1. Home
  2. SPORTS
  3. ウォーキング初心者が知っておくべき5つのこと

ウォーキング初心者が知っておくべき5つのこと

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,070

ウォーキングはシェイプアップには素晴らしい方法のひとつです。フィットネス初心者や愛好者には、まさに最適。高品質のウォーキング・シューズ一足を準備する以外は、派手な装備は必要なく、 簡単に始めることができます。

ルーチンで計画通りに、より効果的に進める方法とは?

00_walking

でも、ウォーキングを始める前に、適切なガイドラインを知ることで、ルーチンを計画通りに進め、すぐにでも効果を見て感じることができるよう役立ちます。今回は知っておきたい5つのことをご紹介します。

01.シェイプアップしたい、その理由を書く

01_walking

最初は、新しいフィットネス・ルーチンを続けるのは 厳しいかもしれません。サボりたくなることもあるかもしれません。それはまったく正常なことですが、そもそもなぜ、シェイプアップをしたいのか、 簡単に思い出すことができれば、プラン通りに進めることができます。

目的は、息を切らさずに、子どもたちと遊び回ること、あるいは、コレステロール値を下げたいこと かもしれません。モチベーションを与えるものであれば、スマートフォンや日記などにメモとして残してください。そうすれば、もっとやる気が必要なとき、そのメモを見れば思い出すことができます。

02.効果を理解する

02_walking

ウォーキングの健康効果を少しでも理解すれば、これもプラン通りに進める手助けとなります。ウォーキングは心臓、骨、および関節に良い影響をもたらすだけでなく、寿命を伸ばします。

40歳以上の成人、65万人を対象とした10年間の調査では、 歩行のような適度な運動を毎週75分続けているグループは、ほとんど運動しないグループと比較して平均2年近く長生きしていました。 1日に1時間以上ウォーキングをしていたグループでは4年半長生きしました。

しかもそれだけではありません。「週3回、1時間のウォーキング」を行うと、自尊感情が高まることが示されています。自尊感情とは、自分の外見を含む自分自身を好きだと思える気持ちです。本当に一石二鳥ですね。

03.ゴールを設定する

03_walking

毎週のフィットネス・ルーチンに短い時間でもウォーキングを組み入れることはよいことですが、歩く距離と回数がその効果に影響を及ぼします。アメリカ保健社会福祉省では、ウォーキングのような適度な有酸素運動を少なくとも、毎週150分、すなわち2.5時間行うことを推奨しています。ウォーキング初心者にとっては、これは適切な目標といえます。

まずは、1週間のゴールを少ない時間から設定し、続けてみてください。 体力がついてきたら、毎週のウォーキングの時間を徐々に増やしてもよいでしょう。

04.エクササイズを分割する

04_walking

毎週のフィットネス・ルーチンをどのように日々のプランに落とし込むかは、あなた次第です。毎日22分歩くか、 週4回38分ずつ歩くのか。もしくは毎日2回、短い11分間の歩行が取り入れやすいのであれば、それでも問題ありません。

05.心臓が活発になるペースで

05_walking

ウォーキングのペースは、身長、年齢、健康レベルなど、いくつかの条件によって変わってきます。舗装された道路なのか、起伏の多い山道なのか、ウォーキングをする場所も考慮する必要があります。

でも、どんなに速く歩いても、適度に心臓が活発になり、健康状態が改善するペースでウォーキングしていることを確認してください。ウォーキング中は会話ができるはずですが、歌が歌えるほど、ゆっくりしたペースではありません。ウォーキング中に、体がポカポカしてきたと感じはじめ、心拍数がわずかに上昇したと気づいたら、それは適切なペースで動いているという、もう1つのサインです。

そのときの気になるカロリーの消費量は? 身長165cm、40歳の女性がこのペースで歩く場合、1時間当たり約300カロリーの脂肪を燃焼します。これは、玄米3/4カップの上に鶏の胸肉半分をのせたチキン丼のカロリーと同等です。

The Editors of Prevention/The Beginner's Guide To Walking For Fitness

image via shutterstock

訳/コニャック 編集/MYLOHAS編集部

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?