1. Home
  2. EAT
  3. 30日間のスーパーフード Vol.2ブルーベリーで血糖値をよりよく

30日間のスーパーフード Vol.2ブルーベリーで血糖値をよりよく

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,902

「30日間のスーパーフード」Vol.2に登場はブルーベリー。ブルーベリーを食べるといい理由、取り方をご紹介。さっそく今日から!

スーパーフードのエース、ブルーベリー!

20180208_Blueberries_top

スーパーフードについて語るなら、ブルーベリーは外せません!青紫の色合いは、心臓に良い抗酸化物質、アントシアニンを含む証明。最近の研究によると、ブルーベリーは血糖値の安定に良いとわかっています。インスリンを効きやすくしてくれるのです。医学誌『BMJ』によると、ブルーベリーをよく食べる人はそうでない人に比べ2型糖尿病のリスクが26%減るということ。1カップあたり80キロカロリーにすぎないので、インパクトがありますね。

ブルーベリーをどうやって食べる?

洗ってそのまま食べましょう。もちろんお好きな料理に加えてもOK。マフィン、ミューズリー(シリアルやドライフルーツなど牛乳をかけて食べる朝食メニュー)、パイからスムージーまで思いのままに。

<ブルーベリーおすすめレシピ>

01.昔ながらのブルーベリーアイスキャンディー

20180208_Blueberries_01

この上なくカンタンでおいしい2ステップのレシピです。

材料

  • ブルーベリー1カップ(生もしくは冷凍)
  • ココナッツミルク2カップ
  • アイスキャンディーの型
  • アイスキャンディーの棒

作り方

1.ブルーベリーをそれぞれの型に入れます。そしてココナッツミルクも注いで、棒がココナッツミルクに浸るようにそれぞれの型にのせていきます

2.冷凍庫に移し、約4時間、固まるまで冷やします。

3.型から外す前に、キャンディーをすこし溶かすために型をお湯に数秒浸してください。10個作ります。

02.ブルーベリーの朝食クッキー

20180208_Blueberries_02

朝食にクッキー?こんなにお手軽でヘルシーならアリなのでは。

材料

  • バナナ小1本
  • 卵白卵大2個分
  • ハチミツ大さじ1
  • オート麦 1/2 カップ
  • フレッシュブルーベリー 1/4 カップ

作り方

1.オーブンを175度に温めます。

2.ボウル中でバナナをすりつぶします。卵白とハチミツを加えよく混ぜます。オート麦を混ぜ合わせ湿り気が出るまで3分から5分浸します。ブルーベリーをやさしく混ぜていきます。

3.2.をクッキングシート(パーチメント紙)に並べてください。アイスクリームディッシャーかスプーンでクッキングシートに移していきます。

4.クッキーが固まるまで約12分焼きます。クッキングシートの上でしばらく冷やし、ケーキクーラーの上に移します。4つのクッキーを作ります。

03.ブルーベリー・デトックススムージー

ストローをさして、ビタミンCの補給を。おまけに鉄とカリウムで元気ももらえます。

材料

  • ココナッツジュース2カップ
  • ホウレンソウのベビーリーフ2カップ
  • 冷凍ブルーベリー2カップ
  • 冷凍バナナ2分の1本
  • スピルリナの粉末大さじ2
  • 氷1カップ(お好みで)

作り方

1.すべての材料をブレンダーにかけ、なめらかになるまでブレンドします。4人前に分けていただきます。


The Editors of Prevention/30 Days Of Superfoods: Blueberries For Better Blood Sugar

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析