分でカスタマイズして楽しむことができるので、個人的にはきんぴらやひじきを入れた「和風玄米ブリトー」とか作って食べてみたい。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら