1. Home
  2. BODY
  3. 生理前がつらい……PMS(月経前症候群)への賢い対処法

生理前がつらい……PMS(月経前症候群)への賢い対処法

カラダ戦略術

9,760

自分の体をきちんと知ろう! をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。前回は生理痛がひどくなった......婦人科へ行くべき生理痛の見極め方、をお届けしました。

bodystrategy_17

生理前1週間の不快症状を撃退する方法とは

生理前の不調に悩む女性が増えています。体の症状としては、お腹や乳房の張り、むくみ、眠気、便秘、下痢、頭痛、腹痛、腰痛などなど。心の症状では、イライラ、落ち込み、不安、不眠など。お肌の症状は、吹き出物、脂っぽい、乾燥、湿疹、かゆみ......。人によって異なるさまざまな症状が現れます。生理前の1週間の不快症状を撃退する方法をご紹介します。

生理前の不快症状はプロゲステロンの仕業です

生理が始まって8日目くらいから排卵の14日目くらいまでは、エストロゲンが多く分泌される時期。心身ともに調子のいい時期が続きます。

けれども、排卵してから次の生理が始まるまで、特に生理1週間前からは、プロゲステロンの分泌量が増えることで、体温が高くなり、水分を体に溜め込みやすくなるため、体調を崩しやすくなります。これが生理間に不調が出る原因です。

この生理前の1週間を"PMS期"と言って、さまざまな体、心、肌の不調が現れます。生理前の症状は、程度の違いはあれ、ほとんどの女性に起こります。でも、なかには生活に支障が出るほどの人もいます。こうなると月経前症候群(PMS=Premenstrual Syndrome)という病気です。

PMS期は仕事や予定を詰め込まない対策も大事

PMSは、女性ホルモンの変化によって起こる病気です。自分のせいではありませんし、治療も可能です。仕事や人間関係などで強いストレスを感じると、症状が強く出たり、真面目で神経質なタイプの人ほど、症状を強く感じる傾向があります。

対策としては、"PMS期"に無理な仕事や予定を入れないように工夫することも大切です。

また、つらいPMSは、婦人科を受診して治療することも大事。PMSは改善できる病気です。

婦人科で処方される低用量ピルは、排卵を抑えて、女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、症状を軽くして体調を安定させるために役立ちます

また、漢方薬も効果があります。「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などは、症状を緩和する効果があります。婦人科で処方してもらえます。

心とお肌のためにビタミンB群をたくさん摂りましょう

bodystrategy_17_2

玄米、発芽玄米、5分搗き米などの精製していないお米やアワ、ヒエ、キビ、黒米、赤米、麦などの雑穀類には、ビタミンやミネラルがたくさん含まれていて、心と体の不調に最適です。

特に、ビタミンB群が豊富なので、PMSにはおすすめです。忙しいときには、コンビニの「五穀米おにぎり」「胚芽米おにぎり」で代替することもできますね。

ほかに、ビタミンB群が多くておすすめの食材は、アボカド、バナナ、オレンジ、カボチャ、アスパラガス、小松菜、水菜、オクラ、キノコ類。お魚なら、タラコ、マグロ、アジ、ブリ、サバ、イワシなど。お肉が食べたいときは、レバー、鶏のムネ肉、モモ肉、豚肉を。納豆や豆乳などもビタミンB群は豊富です。

ビタミンB群は、美肌にもよく、エネルギーを燃やす働きがあるので、ダイエットやむくみ解消にも大切。ストレスや運動、アルコールでビタミンB群はたくさん消費されますので、ぜひ摂ってみてください。

アロマオイルでメンタルアップ

PMSで気力が出ない、だるい.....そんなときには、ミントの力を借りましょう

マグカップにお湯を注ぎ、ペパーミントのアロマオイル(精油)を1滴たらして、息を吸い込みます。気分がスッキリして、リフレッシュできます。気分の落ち込むときは、イランイランのアロマオイルをハンカチに1滴つけ、香りを吸い込むのもおすすめ。

イライラがつらかったり、気分が落着かないときには、カノコ草、パッションフルーツのお茶も試してみてください。

mika_masuda

増田美加(ますだ・みか)さん女性医療ジャーナリスト。 2000名以上の医師を取材。予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ http://office-mikamasuda.com/

image 0102 via shutterstock

増田美加

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    生理前がつらい……PMS(月経前症候群)への賢い対処法

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More