1. Home
  2. MIND
  3. LINEでバースデーメッセージ。喜ばれるコツはタイミングにあり!

LINEでバースデーメッセージ。喜ばれるコツはタイミングにあり!

コミュニケーション術のネタ帳

3,225

TETUYA

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。今日使えるコミュニケーションのネタは、「LINEでバースデーメッセージ」です。

20180222_neta_top

今はリアルに繋がる時間より、SNSで繋がる時間の方が多い人が大半だと思います。そんな中で、LINEで「誕生日おめでとう!」と送る時に、いかに送った相手に、「グッと」とプチ感動を与えることができるか?

そのヒントは、LINEの文面ではなくてタイミングにあるんです。今回は、僕が経験したことをもとに、その秘密について書いてみたいと思います。

一日前に送られてきたバースデーLINE

去年、女友達A子から、こんなLINEが送られてきました。

「明日、誕生日だよね。一日早いけど、明日忘れそうだから、早めのハッピーバースデー♪」

期待していたわけじゃないけど、まさかの一日前に意表を突くバースデーLINE。誕生日、当日も、色んな友人から「おめでとう!」LINEは送られてきたものの、前日のA子からのLINEが一番嬉しい気がしました。

「一日後じゃなく一日前」だから心に残る

なぜ、A子のLINEが嬉しく感じたのか。考えてみるといくつか答えが見えてきました。

当たり前ですが、一日前に送られたことで単純に他の数ある「おめでとうLINE」に埋もれなかったということ。もし、一日後だと他のLINEに埋もれないまでも、「何、忘れて送ってきてんの?」と逆にマイナスな気持ちになってしまいます。

一日早く送ることで、A子は俺の誕生日をずっと覚えていてくれたんだなと嬉しくなってしまいます。もしかすると、スマホのスケジュールに登録までしてくれてたんじゃないかと想像までかりたてられました。

また、A子のメッセージの「忘れそうだから」という憎い文章も、ボデイブローのように後で効いてきました。

A子は、けして、計算高い女子ではないので、戦略的にやってるとは思えませんが、このA子の「一日前バースデーLINE」は、相手のこころを掴むLINEテクニックだと思います。

LINEの文面で、相手のこころを掴むには、それなりの文才が必要でマネするのも一苦労ですが、今回紹介した「タイミング」はすぐにマネできるので、一回やってみる価値はありますよ。

(イラスト・トミムラコタ)

>>【コミュニケーション術のネタ帳】をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?