1. Home
  2. MIND
  3. LINEでバースデーメッセージ。喜ばれるコツはタイミングにあり!

LINEでバースデーメッセージ。喜ばれるコツはタイミングにあり!

コミュニケーション術のネタ帳

2,968

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。今日使えるコミュニケーションのネタは、「LINEでバースデーメッセージ」です。

20180222_neta_top

今はリアルに繋がる時間より、SNSで繋がる時間の方が多い人が大半だと思います。そんな中で、LINEで「誕生日おめでとう!」と送る時に、いかに送った相手に、「グッと」とプチ感動を与えることができるか?

そのヒントは、LINEの文面ではなくてタイミングにあるんです。今回は、僕が経験したことをもとに、その秘密について書いてみたいと思います。

一日前に送られてきたバースデーLINE

去年、女友達A子から、こんなLINEが送られてきました。

「明日、誕生日だよね。一日早いけど、明日忘れそうだから、早めのハッピーバースデー♪」

期待していたわけじゃないけど、まさかの一日前に意表を突くバースデーLINE。誕生日、当日も、色んな友人から「おめでとう!」LINEは送られてきたものの、前日のA子からのLINEが一番嬉しい気がしました。

「一日後じゃなく一日前」だから心に残る

なぜ、A子のLINEが嬉しく感じたのか。考えてみるといくつか答えが見えてきました。

当たり前ですが、一日前に送られたことで単純に他の数ある「おめでとうLINE」に埋もれなかったということ。もし、一日後だと他のLINEに埋もれないまでも、「何、忘れて送ってきてんの?」と逆にマイナスな気持ちになってしまいます。

一日早く送ることで、A子は俺の誕生日をずっと覚えていてくれたんだなと嬉しくなってしまいます。もしかすると、スマホのスケジュールに登録までしてくれてたんじゃないかと想像までかりたてられました。

また、A子のメッセージの「忘れそうだから」という憎い文章も、ボデイブローのように後で効いてきました。

A子は、けして、計算高い女子ではないので、戦略的にやってるとは思えませんが、このA子の「一日前バースデーLINE」は、相手のこころを掴むLINEテクニックだと思います。

LINEの文面で、相手のこころを掴むには、それなりの文才が必要でマネするのも一苦労ですが、今回紹介した「タイミング」はすぐにマネできるので、一回やってみる価値はありますよ。

(イラスト・トミムラコタ)

>>【コミュニケーション術のネタ帳】をもっと読む

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 強い筋肉を手に入れたい! 高タンパクでおいしいスムージー7種

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン