MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. BODY
  3. 生理前がつらい……PMS(月経前症候群)への賢い対処法

生理前がつらい……PMS(月経前症候群)への賢い対処法

カラダ戦略術

1,889

自分の体をきちんと知ろう! をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。前回は生理痛がひどくなった......婦人科へ行くべき生理痛の見極め方、をお届けしました。

bodystrategy_17

生理前1週間の不快症状を撃退する方法とは

生理前の不調に悩む女性が増えています。体の症状としては、お腹や乳房の張り、むくみ、眠気、便秘、下痢、頭痛、腹痛、腰痛などなど。心の症状では、イライラ、落ち込み、不安、不眠など。お肌の症状は、吹き出物、脂っぽい、乾燥、湿疹、かゆみ......。人によって異なるさまざまな症状が現れます。生理前の1週間の不快症状を撃退する方法をご紹介します。

生理前の不快症状はプロゲステロンの仕業です

生理が始まって8日目くらいから排卵の14日目くらいまでは、エストロゲンが多く分泌される時期。心身ともに調子のいい時期が続きます。

けれども、排卵してから次の生理が始まるまで、特に生理1週間前からは、プロゲステロンの分泌量が増えることで、体温が高くなり、水分を体に溜め込みやすくなるため、体調を崩しやすくなります。これが生理間に不調が出る原因です。

この生理前の1週間を"PMS期"と言って、さまざまな体、心、肌の不調が現れます。生理前の症状は、程度の違いはあれ、ほとんどの女性に起こります。でも、なかには生活に支障が出るほどの人もいます。こうなると月経前症候群(PMS=Premenstrual Syndrome)という病気です。

PMS期は仕事や予定を詰め込まない対策も大事

PMSは、女性ホルモンの変化によって起こる病気です。自分のせいではありませんし、治療も可能です。仕事や人間関係などで強いストレスを感じると、症状が強く出たり、真面目で神経質なタイプの人ほど、症状を強く感じる傾向があります。

対策としては、"PMS期"に無理な仕事や予定を入れないように工夫することも大切です。

また、つらいPMSは、婦人科を受診して治療することも大事。PMSは改善できる病気です。

婦人科で処方される低用量ピルは、排卵を抑えて、女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、症状を軽くして体調を安定させるために役立ちます

また、漢方薬も効果があります。「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などは、症状を緩和する効果があります。婦人科で処方してもらえます。

心とお肌のためにビタミンB群をたくさん摂りましょう

bodystrategy_17_2

玄米、発芽玄米、5分搗き米などの精製していないお米やアワ、ヒエ、キビ、黒米、赤米、麦などの雑穀類には、ビタミンやミネラルがたくさん含まれていて、心と体の不調に最適です。

特に、ビタミンB群が豊富なので、PMSにはおすすめです。忙しいときには、コンビニの「五穀米おにぎり」「胚芽米おにぎり」で代替することもできますね。

ほかに、ビタミンB群が多くておすすめの食材は、アボカド、バナナ、オレンジ、カボチャ、アスパラガス、小松菜、水菜、オクラ、キノコ類。お魚なら、タラコ、マグロ、アジ、ブリ、サバ、イワシなど。お肉が食べたいときは、レバー、鶏のムネ肉、モモ肉、豚肉を。納豆や豆乳などもビタミンB群は豊富です。

ビタミンB群は、美肌にもよく、エネルギーを燃やす働きがあるので、ダイエットやむくみ解消にも大切。ストレスや運動、アルコールでビタミンB群はたくさん消費されますので、ぜひ摂ってみてください。

アロマオイルでメンタルアップ

PMSで気力が出ない、だるい.....そんなときには、ミントの力を借りましょう

マグカップにお湯を注ぎ、ペパーミントのアロマオイル(精油)を1滴たらして、息を吸い込みます。気分がスッキリして、リフレッシュできます。気分の落ち込むときは、イランイランのアロマオイルをハンカチに1滴つけ、香りを吸い込むのもおすすめ。

イライラがつらかったり、気分が落着かないときには、カノコ草、パッションフルーツのお茶も試してみてください。

mika_masuda

増田美加(ますだ・みか)さん女性医療ジャーナリスト。 2000名以上の医師を取材。予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ http://office-mikamasuda.com/

image 0102 via shutterstock

Writing by増田美加

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    3. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 頭皮のビフォーアフターが一目瞭然!極上ヘッドスパ体験をレポート

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

    8. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 文句ばかり言ってしまう性格をなんとかしたい! グチを減らすための6つのステップ

    10. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 良縁に恵まれない......実は目に見えない「心の相性」が原因かも

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 花粉と戦う「眞鍋かをり」が驚愕した、イギリスでの花粉エピソード

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    7. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    8. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 辛酸なめ子より。すべての乾いている女性たちへ

    生理前がつらい……PMS(月経前症候群)への賢い対処法

    FBからも最新情報をお届けします。