1. Home
  2. BODY
  3. 体の中と外から季節の変わり目に備える5つのアイテム

体の中と外から季節の変わり目に備える5つのアイテム

1,451

片岡理森

肌が揺らぎやすくなったり、体調も崩しやすくなりがちな季節の変わり目体の内側と外側から備えるアイテムを、マイロハスの記事のなかから集めました。

1802_seasons_top

image via shutterstock

目元にやさしいオーガニックメイクアイテム

1802_seasons_01

乾燥する春先は、皮膚の薄い目元がより敏感に傾きやすくなります。そんな時期は、オーガニックでやさしいメイクアイテムにチェンジ。フローラル原料でつくられた肌に負担をかけにくいパウダーアイシャドウや、目元に輝きと潤いを与えるクリームシャドウ、しっとり吸い付くような生アイシャドウなど、好みの使い心地や仕上がりに合わせて選びたい。天然由来の原料は石鹸洗顔で落とせるので、クレンジングによる負担がかからないのもうれしい。>>オーガニックでやさしい、季節の変わり目のメイクアイテム

週に1度のヘアデトックスシャンプー

1802_seasons_02

花粉やホコリは洋服だけでなく髪にも付着します。定期的に地肌からまっさらな状態に戻すことで、美しい髪を維持できそう。ヘアエキスパートの話では専用のシャンプーかもしくは専用のコンディショナーを購入し、週1でケアを行うのが理想。デトックスシャンプーといってもキシキシするのではなく、クリーミーで豊かな泡立ちの「REDKEN」や香りを楽しめる「ACURE」など、海外でも人気のシャンプーにトライしたい。>>週一のヘアデトックスですっきり! 「ストリッピング・シャンプー」のススメ

全身のトラブル肌に使える万能バーム

1802_seasons_03

イギリス生まれの「organic BOTANICS」のオーガニックバームは、西洋ハーブの優れた成分が肌に優しく作用する万能バーム。この季節の一番の悩みである乾燥が原因と考えられる肌のトラブルにも、ナチュラルな成分でしっかりと保湿してくれます。唇の荒れ、かかとのひび割れ、手荒れ、吹き出物、さらに、春先の不安定なお肌のケア(たっぷりの化粧水のあとバームのみのケアがおすすめ)にも効果が期待できるそう。>>ハーブの黄金比でリピーターが増え続けるお守りバーム

1日1杯を3週間続けるデトックスハーブティー

1802_seasons_04

ナチュロパシスト(自然療法士)のステファン・テタール氏によると、ハーブの成分はカプセルや錠剤などよりも、ハーブティーで摂ったほうが身体への作用は優しいそう。また、季節の変わり目に1日カップ1~3杯を毎日飲むのがおすすめなのだとか。ティーバッグ2~3袋を1,5リットルのお湯に浸して作ったハーブティーを、1日かけて少しずつ飲む習慣を3週間続けたい。>>1日1杯を3週間、季節の変わり目のハーブティーデトックス

腸を整える発酵食品と水溶性食物繊維

1802_seasons_05

パーソナルトレーナーの竹下雄真さんによると、腸のコンディションを整えることで身体的にも精神的にも最高のパフォーマンスを発揮できるのだとか。水溶性の食物繊維が豊富なわかめやめかぶなどの海藻類、デトックス効果の高いパクチーネギ、乳酸菌をふくむ発酵食品を意識して摂るようにしたい。幸せホルモンといわれる神経伝達物質は約9割が腸内で作られていることから、メンタル面にも好影響がありそうです。>>2018年、目指すは「快腸」! たった3日でできる「腸」リセット法

季節の変わり目は生活環境も変わることが多く、体も心もストレスが多くなります。事前に準備しておけば、いつもより軽やかに楽しく過ごせそう。

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由